244100 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つれづれ浮世草

全545件 (545件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >

2020年06月23日
XML
カテゴリ:日々雑感
ご無沙汰しております。約50日ぶりの更新です。
自粛生活を余儀なくされ、人との会話もほとんどない毎日なので、自分でもひどく滑舌が悪くなっているように思います。

このかん家の周りで友達がたくさんできました。

まずはノラ軍団の中でひときわ美形の彼、名前はまだないのです。



次は図書館に行く途中で相手をしてくれる柴犬のソラ君。座り方が個性的^^



最後に我が家のベランダにやって来る大勢の雀たち。



そろそろボランティアも再開できそうなところまで来ました。外国人の学習者よりもカタコトしか喋れなくなってたりして^^;






Last updated  2020年06月23日 20時58分43秒
コメント(10) | コメントを書く


2020年05月03日
カテゴリ:日々雑感
昨年10月26日の記事で書きました私の小説を本にしてくれた奇特な友人がいます。
文章に異同はありませんが必要な部分にルビが入りました。

もし本の形で欲しいと言われる奇特な方がおられましたら、上の友人が増刷してくれるそうです。
紙代、郵送料等込で野口英世お一人様とさせていただきます。私までご連絡ください。







Last updated  2020年05月03日 09時13分02秒
コメント(4) | コメントを書く
2020年04月05日
カテゴリ:日々雑感
糠漬け始めました。冷蔵庫でできるやつ。キュウリ、かぶら、にんじんと来ました。
右上は漬けたかぶらの残りの茎を甘辛く炒めたもの。二日目なので少量になってます。
鶏団子汁なんてものを作ってみました。初めてミンチをこねこねやりました。
この中で買って来たのをそのまま並べたのはスペアリブだけ。初めて食べました。







Last updated  2020年04月05日 18時18分48秒
コメント(4) | コメントを書く
2020年02月17日
カテゴリ:日々雑感
特にこれと言ったネタも無かったので、ずいぶん長い間更新もせず放置したままでした。

新年の挨拶もせず雨水なり

週に三日、4つの教室に通ってボランティアの仕事続けております。私のラインにベトナム人の名前が少しずつ増えていきます。

先月のある日、突然年配の女性ボランティアさんから、一緒に俳句やろうと誘いがありました。月に一回の句会があるから来てくれと言うのです。
せっかくのお誘いだし、これも何かの縁かとも思い、一度だけ見学ということで行ってみました。
見学と言ってもただボーっと傍観していることは許されません。春の句を五句用意して来いというので、訳も判らぬままに作って提出。

初めてのことなので言われるがままに作業をして、さて当日の結果は意外なことに。参加者8名中なんと3位に入ってしまいました。
後日冊子(67年前に創刊!)に掲載されるそうなので、覚えていたらご披露させていただきます。という次第でもう抜けられなくなってしまいました。

自分では川柳の方が向いているようにも思うのですが、俳句は俳句で奥が深く、言葉を使って何かするというのは元々好きなことなので、しばらくはどっぷり浸かるところまでやってみようかなと思います。

上に掲げた俳句もどきは、普通の文を書こうと思って打ち込んでいたら勝手に五七調になってしまったのでした。






Last updated  2020年02月17日 23時50分56秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年12月18日
カテゴリ:日々雑感
年末だからということもあって、やることが山ほどあります。
妻のパソコンからデータを自分のに移し、ややこしい事務処理も何とか切り抜けつつあります。
でもパソコンもスマホも操作がいまいち解らず、今まで開けていたものが急に開けなくなったり、画面表示が大きく変わって使い勝手がめちゃくちゃ悪くなったりと、もう一人ではお手上げです^^;

ものすごく大事な書類がどこに保管したのか思い出せず、何時間も費やすこともありました。整理整頓が苦手なのは今に始まったことではないんですが。ほとほと自分が厭になります。

そこでちょっと気分転換。お菓子の話題です。私は甘い和菓子がダメなので、コーヒーのアテにいろんなお菓子を用意しています。
今ハマっているのがこれ。




ラスクは違いますがあとの二点はどちらもブルボンの製品。ブルボンは出始めた1970年代から高く評価しています。ここのお菓子はどれをとっても美味しいですよね。最近ではブルボン製品をネタにした漫才(プラスマイナス)まであります。






Last updated  2019年12月18日 11時25分50秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年11月24日
カテゴリ:日々雑感
遅れ馳せながらスマホデビューしました。と言っても持っただけで、まだほとんど活用できてません。
でもスマホがあるお蔭でどういうわけか、アイパッド(スマホのための練習用に借りていた)で撮影して来た写真がスマホに転送され、それがパソコンに再送されて、ブログの記事に写真が入って皆様の目に触れる運びとなりました。

 さて、今月のはじめに急に思い立って水無瀬に一人でハイキングに出掛けました。『ウォーキングマップ 関西』という本のそのページをコピーして、あとはアイパッドがあれば迷子になることはなかろうと軽い気持ちで出発。アイパッドで写真を撮って来るというのが当日の我がミッションでした。

 阪急水無瀬駅で降りて若山神社までは、アイパッドも利用しながら迷わずに行けました。写真も簡単にきれいに撮れるので満足!


日本で一番古い神社だとか(701年創建)。鳥居も時代を経ている感じ。

 次の目標は尺代の集落経由で乙女の滝へ。見落としそうな小さな標識に従って山道に入ります。誰も通らない竹藪の細道を上がったり下がったり。熊に注意という立札も。実際九月に熊が出たそうな(下の掲示板に貼紙が)。やや急なでこぼこ山道を降りながら、こう考えた。ここで足を滑らせて、滑落は有り得ないだろうけれどもし捻挫でもしたら私は一体どうなるのかと。携帯は使えるけれど、こんな所に救急隊員がやって来てくれるのだろうか? まあ来るだろうけど、人様にえらい迷惑をかけることになる。そういうのは自分の主義に反する。などといろんなことを考えているうちに家々がちらほらと。


実際は薄暗い山道。夜なら肝試しに使えそう


百人一首にもゆかりのある水無瀬川。橋の名前は長鳥(ながどり)橋

 この橋を渡って川をさかのぼって行くと乙女の滝というのがあるらしい。時間的にその滝まで行くのはきつい気がしたが、ちょっとした名所のようなので、せっかくここまで来てそれを見ないで帰るのは惜しい気がした。頭の中に徒然草の「先達はあらまほし」の話もちらついた。ところが行けども行けどもそれらしいものがない。山の中で工事が行われているらしく立ち入り禁止の表示もあったがゲートは開いていた。流石に山吹溪谷などと名付けられているだけあって渓流は美しい。


魚もいるだろうけれど観察している余裕なし

 乙女の滝まで50メートルという所まで来た。あと少し。だが山道はぬかるんでいる。何とかビチャッと足を取られなさそうな所を探して進む。


道幅いっぱいじゅくじゅく。どこに次の一歩を出すか迷う

 いよいよこの辺かと思った辺りで道が塞がれているではないか。


先の台風で大木が倒れたらしい。工事は道路補修のよう

 このブルドーザーを越えた所まで行ければ滝は見えるはずなのだが…。これ以上は行けないですかねと現場の人に尋ねると、まあ無理やろねと言われてしまった。残念。あの橋まで戻るのかと思うと冷や汗が出た。日が陰り出しているのだ。こんな所でもたもたしてはいられない。飛ぶように駆け出した。じゅるい道も気にせず走り抜けた。しかしここで足を滑らせたらちょっとやそっとでは上がって来れそうにない地形だった。

 それでも何とか橋まで戻った時点で、もう予定していた水無瀬渓谷は諦めて直接若山台団地へと向かうことにした。と、途中で分かれ道に出た。さあ、どっちだ? ここでアイパッドで地図を出す。団地の位置は解るが東西南北が判らない。太陽はもう山陰に入っているが明るさだけを頼りに向こうが西だろうと見当をつけて歩き出したが、どうもおかしい。国道らしいが山越えの気配がある。運よくその近くに阪急電鉄所有のグラウンドがあって管理人らしき人物に聞くことが出来た。やはり反対向きに行こうとしていたのだ。

道が二又になるごとに迷いそうになって村の農家の老人に教えてもらったりして、何とか日が暮れる前に駅に辿り着くことが出来た。やれやれ、山の中で夜を明かすこともなく、熊に食われることもなく無事家に辿り着くことが出来た次第であります。

教訓1 私は地図があっても迷う人間であるということを自覚せよ
教訓2 一人で知らない山道に入るのは危険極まりない






Last updated  2019年11月24日 17時48分58秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年11月12日
カテゴリ:食べ物
実はお一人様ハイキングの面白いネタがあるのですが、画像貼り付けに今しばらく時間がかかりますので、場繋ぎにその後のお料理でもご覧になっていて下さいませ。



マルちゃんのカレーうどんに具をいっぱい入れてみました



やきそば。賞味期限ギリギリの玉子をあしらえて



肉じゃが。いろんな作り方があるのね。



鶏ナス大葉炒め




炒飯とアスパラ豚巻

いやあ作るのも面白いけど、どれもこれも美味しかった! ご飯も巧く炊けるようになったし^^






Last updated  2019年11月12日 16時19分09秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年10月26日
カテゴリ:日々雑感
今年は私にとっては厄年としかいいようのない辛い年でした。
と、まるで年末の所感のように愚痴っておりますが、ハリーちゃんと愛妻を喪い、おまけに応募の小説も儚い夢と消えました。
今風ではないので半ば諦めてはおりましたが、渾身の力を込めた作品だったのでそのままお蔵入りというのも惜しいと未練はあります。

もう公な場に出すつもりはないので、私の人生にちょっとでも関心がおありの方に読んでもらえればそれでいいかなと思い、期間限定で放出することに決めました。中編なのでご了解ください。尚、わたしパソコン操作には疎いので、何々の様式でとか言われてもよく分からないのでその点もご承知おきください。ワードの添付ファイルで送ります。
以前、短編をお送りした方のアドレスは(変更されていなければ)分かっています。初めての方はコメント欄でお知らせください。把握した後すぐに削除します。

希望者が一人もなくても私はめげません(笑) 読んでやろうという方はメールかコメントでお知らせください。






Last updated  2019年10月26日 11時07分20秒
コメント(14) | コメントを書く
2019年10月21日
カテゴリ:日々雑感
今までも妻の代わりにボイルやレンチンの簡単なおかずは作っていましたが、最近ちょっと料理に凝り出しました。
今やネット上にいろんな簡単料理が紹介されてますので、食べたいものを自分で材料買って来て作るようになりました。
時々画像だけあげてみようと思います。



クリームシチュー ごはんは焼きおにぎり



オムライス 何か文字を書こうと思ったら腕に蚊が止まって滅茶苦茶に^^;



醤油炒めパスタ ごはんはチキンライス



鮭のムニエル ワインではなくてサングリア



鶏味噌ちゃんこ






Last updated  2019年10月21日 21時27分52秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年10月11日
カテゴリ:日々雑感
妻がいなくなって一ヶ月以上が過ぎました。
彼女がまだ存命中に私はあるボランティアに興味を持ちました。
外国人に日本語の勉強をサポートするという活動です。

今や介護する家族もなく独りで家に籠っていても仕方がないので、思い切ってその講習会に出掛けてみました。自分が想像していたのとそう違わなかったので各教室を覗いてみることにし、参加できそうな4つの教室を選びました。
我が地域にはアジアからの技能実習生が多く来ており、中でもベトナム人が圧倒的です。
まだ行き始めたばかりですが、少しでも自分の特技が活かせて人の役に立つならこれほど喜ばしいことはありません。とても自分に合ったボランティアだと思います。楽しくやりがいのある時間を週に三日いただいたという感じです。
私が登録したのは​HONK(ホンク)​というところです。






Last updated  2020年03月04日 06時52分44秒
コメント(6) | コメントを書く

全545件 (545件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.