1054270 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あるがままに生きる

PR

Profile


島ペン

Freepage List

Category

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

Comments

まりりん@ Re:夏季シーズンの予約開始(04/01) 島ペンさ~ん♪ お久しぶりです たった今…
守破離@ Re:修・破・離(しゅはり)(11/21) 守破離、守破離、守破離
まりりん@ Re[4]:夏季シーズンの予約開始(04/01) 島ペンさんへ 恐れ入ります(;^_^A 息抜き…
島ペン@ Re[3]:夏季シーズンの予約開始(04/01) まりりんさんへ やっと、探し当てました。…
まりりん@ Re[2]:夏季シーズンの予約開始(04/01) 島ペンさんへ 大した事アップしてないか…
島ペン@ Re[1]:夏季シーズンの予約開始(04/01) まりりんさんへ アメブロで探したけど、な…
まりりん@ Re:夏季シーズンの予約開始(04/01) 島ペンさーん✨ こんにちはー💮 営業開始さ…
島ペン@ Re[1]:琵琶茶? の効能(03/23) COCOさんへ ご無沙汰でございました。 「…

Calendar

2011.06.28
XML
カテゴリ:アセンション


ようこそ、お越し下さました。




今回の震災では、思わぬ置き土産がありました。

それは、今まで原発の賛否を問われていた問題が、

大きく世界中で持ち上がったことです。



私の住んでいる網地島も、

近くには女川原発があり、

我が家まで15km圏内、

島全体でも20km圏内に入ります。



女川原発は、海面から14、8メートルの高さにあり、

牡鹿半島の地盤沈下が1メートルとされていますから、

実質13、8メートル。

今回の津波は、女川原発のギリギリの

13メートルまで達しました。

わずか、80cmで津波の被災を

免れたことになります。

本当に、紙一重。



一歩違えば網地島も避難地域となって、

私は島を捨てなければならなくなったかも。

だからか、福島の方々の想いが

対岸の火事と傍観者でいられず、

明日は我が身と思えてなりません。




記憶に新しいチェルノブイリの原発事故では、

25年もたった今でも半径数十キロにわたって

一般の人達の立ち入りが許されていません。


周辺住民の人達には、

今も放射能障害による

ガンの発生率が高いとされています。





核廃棄物は、

10万年の間、

強い放射能を出し続けると

言われています。

ガラスで固められて鉛の容器に入れ、

更に分厚いコンクリートで固められて、

地下深くに埋められ、

それでもって半永久的に

管理し続けなくてはいけません。

そこまでしても、

大丈夫という事ではありませんね。

何せ、10万年の実績がないのですから。



こんな危険極まりない物質は、

地球上では他に類を見ませんね。




原発は70年代より本格的に建設され、

これらは今、次々と

耐用年数である三十年を

むかえつつあります。



古くなって廃棄された原発は、

放射能レベルが高いため、

建物を解体しても

その土地周辺は再利用

できない土地になってしまいます。


放射線の量が通常レベルになるまで

約100年間かかり、

その間もずっと管理し続けなければ

ならないと試算されている。



原発が、電力コストが安いとされているのは、

そういう将来にわたっての管理コストが含まれていませんね。



更に、事故があった場合は

電力会社が住民の保証を受け持つわけですが、

負担しきれない時は国が国民の

税金を以って支払うことになる。



こういう事を、テレビで放映されません。

ここまで考えると、・・・考えさせられます。



「原子力発電は安全でクリーン」

という大量の広告は政治的

プロパガンダであるという見方があります。



東京電力の広告宣伝費は年間約300億円、

政府も毎年70億円をつかって原発をPRしている。


マスコミからすれば、電力会社は大スポンサーです。

テレビも新聞も、徹底した調査や

批判めいたことはできないでいます。



確かに、地方の過疎地域への経済対策、

そして多額の補助金の交付は

地元にとって美味しい材料に

なっているのも事実ですね。


環境問題がとかく話題に上る昨今、

通常ゴミばかりが取りざたされて

環境破壊の最たる物の

原発ゴミであるプルトニウム、

放射能を取り上げず、

今日に至っています。

みんな、札束で

目くらましされて

いるようです。


どこが、「安全でクリーン」なの?・・・と言いたい。




私は、世間のことはあまり意識せずに

やり過ごす主義ですが、

この原発の件に関しては、

私の武士(もののふ)としての

魂がじっとしていてくれません。



今回の原発事故は、

プルトニウムという

地球上には微量しか存在しない

危険な物質を、

人類が平和利用という名のもとに

大量に作ってしまったツケが回ったのか。



原発への不安を抱えたままに、

再スタートするよりも、

少々貧しくなったとしても、

安心を選択すべきかどうか。



天の置き土産となった原発事故。

人類の物質的豊かさの

際限なき追求の結果、

天が与えてくれた宿題です。

とっても大きな犠牲のもとに出された宿題。

それくらいの犠牲を伴わなければ、

気付かぬ振りをしてきた人類。

大きなカルマの清算。

カルマは罰ではなく

学びのチャンスです。

ここで学ばなければ、

更なる清算が待ち受けているのは

目に見えている。



来る地球アセンションの時、

地球と一緒にアセンションを

希望選択した人達は、

3次元を卒業して、

昇華した地球とともに

5次元にその表現の場が移行されます。



そうなれば、3次元の地球とは

無関係と言いたいところですが、

そうはいきません。

原発を選択したのは、

政治家や電力会社、地元だけでなく、

私たち一人一人なのですね。

「立つ鳥、あとを濁さず」

のように、きれいにして移行したい。

物質的なことより、

想念的なことをね。





今回の原発事故で、

私達一人一人が原発を

考えなくてはならなくなりましたね。









Last updated  2011.06.28 03:53:56
コメント(13) | コメントを書く
[アセンション] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.