1016379 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

浮 世

PR

プロフィール


SHINSAKU

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2006年01月20日
XML
テーマ:ニュース(77442)
 政府は20日、米国から同日朝輸入された牛肉に脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが確認されたと発表した。成田空港での検査で、一まとまりで空輸された41箱のうち3箱(55キロ)から見つかった。昨年12月に再開された米国産牛肉の輸入では、脊柱などBSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の除去が義務づけられている。この違反を受けて政府は、米国から原因について報告があり安全が確認されるまで、輸入手続きを全面的に停止することを決め、米側に通告した。

にほんブログ村 ニュースブログへ   楽天ブログ

 この肉は米ニューヨーク市の中小食肉処理施設、アトランティック・ビール・アンド・ラム社が出荷した。日本向け輸出をするための認定を米政府から受け、検査官も常駐していた。しかし、混入していた脊柱は、骨が肉に付いたままの状態のもの。「専門家が見れば一目瞭然(りょうぜん)で気がつく」(農林水産省幹部)はずなのになぜ見逃されたかについて、米側の詳しい説明を求める。

 12月の日米間の合意では、輸入できるのは、特定危険部位を除去した生後20カ月以下の牛肉に限られている。今回、この輸入条件は残すが、輸入の手続きを当面停止することにした。

 中川昭一農相は20日夕に記者会見し「極めて遺憾。輸入プロセスの重大な違反だ。米国に厳重に申し入れたい」と述べた。

 農水省と厚生労働省は、輸入条件が守られれば米国産と日本産のリスクの差は非常に小さいとした食品安全委員会の答申を根拠に、輸入再開に踏み切った。条件の順守を確保するため、両省は12月に査察官を派遣。米国のシステムにほとんど問題はなかったとしていた。一方、安全委は答申で、重大な違反があった場合は再び輸入停止すべきだと指摘していた。

 違反があった肉は積み戻すか焼却処分する。12月以降にすでに輸入された米国産牛肉1373トンは、「これまでの検査で問題は出ていない」として回収しない方針。

 両省は輸入牛肉を港や空港で検査している。しかし、肉が入った箱を開けて検査するのは輸入量の平均約1割という

ブログランキング     BLOG FREAK

なにをやっているのか ずさんすぎます のどもと過ぎればというところだと思いますが またこういったことが起きた今、なぜ起きたのか それがどのように改善できるのか の提出ですぐ再開できる見通しとなると思いますが、不信感は募りますね 初期に起きてよかったのかもしてません

・06.01.20 米国産牛肉:再び輸入禁止 危険部位の混入確認

  人気サイト総合ランキング   人気ランキング   ランキングナビ






最終更新日  2006年01月21日 16時37分51秒
コメント(0) | コメントを書く
[社会問題(事件・事故) ] カテゴリの最新記事

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.