096617 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

植木屋の三代目をやってます村野園のブログです。

PR

プロフィール


yamatozero_one

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

植木屋三代目ことYamato@ Re:斉藤一人 公式ブログ 一日一語 2月2日より(02/04) 植木屋三代目ことYamatoと申します。 書き…
Suzuka@ Re:斉藤一人 公式ブログ 一日一語 2月2日より(02/04) 突然の書き込み 失礼します。 「村野才吉…
yamatozero_one@ Re[1]:キトサン溶液をまきました。(06/19) omachiさんへ こんばんは~ 植木屋三代目…
omachi@ Re:キトサン溶液をまきました。(06/19) お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。 …

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.01.16
XML
カテゴリ:野菜作り
​​​やさい畑 2019年冬号 を読みました。




やさい畑 2019年冬号 Amazonへのリンク

​P62 もみがら徹底活用術 
もみがらは本当にいろいろと使える便利な園芸資材です。
農協のライスセンターに取りに行けばほとんどの場合無料でもらえる可能性があります。
家庭菜園ではあまりなじみがない素材だと思いますが便利な資材です。
あるyoutubeの動画を出されている方の動画を拝見してから興味が出てきたので少し勉強してみました。

その方の畑の土壌は砂が混じっており、小石もあり種まきをすると少しの雨で種が流れていまうので覆土をする時に土のかわりにもみがらを使うと種が流れにくくなるそうです。
①もみがらを使うと土が柔らかくなるそうです。

②ケイ酸を豊富に含む
うどんこ病の予防になるそうです。

③もみがらを炭にすると保水力がアップ
pH7~pH9の高アルカリ資材のため石灰のようにpHの調整にもなる。

④土の水はけ改善に
粘土質の土を変える
土壌改良材としても使えるようなので非常に優れた資材です。

私の所でも以前は水田がありましたのでもみがらはたくさんありました。
水田でほとんど野焼きして混ぜていましたね~

私は効果も知らずに父や母に言われるまま作業をしていました。
今度ライスセンターに連絡して分けてもらおうとおもいます。


本日も最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。















最終更新日  2020.01.16 19:30:20
コメント(0) | コメントを書く
[野菜作り] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.