072416 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

植木屋の三代目をやってます村野園のブログです。

PR

プロフィール


yamatozero_one

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

yamatozero_one@ Re[1]:キトサン溶液をまきました。(06/19) omachiさんへ こんばんは~ 植木屋三代目…
omachi@ Re:キトサン溶液をまきました。(06/19) お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。 …

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全265件 (265件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

本日の壱枚の写真

2020.01.18
XML
カテゴリ:本日の壱枚の写真
​​本日の壱枚の写真 熊野三山編 その玖



順番が前後してしまいましたが熊野速玉大社の下馬橋



熊野速玉大社 下馬橋
赤い橋が可愛いですね~



熊野速玉大社編は今回で終了いたします。
私のおすすめの神社です。
次回は熊野速玉大社の近くの神倉神社を御紹介したいと思います。
神秘的な神社でエネルギーを感じる神社でした。

本日も最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。







最終更新日  2020.01.18 19:11:11
コメント(0) | コメントを書く


2020.01.11
カテゴリ:本日の壱枚の写真
​​本日の壱枚の写真 熊野三山編 その捌



​熊野速玉大社 参道



いつ来ても綺麗な参道です。



参道に大きな鳥居
川沿いにあるので風のぬけが良い場所です。
早朝にまだ訪れたことがないので一度、行ってみたいです。

本日も最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。







最終更新日  2020.01.11 13:13:40
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.10
カテゴリ:本日の壱枚の写真
​​​​本日の壱枚の写真 熊野三山編 その漆



梛木の木の説明をしている看板




熊野速玉大社の梛木の大木

平重盛が、「国安かれ」と手植えしたもので、ナギの木としては日本一大きいものだそうです。



素晴らしい梛木の木
樹齢は約1,000年くらいだそうです。
私も梛木の木が好きで苗を親戚に配ったことがあります。梛木の木の葉の艶が私は好きです。
少し寒さには弱い方ですので寒い地方では生育は難しいかもしれません。
熊野三山に行かれた時は是非、立ち寄ってほしいと思います。

本日も最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。


​​






最終更新日  2020.01.11 07:51:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.09
カテゴリ:本日の壱枚の写真
​​​​​​​本日の壱枚の写真 熊野三山編 その陸


​​
武蔵坊弁慶公の説明



​​
武蔵坊弁慶公の木彫りの像


​​
以下はHPより参照いたしました。

源義経(みなもとのよしつね)との物語で親しまれる武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)は、歌舞伎や人形浄瑠璃などでもよく知られている人物です。しかし、彼が実在した人物であったかどうかはさだかではなく、五条橋での義経との出会いや仁王立ちで大往生を遂げるという逸話が伝説として伝えられています。

JR紀伊田辺駅前の広場には弁慶像が建てられており、田辺市のシンボルとして親しまれています。一説に、弁慶の出生地は田辺だと言われています。『義経記』の記述によると、弁慶は熊野別当家の嫡子(ちゃくし)で、幼名を鬼若とあり、比叡山で修行を行った後、山を降りるにあたって自ら名付けたのが、西塔武蔵坊弁慶という名前であると記されています。

弁慶の出生地と言われる田辺市には、彼にゆかりのある史跡が多く存在します。市庁舎の前に見事な枝振りをみせている「弁慶松」は彼の誕生を記念して植えられたといわれています。

弁慶の父と言われる熊野別当・湛増(くまのべっとう・たんぞう) ゆかりの闘鶏神社には、弁慶が産湯を使ったと言われる産場の釜。 八坂神社の腰掛け石、産湯の井戸など数々の史跡が残されています。

​​​​謎の多い​弁慶公ですが三国志で活躍した関羽と張飛を思い浮かべてしまいます。
弁慶公は本当に実在したかは別として修験道を学びながら武術も修行された方は多かったに違いありません。
そのような人々が源義経公に味方された方もいたのかもしれませんね。
その中には弁慶公のような怪僧がいてもおかしくないと思いました。
平泉にも行きましたが寺院や庭園はその当時素晴らしかったと思えるところが多くありました。
数百年前の人々と同じ道を歩いているかと思うと感慨深く思える時がありました。

本日も最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。







最終更新日  2020.01.09 21:44:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.08
カテゴリ:本日の壱枚の写真

​​本日の壱枚の写真 熊野三山編 その伍

​​​

素晴らしい熊野速玉大社の神門のしめ縄



綺麗な境内



熊野速玉大社 拝殿

神社と言えばひかれた砂利ですね。
これを歩くことにより身を清められると聞いたことがありました。またあるHPにはこのように書かれていました。

よこしまな気持ちを寄せ付けないため

砂利道を歩くときに生まれる『ジャリッ。ジャリッ。』という音が、道理から外れたよこしまな気持ちを寄せ付けないという説もあります。

また水の流れが良いので境内を綺麗に保つことが出来るとの意見もありました。
砂利の上を歩くと音も良いのですが歩いた時の足に伝わる刺激が私はかなり好きな要因もあります。
この辺は好みもあります。

玉砂利を限定のお守りとして配布している神社様もありました。
手作りで作られていましたので御利益がありそうです。


本日も最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。

 







最終更新日  2020.01.08 16:03:47
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.07
カテゴリ:本日の壱枚の写真
​​本日の壱枚の写真 熊野三山編 その肆


​​
苔の生えた古木 
長い間境内を見つめてくれています。



世界遺産の碑


​​
熊野速玉大社 神門

新宮観光協会HPより参照いたしました。

熊野本宮大社、熊野那智大社とともに熊野三山を構成する大社。神倉神社のゴトビキ岩に降臨した熊野権現を勧進するため、景行天皇の時代に社殿を造営したと伝えられています。主祭神は熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)の夫婦神。境内には天然記念物に指定される樹齢1000年のナギの巨木があります。

皇室の方々の参拝が多く熊野速玉大社は重要な神社であったことがうかがえます。
熊野川上流から下流に向けて水上の参詣道使用されています。Wikipediaの情報では熊野本宮大社と熊野速玉大社間の流域がユネスコの世界遺産に登録された。現在、世界遺産で唯一の「水上の参詣道」であると書いてありました。
位の高い方が舟に乗って川下りされたのでしょうね~
一度、川下りしてみたいですね~

本日も最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。








最終更新日  2020.01.07 14:11:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.06
カテゴリ:本日の壱枚の写真
​​​本日の壱枚の写真 熊野三山編 その参


​​
熊野速玉神社の境内の右から撮影しました。




​​新宮神社の言われた書かれた看板



熊野恵比寿神社

平清盛公や後白河法皇さまも熊野詣をされていたようです。私は基本的に末社、摂社は出来るだけお参りさせて頂いております。
熊野速玉神社は参拝される方はあまり多くはありませんが気持ちをすっきりさせたい方には良い神社ではないでしょうか?

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。








最終更新日  2020.01.06 18:27:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.05
カテゴリ:本日の壱枚の写真
​​​​​本日の壱枚の写真 熊野三山編 その弐

熊野速玉神社の立派なしめ縄です。


​​


熊野三山の正式な参拝の順番は以下の通りらしいです。

熊野本宮大社⇒熊野速玉大社⇒熊野那智大社

私はちなみに熊野速玉大社⇒熊野那智大社⇒熊野本宮大社の順番が多いです。
というのも伊勢湾岸道⇒熊野尾鷲道路から来ていることが多いのでそのような順番になっています。
現在は順番は守らなくても良いとのことです。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。









最終更新日  2020.01.05 09:50:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.04
カテゴリ:本日の壱枚の写真
​​​本日の壱枚の写真 和歌山県 
熊野三山編 その壱
​​
​​本日から熊野三山編が始まります。
懐かしいですね~もう五年位前になります。
少しお付き合い頂けたら嬉しいです。


​​
新宮市の熊野川にかかる新熊野大橋
ここを通ると熊野に来たな~と毎回思います。



​​
熊野川の河川敷
ここは熊野速玉大社の臨時の駐車するスペースになっていると思います。以前停めた記憶がありました。


​​
熊野速玉大社に来ました。手水舎でお清めします。



​​いつ来ても綺麗にされていて気持ちの良い境内です。
熊野速玉神社の好きなところは古木の梛木の木があることです。昔の武士達は梛木の木の葉を兜や甲冑につけたといいます。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。







最終更新日  2020.01.04 13:15:00
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.02
テーマ:旅の写真(2732)
カテゴリ:本日の壱枚の写真
​​本日の壱枚の写真 福島編 その拾陸



廊下橋跡と堀



相馬中村城址の堀



本日で福島編の相馬中村城址は終了となります。
軽い散歩をするには良い場所です。
このようなところが近くにあったら良いですね~
福島県には本当に良いところがあります。
しかし原発の事故により普通に生活できない場所が多く常磐道では窓をあけて走行できずに線量が非常に高い場所があります。
線量計を持って行くことが大切だと思っております。
賛否両論があると思いますが若年層の方には特に気を付けて頂きたいです。
私の知人が福島で除染作業をしています。
早く福島が本当の復興をしてくれたら本当に嬉しいです。
次回は和歌山、奈良周辺を御紹介出来たらと思っております。寒い日が続きますのでお身体にはお気を付けください。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。







最終更新日  2020.01.02 10:19:58
コメント(0) | コメントを書く

全265件 (265件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.