1865704 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マダムだって乳房再建!あまちゃんディーヴァと呼ばれたい!

うきふねの乳房再建

乳房再建5ヶ月目
乳房再建5ヶ月目
エキスパンダーはいれませんでした
再建側の皮膚はお腹のものです
身体への負担が大変少なく、10時間30分の大手術にもかかわらず
翌々日には歩いていました。
趣味の声楽もすぐに復帰
1ヶ月でテニスもできました

入院期間は13日で、費用は34万円でした。
高額医療費の還付もうけられましたし、アフラックと県民共済の入院給付金もいただけました
質問などございましたら、メールをください


横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター
 http://www.urahp.yokohama-cu.ac.jp/index.html

形成外科の佐武利彦先生に手術していただきました。

[経緯]
H15年1月  右乳房全摘出
H16年9月  下腹脂肪皮弁にて乳房再建
H17年3月  健側陥没乳頭手術
H17年7月  修正手術、左右同じボリュームになる




 私が今、センター病院でやっている乳房再建術は、日本では非常に

マイナーな方法です。欧米では主流になりつつある方法ですが、

わたしの方法は、患者さんへの犠牲は少なく更に安全にできる

ことを目標にして、患者さんごとに方法に、若干の改良を重ねて

日々、進化させております。現在ではほぼ完成に近い方法になり

つつあります。マイクロサージャリーによるDIEP Flap(深下腹壁

動脈穿通枝皮弁)、SIEA Flap(浅下腹壁動脈皮弁)という術式で

簡単に言うと、お腹(下腹)から脂肪組織を血管を含めて取り、

胸の血管につないで、生きた状態で移植する方法です。この時に、

お腹の筋肉や神経、さらには血管の障害をできるだけ少なくして

手術後も、妊娠出産が可能ですし、スポーツや歌うことなども、

腹筋が残るので問題の無い方法です。

  ただそれだけに、今までの方法(腹直筋皮弁)に比較して非常に

難しく、高度なテクニックが必要です。

そのためこの方法が、日本の形成外科医に一般的に受け入れられるように

なるには、あと10年くらいはかかると思います。

うきふねさんも、この方法で手術しました。最高齢では65歳の方に行って

います。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.