000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

浮 世

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2006年03月03日
XML
 イラン核問題をめぐる英仏独とイランの閣僚級協議が3日、ウィーンのドイツ大使公邸で開かれた。
 協議は6日からの国際原子力機関(IAEA)定例理事会を目前に、局面打開を図る最後の機会だったが、イラン側は濃縮活動の停止を拒否し、合意はなかった。

にほんブログ村 ニュースブログへ    楽天ブログ

 英仏独からは、シュタインマイヤー独外相、ドストブラジ仏外相と、体調を崩したストロー英外相に代わり英外務省のサワー政治局長が出席。イランはラリジャニ国家安全保障最高会議書記が臨んだ。欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安保上級代表も同席した。

 協議の終了後、記者会見を行ったシュタインマイヤー独外相は、「イランによる濃縮活動の全面停止は、(交渉を前に進める)前提条件だが、合意はなかった」と述べ、イラン側が濃縮活動続行の意思を変化させなかったことを明らかにした。

 ドストブラジ仏外相は、「国連安全保障理事会で、近く審理が始まる」との認識を示す一方、「イランが前向きの対応をすれば、国際社会は民生用原子力協力を進める用意がある」とし、イランに譲歩を迫った。

 協議はイランが開催を求め、英仏独が応じた。

ブログランキング     BLOG FREAK





  人気サイト総合ランキング   人気ランキング   ランキングナビ






最終更新日  2006年03月04日 14時18分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[戦争(紛争・テロ)    ] カテゴリの最新記事

カレンダー

ニューストピックス

占い


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.