099077 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

植木屋の三代目をやってます村野園のブログです。

PR

プロフィール


yamatozero_one

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

植木屋三代目ことYamato@ Re:斉藤一人 公式ブログ 一日一語 2月2日より(02/04) 植木屋三代目ことYamatoと申します。 書き…
Suzuka@ Re:斉藤一人 公式ブログ 一日一語 2月2日より(02/04) 突然の書き込み 失礼します。 「村野才吉…
yamatozero_one@ Re[1]:キトサン溶液をまきました。(06/19) omachiさんへ こんばんは~ 植木屋三代目…
omachi@ Re:キトサン溶液をまきました。(06/19) お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。 …

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.12.30
XML
カテゴリ:野菜作り
​​

​2019年に使用した野菜の液体肥料について。その3​​​

③ホスプラス 亜リン酸の補給 液体


亜リン酸液肥 ホスプラス (0-31-25) 1L 【浸漬処理、潅注処理、葉面散布】

以下の青字はHPより参照いたしました。

りん酸は窒素、カリウムと同じく植物の生育に最も必要な3大要素の一つです。りん酸はエネルギー生産に重要な成分で細胞分裂の活発な生長点である花芽や根の先端で多く使われ、欠乏すると芽や根の生育阻害や葉の黄化がみられます。ホスプラスは、葉面からすばやく吸収される亜りん酸を原料とした液肥で、従来の亜りん酸に比べ効果がすばやく現れます。

使用した感想はカルシウムとの混合液を使用することによりネギの黄化を減少して青い葉の部分を長くすることが出来る点です。根の張りも良くなりました。

1.水溶性りん酸を31%(P2O5として)、水溶性カリウムを25%(K2Oとして)含みます。

2.ホスプラスは従来のりん酸よりも葉面からの吸収が速く、吸収効率の良いりん酸肥料です。

3.りん酸、カリウムが補給でき、果実肥大期や生殖生長期に特に有効です。

4.花芽の充実、着果・結実の促進、果実の品質向上が期待できます。

5.pHは中性です

以前お話しましたが亜リン酸単体の使用では効果が出にくい物だと思っております。リン酸が減少している土壌では効果はあまり無いと考えて良いと思いますので土壌中のリン酸には注意が必要なのかもしれません。

使用方法

​​​​​​​​​​​​
果菜類育苗期健苗育成 根群の充実
花芽の充実
500〜1000

1000〜2000
浸漬処理
潅注処理

葉面散布
開花期花芽の充実 着果促進1000〜2000葉面散布
果実肥大期果実成長1000〜2000葉面散布
葉菜類育苗期健苗育成 根群の充実500〜1000

1000〜2000
浸漬処理
潅注処理


葉面散布
定植〜収穫期徒長防止 品質向上1000〜2000

500〜1000
葉面散布 

潅注処理
根菜類定植〜肥大期収穫増加 品質向上1000〜2000葉面散布
果樹類開花前花芽の充実1000〜2000葉面散布
果実肥大期着色向上 品質向上1000〜2000葉面散布
豆類定植〜着蕾期莢数増加1000〜2000
500〜1000
葉面散布
潅注処理
穀物類開花期、乳熟期、糊熟期品質向上500〜1000葉面散布
アスパラガス秋〜冬地下部への転流促進による収量増500〜1000葉面散布
潅注処理


私の使い方としてはカルプラスとホスプラスの混合液を使用しています。

本年とは台風の被害でネギが根や葉を痛めてしまいました。また重大な植え替え時期を3週間ほど遅らせてしまいましたのでネギの生育状態は悪かったと思います。
しかし何とかリカバリーすることが出来たのは亜リン酸とカルシウムの混合液と追肥の御蔭だと思っております。
元肥え、播種、植え替え、追肥、灌水など野菜の作る奥深さが本年度は学べる良い機会が得られることに感謝するとともに気象条件の変化を考えて品種選びと補助的な作業をどのようにして行くかを検討していく必要があります。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。







最終更新日  2020.01.13 20:51:54
コメント(0) | コメントを書く
[野菜作り] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.