000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

浮 世

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2006年04月18日
XML
 国連安全保障理事会の5常任理事国(米英仏中露)とドイツは18日、モスクワでイラン核問題を巡る次官級協議を行った。

 今回の協議は、イランが国連安保理などの制止を無視して、11日に低濃縮ウランの製造成功を発表した事態を受けたもの。米国は対イラン制裁を盛り込んだ安保理決議を強く求めているが、拒否権を持つ中露は制裁に反対。協議は紛糾した模様だ。

にほんブログ村 ニュースブログへ  楽天ブログ

安保理は3月末に採択した議長声明でイランに対し、
<1>濃縮活動停止
<2>履行状況を4月28日までに国際原子力機関(IAEA)に報告
――を求めた。
だが、アフマディネジャド政権は逆に、濃縮度3・5%の低濃縮ウランの製造成功を発表した上、遠心分離器を利用した濃縮用装置の規模拡大計画を明らかにした。

 イランの強硬姿勢に対し、国際社会の足並みはそろっていない。米国が制裁を含む「強力な措置」(ライス国務長官)の発動を求めているのに対し、露外務省のミハイル・カムイニン新聞情報局長は18日、「制裁や武力行使は問題解決につながらない」と従来の立場を改めて表明した。

 ロシア側は「イラン向けのウラン濃縮を露領内で行う」という先の露政府の妥協案を軸に、政治解決を目指す姿勢を崩していない。

ブログランキング     BLOG FREAK

中露 よかったも悪かったも歴史が判断を下します。 米の言い分もわかる 早期に平和的解決を望みますが、あまり結論を引き延ばし核をつくられてしまうと 強硬な態度に出られたときに 問題がウラン濃縮→核兵器製造→使用 ということにならないことを祈ります。

  人気サイト総合ランキング   人気ランキング   ランキングナビ






最終更新日  2006年04月19日 01時23分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[戦争(紛争・テロ)    ] カテゴリの最新記事

カレンダー

ニューストピックス

占い


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.