811337 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

浮 世

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2006年06月16日
XML
MSビル・ゲイツ氏、08年7月に経営の一線引退

 マイクロソフト(MS)の創業者、ビル・ゲイツ会長(50)は15日、08年7月に非常勤の会長となって経営の一線を退き、夫妻の慈善財団の活動に重心を移すと発表した。「引退ではない」としているが、経営関与は重要事業への助言などにとどめる。
 ゲイツ氏は、メリンダ夫人とともに医療・教育推進関連の「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を設立しているが、2008年7月までに同財団での事業に専念するとしている。
 同会長は記者会見で「言うまでもなく、この決定を下すのはとても難しかった。これは退職ではなく、自分自身の優先順位の変更です」と語った。
 今回の発表を受け、時間外取引のマイクロソフト株は、通常取引終値の22.07ドルから0.10ドル下落している。

2年後に経営の一線から退くと表明するマイクロソフトのビル・ゲイツ会長   ビル・ゲイツ会長:5月撮影

2年後に経営の一線から退くと表明するマイクロソフトのビル・ゲイツ会長

にほんブログ村 ニュースブログへ   楽天ブログ    くつろぐ クリックを!

 今後2年間は、移行を円滑に完了させるための期間と位置づけた。ともに最高技術責任者だったレイ・オジー氏とクレイグ・マンディー氏を15日付でそれぞれ最高ソフト設計者と最高研究・戦略責任者に指名。スティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)のもとでの指導体制を固める。

 ゲイツ氏は「難しい決断だったが、幸運なことに、大切で挑戦しがいのある(MSと財団の)二つの情熱を私は持っている」と思いを語った。

 ゲイツ氏は75年に友人のポール・アレン氏とMSを創業し、パソコンの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の爆発的普及などにより、05年6月期の年間売上高397億ドル(約4兆6000億円)、当期利益122億ドル(約1兆4000億円)にのぼる世界最大のソフトウエア会社を築いた。00年にバルマー氏にCEOの座を譲った後は、会長兼最高ソフト設計者として経営戦略の方向づけを続けてきた。

 米経済誌フォーブスが3月に発表した世界の長者番付によると、資産総額は500億ドル(約5兆7500億円)と、12年連続で世界一だ。

 慈善活動にも熱心。00年にそれまでの二つの財団を合併させて発足した現在の財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」は基金の規模が約290億ドル(約3兆3000億円)と米最大。エイズ対策や貧困解消などにすでに1兆円を超える寄付をしている。

ブログランキング     BLOG FREAK

 チーフソフトウェアアーキテクトの職位を引き継ぐのは、最高技術責任者のレイ・オジー氏。職位の引き継ぎはただちに行われ、すべてのテクニカルアーキテクチャや製品開発をゲイツ氏と共に監督しながら、職務のスムーズな移行をはかる。また、最高技術責任者のクレイグ・マンディ氏は、あらたに設けられた最高研究戦略責任者(Chief Research and Strategy Officer)の職位に就き、ゲイツ氏との協力の下にマイクロソフトの研究活動や新技術の育成を推進する。また、マンディ氏はゼネラルカウンシルのブラッド・スミス氏と共に知的財産や技術政策にも取り組む。

 オジー氏とマンディしは引き続きゲイツに業務報告を行うが、2年の移行期間中に適切な時期を見てCEO(最高経営責任者)のスティーブ・パルマー氏に報告先を切り替える。

ビル・ゲイツ氏、クレイグ・マンディ氏、レイ・オジー氏、スティーブ・バルマ氏
ビル・ゲイツ氏、クレイグ・マンディ氏、レイ・オジー氏、スティーブ・バルマ氏



本気でしょうか?まだまだ現役でしょう たしかにもう目的は達成できたのかもしれませんが・・・ たっぷり設けたので、次は財団で今度は名声をさらに高めることを目指す といったところでしょうか?


★ 産業総合(新事業・新商品など)ニュース ★







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年06月16日 11時27分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[産業(商業・経済・企業)] カテゴリの最新記事

カレンダー

ニューストピックス

占い

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.