April 17, 2013

楽友協会ホールでロンドンフィル

カテゴリ:カテゴリ未分類
今夜は楽友協会ホールへお出かけ。

ボローニャのノルマが買えたら、デヴィーア様を2泊3日で見に行こうかと思って、2月頃にネットの売り出しに挑戦したのですが、ダメだったために買ったプログラム。
(昨夜のフォルクスオーパーも同じ経緯)
ウィーンに来てロンドン・フィルハーモニーを聞くのもいかがなものか?と思いましたが。
私でも知っているアンネ・ゾフィー・ムターがチャイコフスキーの協奏曲を弾くので参戦。
他はムソルグスキーのホヴェンシチナの序曲と、シェスタコビッチの交響曲5番でした。

やっぱり一流の人は違います。
演奏に全く無駄がない。
こう流れるべきだというように、音が紡がれている。
観客は大興奮で拍手が鳴り止みませんでした。

お席は一番上の一番後ろ中央。
オペラは高い席にしたけど、オーケストラは音が聞こえればいいかな?と思って安い席でした。
でも大正解。
後ろがいないから立ってもOKだし、金管が派手に鳴るので音のバランスがちょうどいい。

楽友協会ホール





TWITTER

Last updated  April 17, 2013 06:11:46 AM
コメント(0) | コメントを書く