098050 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

植木屋の三代目をやってます村野園のブログです。

PR

プロフィール


yamatozero_one

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

植木屋三代目ことYamato@ Re:斉藤一人 公式ブログ 一日一語 2月2日より(02/04) 植木屋三代目ことYamatoと申します。 書き…
Suzuka@ Re:斉藤一人 公式ブログ 一日一語 2月2日より(02/04) 突然の書き込み 失礼します。 「村野才吉…
yamatozero_one@ Re[1]:キトサン溶液をまきました。(06/19) omachiさんへ こんばんは~ 植木屋三代目…
omachi@ Re:キトサン溶液をまきました。(06/19) お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。 …

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.12.27
XML
カテゴリ:野菜作り
​​2019年に使用した野菜の液体肥料について。その2

カルプラス 1.3kg(1L)


②カルプラス カルシウムの補給 液体​
以下はHPより参照いたしました。

カルプラス
■成分
カルシウム(CaOとして11%)、窒素、糖類、有機酸

  ■特長
1・作物への直接補給 栽培中に、カルシウムを直接作物体へ補給することができます。
2・植物抽出成分配合 植物抽出成分(糖類・有機酸)との相乗効果により、カルシウムが効率良く吸収・利用されます。
3・生理障害の防止 カルシウム欠乏に由来する種々の生理障害の防止に役立ちます。
4・品質・日持ち向上 細胞が強化され、品質・日持ちの良い作物が収穫できます。
5・作物に汚れなし 作物の葉面などに白い汚れを残しません。
6・液剤タイプ 使いやすい液剤タイプです。


■使用ポイント
1・早めの散布 カルシウム欠乏が出た細胞は壊死し、回復しません。気づいた時には手遅れなのがカルシウム欠乏症です。 カルシウム欠乏が出やすい作物や生育ステージでは、欠乏の出る前からカルプラスを散布するのがポイントです。
2・直接散布 カルシウム欠乏症の出やすい部位へ、よくかかるように散布してください。 (花房、果実、新葉、生長点、葉先など)
3・こまめな散布 生育が旺盛な時期では、常に不足しないように供給してください。
 

■使用上の注意
1・りんごへの使用は避けてください。
2・夏期・高温時における日中の散布は避けてください。
3・アルカリ性農薬、アルカリ資材などとの混用は避けてください。
4・りん酸および硫酸塩の入った肥料との混用は混和性を確認のうえ使用してください。
5・眼に入った場合には、多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
6・誤って飲み込んだ場合には、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
7・肥料以外の用途には使用しないでください。

カルプラスのHP

​説明では上記のように説明されています。

葉菜類・根菜類 定植期以降
1〜2週間 生理障害の予防
(心腐れ・縁腐れ・葉先枯れ・チップバーン・心枯れなど) 400倍~500倍

とりあえず使用した感じですが水に溶かすときは簡単に溶液が作れるので楽です。
さてトマトやネギに使用した感じはトマトの尻ぐされ予防やネギの黄化を抑制して青い部分を多くしてくれます。
亜リン酸の液体肥料を混合するとより効果出ると思います。ただリン酸が欠乏していると効果が出にくいと思われます。
同じ会社のホスプラス(亜リン酸)と混合するとより成長促進と根の張りが加速される可能性があります。
使いやすく、汚れが少ない、ネギなどの葉先の枯れが成長期にある場合はカルシウムの液体肥料は本当に助かるアイテムだと思います。
しかしあくまでもメインの肥料ではないので元肥や追肥が重要です。大切なのは土作りですから。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。






最終更新日  2020.01.13 20:53:41
コメント(0) | コメントを書く
[野菜作り] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.