000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つれづれ浮世草

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

旅行

2017年09月29日
XML
カテゴリ:旅行
5月に引き続き、東の旅第2弾。10月2日~10日まで出掛けて来ます。
今回はちょっと観光やら温泉も入ってて、創作活動の中休みと言いますか、充電と言いますか^^ ブロ友さんにお会いするのも楽しみです。

帰って来たら秋祭り。今年は当番に当たっているので、本格的な再開は月の後半からになります。
間に合うかなあなんて言ってられませんので必死で頑張るしかないのです、はい。

では皆さま、10月末までごきげんよう!






Last updated  2017年09月29日 00時31分22秒
コメント(4) | コメントを書く


2017年05月28日
カテゴリ:旅行

 夜中、水戸を発って栃木を横切り群馬に入りました。群馬県は初めて足を踏み入れる場所です(残す未踏の地は青森、岩手のみ)。

 翌日11時過ぎに奥さんの学生時代の友達夫妻と落ち合い、約10時間に及ぶダべリング! 奥さんの友人の中で最強の変人だというので期待していたんだけど思ったほど強烈でなかったです。我々とどっこいどっこいかな(笑) でもここまでちぐはぐな夫婦なのに仲好さそうというのは、うちと似ているかも^^; 
今回の旅行で会う予定をしていた人とはこれで全て会えました。あとは帰るだけ。

 翌日は富岡製糸場もこんにゃくパークもパスして、一路軽井沢へ。帰り道には違いありませんがちょっと寄り道したくって。今年1月から3月にかけて放送されたドラマ「カルテット」の舞台の一つ、レストラン「ノクターン」でランチしようとなったのです。

 ドアを開けてびっくり! 弦楽四重奏団が居並ぶステージどころかピアノを置くスペースも無いではありませんか! そう、ここはレストランには違いありませんが、燻製を売り物にしたお店なんです。ハム、ソーセージはもとより、醤油もナッツも雛あられでさえも冷燻製してしまうという凄い工房が隣にあります。

 美味しい料理とコーヒーをいただきながら、お店のママさんとマスターから、社長こだわりの石造り建築の秘話やらカルテットの裏話をいろいろ聞かせていただきました。 カルテット出演者の色紙の「大人の恋はやっかいだ」のキャッチコピーの上に松たか子さんが書かれた「くんせいばかりでやっかいだ」の言葉に吹き出してしまいました。右上の黒い文字。

 カルテット色紙.jpg

小道具「ノクターン」の看板。処分してくれと言われ、お店が記念に貰って裏看板にしています(笑) ガラスケースが反射しています^^;

ノクターン看板.jpg

 燻製のお店「煙事」の外観。ドラマで使われたのはこのテラスからこちら側だけ。ロケ中は雪に覆われていました。

ノクターン.jpg

 手前が燻製工房。外壁内壁を飾る石はわざわざイタリアから取り寄せたものだそうです。

ノクターン2.jpg

  軽井沢を後にして名古屋方面に向かいますが、急遽ここでもう一人会いたい人(豊川市在住)がいたので一泊して次の日、ノンアポで会うことに成功。

 かくして十人と歓談した長旅はぶじ終わり、日常に戻ってきました。        完







Last updated  2017年05月29日 12時07分36秒
コメント(8) | コメントを書く
2017年05月24日
カテゴリ:旅行

 次の日は横浜で二年前に再会したあの人ともう一度会いました。私の近所の状況も最近大きく変化してきましたので、それらの報告と妻の紹介を兼ねてです。81歳の彼とはおそらくもう会うことがないかもしれませんが、楽しいひと時が持てて良かったです。お元気でと手を振って、向かった先は茨城県水戸市。

 水戸市に着いてホテル探しをするのかと思いきや、「きらクラ」ヘビーリスナーの我々は夕食も取らずに市内のネットカフェに飛び込むのでした(笑)  私はテキトーに投稿を済ませ、コミックの背表紙を順に眺めながら時間を潰していました。実はネットカフェに入るのは二度目。初体験は札幌。書き上げたばかりの短編小説「同行二人」をプリントアウトするためでした。奥さんがブースから出てきたのはもう日付が変わってから。彼女の執念おそるべし!

 次に会いに行ったのは奇しくも前日と同じ81歳のお爺さん。長年親しくしてきた音楽仲間です。去年脳梗塞で倒れた後、施設で暮らしておられます。今回の東の旅の一番の目的はこの人に会うためでした。どうせそんな遠くまで行くのなら、ついでにと言っちゃ他の方々に悪いですが、欲張って何人もの人に会おうとなったわけです。この方とは水戸駅周辺で何時間も駄弁りました^^

img_0_m.jpg


 水戸の御老公は元人形劇団ひとみ座の座員でひょっこりひょうたん島で主にトラヒゲを担当されていた方。最近までプロの語り部として活躍されていました。今も施設内で朗読会をしたいという夢をお持ちでした。ぜひ夢が叶うといいですね。   つづく






Last updated  2017年05月24日 19時17分08秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年05月22日
カテゴリ:旅行

 翌日の日曜は奥さんの小中の友達とお茶の水でランチ。この日は神田祭や湯島天神のお祭りだったんですね。待ち合わせた場所にも法被姿のいなせな兄さん姐さん可愛い子どもたちがぞろぞろ。お蔭でトイレも長~い行列。(←そこ?) いつも思うけど江戸っ子ってのはやはり何をしてもシュッとしたはりますなあ。を大事にする江戸笑いに重きをおく上方^^

神田祭1.jpg

神田祭2.jpg

 話を戻して、奥さんの女子会トークの合間を縫って、今は関東に住む道産子二人を相手にサービス過剰な大阪のベタギャグ連発、東の方々は笑いの沸点が低いです(笑) もっとゆっくりお喋りしてたかったけど、どうしても行きたかった所があったので名残を惜しみながら彼女らと別れ一路渋谷へ。

 その車中、ラジオをつけたら「きらクラ」やってて、たまたま奥さんの投稿が採用されて万歳三唱^^ いいことばかりは続かないもので、私はトイレに行きたくなって悶絶(笑) 会場近くにやっと満車でない駐車場見つけてコンビニに飛び込めば街の真ん中の店にはトイレなんかない! ううっ! そのまま会場の建物に駆け込み何とかセーフ!

  当日券を求めると、立ち見になる可能性もあるとのこと。すぐ後から来る家内は身障者で…と言ったら特別に便宜を図ってくれました。プレトーク中の薄暗い会場、スタッフの案内で後方隅っこに座れることに。奥さんを先に奥に通し、三席並んだ真ん中にリュックを置こうとした時、奥さんがワッと叫び、見ると席の向こうで尻餅ついているではありませんか! 心臓が止まりそうになりました。転べば即骨折というぐらい骨の弱い人なんです。周りのお客さんやスタッフも内心驚いたに違いありません。ゆっくり起こすと何とか椅子に座れました。奇跡としか言いようがありませんが、打っていない腰に痛みが集中しただけで大事には至りませんでした。一つ間違えれば救急車を呼ぶような惨事になっていた可能性は充分にあります。

 さてそんな目をしてまで観たかったお目当てのものとは何か? ブロ友さん推奨の若手講談師、神田松之丞さんでした。行った甲斐がありました! (当記事一部脚色あり^^;)     つづく   







Last updated  2017年05月22日 15時44分59秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年05月20日
カテゴリ:旅行

いやあ、一週間以上の長旅、疲れましたと言いたいところですが、なんのなんの楽しくて実り多い旅行でした。腰痛も大丈夫でした^^

ほとんど写真は撮らなかったけれど、たまに撮ったのを入れながら簡潔に報告しておこうと思っています。
一日目は知人が横浜まで運転代行してくれました。このお蔭で長旅であったにもかかわらず奥さんの疲労が限界に達しなくて随分助かりました。

新東名の遠州森町PA。お、森の石松の故郷、「遠州は森の生まれよ」は本当にあったんだってんで、一枚パチリ^^

遠州森.jpg


知人とは横浜でいったん別れ、夜は奥さんの娘と会って遅い夕食。

翌日の夜は横浜の知人ともう一人、やはり音楽仲間と四人で会って6時間以上喋りっぱなし。晴れていれば夜景の綺麗な20階のお店。私ら夫婦の分身シバわんこが雨の東京を眺めています。    つづく   

 

柴犬ご夫婦後ろ姿.JPG

 







Last updated  2017年05月20日 23時46分57秒
コメント(12) | コメントを書く
2017年05月11日
カテゴリ:旅行

明日から一週間ほどかけて関東方面に遠征します。観光ではなく今のうちに会っておきたい人に会うためです。
私の恩人、奥さんの旧友、二人共通の友人知人などなど。埼玉、神奈川、東京、茨城、群馬を訪れます。
私は関東の地理には全く疎く(地元大阪の地理もよく解ってないけど)、どの県がどの県とどういう具合に接しているのか全然把握できていません。だからすべて運転手とナビ君任せ(苦笑)

奥さんも運転で疲れるでしょうが私も腰痛が出ないかちょっと心配しております。なんせ乗り心地の悪い狭い軽自動車での長距離移動ですから。でも、初対面の人も含めて計10人弱の人に会えるので今から楽しみです^^







Last updated  2017年05月11日 10時17分42秒
コメント(12) | コメントを書く
2017年02月07日
カテゴリ:旅行

 前回の更新からもう一ヶ月が経ってしまいました。
 毎日執筆に勤しんでいるなら大したものですが、人生そんな甘いものではありません(笑)
私の人生に関わってくれた、かつての友人や知人に会って懐かしく昔話を交わすことも大事な創作活動の一環です。そういう意味では順調に進んでおります

 ところで、この土日月はまたまた徳島の方に遊びに行っておりました。新旧取り混ぜた音楽仲間と会食したり、あるお宅に訪問して鑑賞会をしその足で皆でコンサートに出向いたり。
 肩の凝らないその音楽会では、お楽しみコーナーとして、ある曲の冒頭2秒だけ聴いて曲名を当てるなんてクイズもありました。というよりズバリそのクイズ目当てにはるばる徳島まで出掛けたような訳でして^^;  去年は仲間がずらり横一列に並んで一斉に手を挙げたものだから、その一角だけ異様な空気が漂い、指名者は却って目を逸らすということがあったので、今回は分散して座りました。私の挙手がいち早く指名者(指揮者)の目に入ったようで回答権を得ることが出来、みごと正解しました。ちなみに出題曲はメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲でした。

   賞品は同曲の入ったCDやら色紙やらエコバッグ等々 ↓

徳響生ドン賞品.jpg

 その会場で仲間たちとは解散して、山中にある月ヶ谷温泉という所に向かいました。バリアフリーの部屋に泊まり、食事も温泉も満喫できました。

 







Last updated  2017年02月07日 19時11分56秒
コメント(10) | コメントを書く
2016年11月09日
カテゴリ:旅行

先週は徳島までプチ旅行に出かけてました。
木曜日は友人が合唱団で歌う某音楽祭が徳島市内であり、応援に駆けつけました。それを聴いた翌日、去年断念した大歩危・小歩危・祖谷(おおぼけ・こぼけ・いや)方面に向かいました。紅葉にはまだ早かったのが残念!

かずら橋2.jpg


これは祖谷のかずら橋。大人のアスレチックという感じ?! 足元の隙間から下方に渓流が見えます。足を踏み外したところで落下することはないとは解っているのですが、揺れるとやはり怖いです。奥さんは高所恐怖症(でなくても普通に歩けない身障者には無理でしょう)なので、吊り橋と平行して作られた頑丈な橋から私が怖々渡っているのを傍観しておりました。


祖谷.jpg

 

 

 

祖谷犬.jpg

 

上は祖谷の平家屋敷からの展望。まだまだ紅葉ってないのでした。ここの看板犬、ナナちゃん(奥)とカエデちゃんと遊びました。

大歩危での宿泊は老舗ホテル「ま○なか」。日頃清貧に甘んじている我々にとっては大いなる贅沢な一泊でした。ここでは奥さんも意を決して温泉に入りました(いくつもの条件が揃わないことには温泉にも入れないのです)。私だけ追加注文でお肉も食べれたし(←そこ?)  下は部屋からの写真

ホテルから.jpg

 

 一夜明けて遊覧船で大歩危溪谷周遊。ここでも奥さんは、船までの距離があまりに遠くて、諦めざるを得ませんでした。揺れる船も怖いのだとか。

大歩危.jpg

いろんな意味で今回の旅行は思い出に残る(覚えていればの話だけど)有意義なものとなりました。

 







Last updated  2016年11月10日 00時52分29秒
コメント(6) | コメントを書く
2016年04月08日
カテゴリ:旅行

 春休み恒例、孫の乗り鉄に付き合って来ました。彼の要望で南海高野線を使って高野山へ。
ケーブルを降りるとそこは高野山駅、バスかタクシーに乗らなければ世界遺産は見られません。
「車酔いするからタイヤの付いた乗り物には乗りたくない」とごねる孫。「じゃこのまま帰るしかないな」と言うと、暫く考えてから折れてくれました。いろいろ困ったちゃんなのですが、根は純で可愛いんです^^

 さすが世界遺産、外国人観光客の多いこと! とは言っても平日ですから混み合ってはいませんでした。この日はフランス人が目立ちました。ぶらぶら散歩気分で古い建造物を鑑賞しながら孫との楽しいひと時を過ごしました。

 

 

  • IMG_0415.JPG

 

 

  • IMG_0421.JPG






Last updated  2016年04月09日 00時26分30秒
コメント(10) | コメントを書く
2015年11月12日
カテゴリ:旅行

 先週末から今週頭にかけて四国に渡っておりました。
 映画「バルトの楽園」で有名になった?「ドイツ兵ハンゼンの徳島オーケストラ100周年記念演奏会」を聴くためです。徳島大学校内のホールを借りて、演奏会以外にも展示や講演などの催しがありました。このイベントは篤志家やボランティア、アマチュアオケの皆さんの相当な熱意がなければ実現しないような地味なものではありますが、その意義は計り知れないものがあると思います。

 徳島に行ったついでに阿波の人形浄瑠璃を観、ロープウェイで眉山にも登って来ました。これらはイベントの前日、知人らと。

人形.jpg

 

眉山.jpg

  最終日せっかくだから紅葉も見ようというので、四国霊場第66番札所雲辺寺まで足を延ばしました。奥さんは眉山でロープウェイ・デヴューを果たしたので、ここでももちろんロープウェイ! 風が吹いて雨が降って霧が立ち込めてます。ここは標高一千メートルの県境。霧のお陰でいい写真が撮れました^^

IMG_0363.JPG

 

IMG_0355.JPG

 

IMG_0359.JPG

 







Last updated  2015年11月13日 00時59分04秒
コメント(4) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.