956956 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

浮 世

PR

プロフィール


SHINSAKU

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2006年03月17日
XML
ソフトバンク買収:携帯業界は2強時代から3強時代に突入

 ソフトバンクによるボーダフォン日本法人の買収が決まったことで、携帯電話業界はNTTドコモ、KDDI(au)の2強時代から、ソフトバンクを加えた3強時代に突入する。傘下のヤフーを軸とした豊富なコンテンツ(情報内容)を持つ強力な企業の出現で、携帯業界の競争激化は必至だが、利用者にとっては「世界一高い」と言われる通話料の引き下げも期待できそうだ。

にほんブログ村 ニュースブログへ    楽天ブログ

◇利用者、通話料引き下げに期待?

 今年2月末の携帯各社の契約者は、ドコモ約5000万人、KDDIのau約2200万人、ボーダフォン約1500万人。auがドコモを急追しており、ボーダフォンは「1弱」状態だった。

 ソフトバンクは昨年秋に携帯事業の新規参入が認められ、来年春からの事業開始が予定されていた。ボーダフォンの買収によって、基地局など通信設備をゼロから整備する必要がなくなり、孫正義ソフトバンク社長は「はるかに大きな基盤からスタートできる」と自賛した。

 携帯電話をめぐっては、11月に、携帯会社を変えても電話番号が変わらない「番号ポータビリティー制度」が導入される。これを機に、携帯会社間の競争が激しくなると見られていたが、ソフトバンクの早期参入で一足早く競争に突入することになりそうだ。

 ソフトバンクはADSL(非対称デジタル加入者線)事業に参入した際、接続料金を大幅値下げする「価格破壊戦略」で利用者を増やした。携帯業界にも同様の手法を用いれば、ドコモやKDDIも料金競争から逃げられない。

 迎え撃つドコモやKDDIは「今までも競争している」と表向きは冷静だ。携帯業界では「買収資金の金利負担が大きく、むちゃな料金値下げはできない」との見方もあるものの、「競争環境が厳しくなるのは間違いない」とソフトバンクへの警戒が強まっている。【望月靖祥】

◆携帯電話各社とソフトバンクの企業規模◆

       売上高    営業利益 携帯契約者数

NTTドコモ 4兆8446 7841 5065万人

KDDI   2兆9200 2961 2496万人

ボーダフォン 1兆4700 1580 1514万人

ソフトバンク   8370 ▼253   --

(注)05年3月期連結決算の数字で、売上高と営業利益の単位は億円、▼はマイナス。契約者数は06年2月末時点で、KDDIはauとツーカーの合計


ソフトバンク、評価額1.75兆円でボーダフォン日本法人を買収

 ソフトバンクは17日、英ボーダフォン日本法人を買収することで正式に合意するとともに、ヤフーと携帯電話事業で業務提携すると発表した。ボーダフォンの株式価値は1.75兆円の予定。日本企業による買収としては過去最大規模になる。

ブログランキング     BLOG FREAK

 ソフトバンクの全額出資子会社を通じて、1―2カ月中に買い入れる。

 全額出資子会社による買収にあたっては、LBOによるノンリコースローンで1.1―1.2兆円を調達するほか、ソフトバンクが2000億円、ヤフーも1200億円を出資する。一方、全額出資子会社には、ボーダフォン・グループも4000億円程度の投資を行う予定のほか、取締役を1人派遣する。

 ヤフーは、ソフトバンクの携帯電話端末のポータルサイトとしてコンテンツを提供する。これにより、パソコンと携帯電話の利用者に「シームレスな環境」を提供できるとしている。

 また、英ボーダフォンは同日、日本法人をソフトバンクに売却後、60億ポンド(約104億8000万ドル)相当の株主還元を行うと発表した。

 日本法人の評価額は約1兆8000億円(約89億ポンド)で、日本法人株の売却完了時にそのうちの68億ポンドを現金で受け取るとしている。売却は今年4─6月期に完了する見通し。

 ボーダフォンはまた、日本法人売却で49億ポンド前後の売却損を2006年3月期に計上することを明らかにした。

 同社はさらに日本法人売却に関連して、本体の信用格付けに影響が出ることはないとしているが、06年3月期と07年3月期の業績見通しについては改めて発表するとしている。

 ソフトバンクによる買収の先行きに関しては15日、米投資会社のプロビデンス・エクイティー・パートナーズとサーベラス・キャピタル・マネジメントがボーダフォン日本法人の買収に名乗りを上げる見通しになったのを受け、不透明感が出ていたが、両者の提案金額に大きな差異はなく、ソフトバンクの優位は変わっていないとの見方が有力だった。



NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク 来ましたね NTT vs ソフトバンク 2強時代が見えてきます。 

  人気サイト総合ランキング   人気ランキング   ランキングナビ






最終更新日  2006年03月18日 22時52分00秒
コメント(0) | コメントを書く
[産業(商業・経済・企業)] カテゴリの最新記事

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.