773095 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Way Rockスピーチ&コミュニケーション 事務局だより

2019.02.12
XML
カテゴリ:あれこれ
アガリの対策の一つに「集中する」ということがあります。
この話を是非伝えたい、聞いてもらいたいと思うことで
最初はドキドキしていても、一生懸命になって話している自分に気づくことが
あります。
このとき、アガる心配よりも伝えたい気持ちが先にたち、集中することで
アガリを忘れているのです。
一生懸命話すことで、聞き手も真剣に聞いてくれることが多くなります。
聞いてくれている人の何人かが、うなづいてくれるのが見えたりします。
そうなると、嬉しくなり、もっと「伝えたい」気持ちが強くなるものです。
大切なのは、伝えたい、聞いてもらいたい内容を
大まかでよいのできちんと把握しておくことです。
少々言葉につまっても、流れが分かっていれば、大丈夫です。
一言一句完全に覚えて話そうとすると、言葉に詰まった時
いわゆる「頭が真っ白」状態になることが多いです。
「次の言葉が出てこない」という状況にあせってしまうからです。
言葉に詰まった時、言いたかった言葉ではなくてもニュアンスの近い言葉が
すぐに出てくるようにするために、
「連想」というトレーニングが役立ちます。

今日もごらんいただき、ありがとうございます
大阪 梅田  西梅田 話し方教室


WayRockスピーチ&コミュニケーションLabo

ブログランキングに応援お願いします

 br_banner_hibiscus.gif







最終更新日  2019.02.12 17:10:26
コメント(0) | コメントを書く
[あれこれ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.