583022 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

植木屋の三代目をやってます村野園のブログです。

PR

X

プロフィール


yamatozero_one

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

yamatozero_one@ Re:トンネル支柱利用してナスの風よけにしました。(05/13) ご質問ありがとうございます。リッキーさ…
リッキー@ Re:トンネル支柱利用してナスの風よけにしました。(05/13) コメント失礼します。 質問なのですが、ト…
yamatozero_one@ Re[1]:トマトを寝かせ植えで定植しました。(04/19) youkou888さんへ こんにちは~ 当方では…
youkou888@ Re:トマトを寝かせ植えで定植しました。(04/19) 私は、井原豊さんの”家庭菜園ビックリ教室…
yamatozero_one@ Re[1]:ネギの葉切りをしました。(04/18) youkou888さんへ 書き込みありがとうござ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.09.04
XML
カテゴリ:野菜作り
​​​灌水しながらブロッコリーの葉に水をかけたらアオムシが・・・

夕方から畑に行きましたらかなりキャベツとブロッコリーが根の張りが良くなってきているようです。
しかし少し葉がかじられて跡がありました。

これは・・・
アオムシのようです。



このように葉に水をかけたらマルチの上にアオムシがながれてきましたので捕殺しました。
10匹位いましたよ。
当方は80くらいしか苗を植えていないのでこのような事が出来ますが多く植えている農家では無理ですね。
家庭菜園向けのやり方となります。
あまり農薬をかけたくない方は捕殺しかないのですが今年から使用しているゼンターリ顆粒水溶剤を使うかもしれません。

以下のゼンターリ顆粒水溶剤の説明はHPより参照いたしました。
抵抗性コナガに高い効果
アイザワイ系統菌が持つ結晶性タンパク毒素により、従来のBT剤など他剤抵抗性の発達したコナガに対しても安定した高い効果を発揮します。
ヨトウムシにも高い活性
従来のBT剤では活性の低かったヨトウムシ、ハスモンヨトウに対しても高い効果を示し、コナガとの同時防除が可能です。
扱いやすい顆粒水和剤:従来のBT剤に比べ、散布調製時の粉立ちがなく、溶けやすくなっています。
マルハナバチ、ミツバチ、天敵などへの影響が少なく、環境優しい薬剤です。
JAS法に基づく有機農産物生産にも使用できます。


STゼンターリ顆粒水和剤 20g


【メール便可】ゼンターリ顆粒水和剤 100g

速効性はないもののBT剤のほとんどの成分が自然界から見つかった成分を使用し哺乳類への安全性が確認されているそうです。
​散布後は2日後に死滅するようです。
今年から使用していますが回数制限もなく安心してつかえますが発生初期しか使えないのと初期防除をしっかりしていないといけませんのでアオムシが発生する時期は、4月〜6月と9月〜11月頃によく観察してから見つけ次第、初期防除しないといけませんね~
またアオムシが多くいるようでしたら薬剤散布する予定です。​
夏の暑さが終わったこの時期は害虫がかなり大量発生する時期です。
みなさんもお気を付けください。

今日も何とか作業が終了いたしました。
明日も頑張って行きましょう。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。






最終更新日  2020.09.04 21:02:41
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.