605838 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

植木屋の三代目をやってます村野園のブログです。

PR

X

プロフィール


yamatozero_one

カレンダー

バックナンバー

2021.12
2021.11
2021.10
2021.09
2021.08

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

yamatozero_one@ Re:トンネル支柱利用してナスの風よけにしました。(05/13) ご質問ありがとうございます。リッキーさ…
リッキー@ Re:トンネル支柱利用してナスの風よけにしました。(05/13) コメント失礼します。 質問なのですが、ト…
yamatozero_one@ Re[1]:トマトを寝かせ植えで定植しました。(04/19) youkou888さんへ こんにちは~ 当方では…
youkou888@ Re:トマトを寝かせ植えで定植しました。(04/19) 私は、井原豊さんの”家庭菜園ビックリ教室…
yamatozero_one@ Re[1]:ネギの葉切りをしました。(04/18) youkou888さんへ 書き込みありがとうござ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.05.21
XML
カテゴリ:植木の管理
​​​除草剤散布の注意点は?

​​除草剤散布の注意点はあまりよく知られていないことがたくさんありますね~
​​特に私が考えられる要点を書きたいと思います。

傾斜地や土壌が流れてはいけないところに非選択性のラウンドアップのような根を枯らすものをまいてしまうと草の根が枯れて土が消失してしまいますのでお勧め致しません。

​​​​ラウンドアップなどの非選択性の除草剤を使用する場合は特に気を付けて散布しなければなりませんね~

​​除草剤散布の注意点

​​①晴れている日の午前中に散布する。(特に早朝が良いと思います)

​​②ノズルの噴口を除草剤に適したノズルに​​交換する。

​​③希釈倍率を除草目的の対象の雑草に合わせる。

​​④自宅などのお庭で除草剤をかける場合、最初から希釈された除草剤を使用する。(除草剤初心者の方)

​​⑤犬や猫などをペットとして飼っている方は特に注意が必要です。

​​⑥雑草が小さいうちに早めの散布に心がける。

​​⑦散布後の天候に注意して散布する。(粒剤以外で雑草の葉に除草剤を散布する場合は散布後6時間は最低、おかなければならない。
​​
⑧一年に何回も除草剤をかける場合はなるべく成分の違う除草剤をローテーション散布を行うようにする。

​​⑨風が強く吹いている時には散布をしない。

⑩マスク、保護メガネ、長袖、長ズボン、長靴で薬剤を散布する。

​​私が簡単に説明できるのはこの辺位だと思います。
​​以前は冬季に除草剤を散布することは全くありませんでしたが現在は1月でも散布することがあります。

​​特に今年2020年の1月はかなり暖かく12月より気温が高く雨が多かったため雑草が生えてきておりましたので一度、除草剤を散布しております。
​​以前の除草剤は低温時に効かないことが多かったのですが現在の薬剤に関して複合した薬剤が入っているため効きが良くなってきているようです。

除草剤を散布してから6時間は最低おかないと効きが良くありませんので出来るだけ晴天の続く日が好ましいと思います。

除草剤の散布機(噴霧器)の噴口を出来るだけ専用のノズルに交換することが望ましいと思います。
特にドリフト(散布者や対象物以外に液剤がかかると薬害が出ることを言います)が起こるのでキリナシの噴口に変更する。液剤が霧にならないので対象物以外につかないので安心です。
ただキリナシの噴口によっては薬剤が少々多めに使用することになる可能性があります。

除草剤の特性と雑草の種類により散布濃度や展着剤の使用を変更する。特に強い雑草のスギナ、ヤブカラシなどは薬剤の指定されている濃度で散布すると効果的です。

ご家庭のお庭などで使用する場合や噴霧器が無い方はジョウロに薬剤を希釈したり希釈されている除草剤を使用すると簡単に散布出来ます。希釈されている物は少々お高いですが楽に散布可能です。

動物を飼われている方は特に注意が必要です。
お庭などに放し飼いにされている方は散布をお勧め致しません。防草マットなどの他の対策が望ましいと思います。

簡単なことですが大きくなった雑草は中々、散布しても効果が遅くなりますし液量を多く必要になりますので大きくなる前に散布しましょう。

同じ除草剤を使い続けると効果が落ちるので注意が必要です。長く除草効果が必要でその場所に実がなる野菜や果樹などが無い場合は粒剤をまいた方が良い場合がありますのでうまく使い分けた方が良いと思われます。
粒剤は値段が高いのであまり広いところにまくことはできませんので注意が必要です。
粒剤はペットを飼っている方はペットが口に入れてしまうと薬害がでてしまうのでまくのをお勧め致しません。

薬剤を散布するとは必ず、防護するようにして下さい。
また粒剤でも素手で扱わずに必ず最低でも手袋とマスクを着用してからの散布するようにして下さい。
長袖、長ズボン、長靴が安全だと思います。

特に夏場の除草剤散布は気温が高くなっているだけではなく薬剤が気化しやすくなっており吸い込む可能性が高くなりますので注意が必要です。


(送料無料) みのる産業 除草剤専用散布機 草退治 桃太郎 ジュニア FT-125 タンク容量12L (FT-122の新型です)[散布器 噴霧機 噴霧器 スプレー]


みのる産業 草退治 桃太郎 FT-185 タンク容量18L (FT-182の新型です) 除草剤専用散布機[散布器 噴霧機 噴霧器 スプレー] (zmN1)

当方ではこの除草剤専用散布機を使用しております。
噴霧器の先端の噴口が3種類ついており、除草剤により噴口を簡単に変更できる点が良いと思います。

ISOノズルでしたら以下の物が非常に効果がありました。
ザクサ専用の噴口ですがラウンドアップなどでも問題なく使用できます。
ドリフトも少なく安全に散布することが出来ます。
みのる産業の桃太郎には使用できません。
伸縮ノズルがISOの規格ではないためです。


ヤマホ工業 ザクサ®ノズル人力用1頭口

除草が必要のない方には今回は面白くなかったかもしれません。
これからの季節にどのように除草するか考えていきたいと思います。

本日も最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。






最終更新日  2020.08.03 10:34:51
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.