000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

植木屋の三代目をやってます村野園のブログです。

PR

プロフィール


yamatozero_one

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

yamatozero_one@ Re[1]:キトサン溶液をまきました。(06/19) omachiさんへ こんばんは~ 植木屋三代目…
omachi@ Re:キトサン溶液をまきました。(06/19) お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。 …

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.08.20
XML
カテゴリ:野菜作り
​​​わさび菜の定植時の失敗談
(笑ってください)
移植用ハンドプランナーなかよしくんを使いました。

​​わさび菜の苗です。
8月10日頃の写真です。
実はこのくらいの時に定植するのが良いのかもしれませんね~
なにせ初めてのわさび菜で右も左もわかりません。
一番悪いのはこの最高に暑いこの時期です。
当然ながらコンディションとしては最悪です。
もたもたしていたら葉が少し黄色くなってきました。
おそらく肥料が切れてきたことと、わさび菜の根がセルトレイとう容器に張り付きすぎてしまったかもしれません。
少し時期を逃してしまったと思います。
また害虫にも少しやられました。
普通の農家さんでしたら殺虫剤を灌注(ジョウロなどで上から与える)してしまうと思いますけど薬剤に抵抗のある私はやりませんでした。
すこし虫にかじられてしまいましたよ。


前日にマルチを張って灌水しておきました。
これが良くない結果をうむのでした。
種をまく場合は種をまく土壌を湿らせておくのが普通ですが定植となると話は別なんですね。
これに気付かない私はしょうもないことをしてしまいました。
土壌が濡れてしまったので定植を行うハンドプランターが上手くいかなくなったのです。
問題として畑の土がハンドプランナーについてしまって苗がくっついてしまい落ち無くなってしまいました。

これはなかよしくんの問題ではなく私が畑に水を撒いてしまった結果となります。


みのる産業 移植機 ハンドプランター なかよしくん HPS-3 [追肥機]
​​
​非常に良くできた移植機です。
畑をぬらさなければサクサク仕事が出来たと思います。
腰を曲げずに移植で来て便利だし仕事が早くなります。



下に刺さっているところが開きます。
さしてから苗を上のオレンジの所の穴に入れます。
それからハンドルを握ると下のところが開き移植する苗が土に移植されるという仕組みです。
泥が湿っていて苗の周りに土が来ないので土をかけなおすという二度手間になることになってしまいました。
次回はそのようなことが無いようにします。
問題はありましたけど何とか定植は完了しました。
あとは上手く育ってくれればと思います。
とりあえず、根の張りをよくするために800倍のトレインを散布いたしました。



定植を完了した、わさび菜君たちです。
ま~なんとかうまく定植は出来ました。

さてこれからどうなるか・・・
一週間後には液体肥料をまく予定です。
追肥は様子を見ながらしようと思います。

本日も最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。









最終更新日  2019.08.20 15:47:59
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.