000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つれづれ浮世草

全102件 (102件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

家族・友達

2019年09月04日
XML
カテゴリ:家族・友達
ちょうど一週間前の8月28日早朝、愛妻が半年の闘病生活の末に最期を迎えました。
病院での後半は苦痛の連続でした。家に戻りたい、夫との時間を少しでも多く持ちたいとの彼女の願いが叶えられ、在宅医療を選択しました。病院で紹介された所は敢えて外し、彼女最後の検索力を駆使して、本当にいいクリニックを見つけることが出来ました。

後に残る者が悲しまぬよう最大限の配慮を彼女は、意図的かどうかは別にして、してくれたと思っています。
たとえば早からず遅からずの衰弱。病院生活が半年も続いたので、私が一人の生活に慣れるには充分の時間が与えられました。
また私が少し努力しさえすれば手に入れられるようなものを毎日所望してくれました。すべて叶えてあげられたので私には後悔や心残りはありません。死ぬ間際まで周りに気を遣い、そして笑わせていました。

最期は遠方から家族が二度にわたって駆けつけてくれ、彼女を中心に取り巻いた中で彼女は「大きな幸福を感じる」と言ってくれました。
その安心と満足を充分に感じた彼女は、もうこれ以上永らえたらみんなに迷惑をかけると思ったのか、あっという間に亡くなりました。
最期は穏やかに眠りながら息を引き取りました。ハリーちゃんと仲良く、いいところに行ってください。

彼女との15年間で身についてしまった習慣から、本来の自分を掘り起こしていくのが当面の課題のようです。
パソコンや事務処理能力を少しでも向上させないと、これからの老後が厳しくなりそうな予感がしています。






Last updated  2019年09月04日 18時21分47秒
コメント(24) | コメントを書く


2019年08月25日
カテゴリ:家族・友達
今日おそらく昼ごろ、ハリーちゃんは昇天しました。
意外だったのは、死んだら針はしなしなになる(この数日撫でられるくらいにそうだったので)のかと思いきや、死んでも外敵から身を守ろうとするのか、抱き上げることも出来ないぐらいちくちくでした。
勝手口近くの、毎日通る所に寝袋に入れて埋葬して上げました。合掌
ハリーちゃんは奇跡を起こせないかもしれません。







Last updated  2019年08月25日 19時49分27秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年08月22日
カテゴリ:家族・友達









今日のハリーちゃんの写真です。
ここまでなついたのと思われるかもしれませんが、実はそうじゃないのです。

数日前から突然食欲が落ち、今では水しか口にしません。
だから以前ならこんな持ち方をしたら激しく抵抗して痛くて持っていられなかったのですが、もうその力も無いのです。
原因も治療も解明されていないハリネズミの不治の病ふらつき症候群に罹ったみたいです。
あと何日の命でしょうか。ちょっと前までは看護師さんたちの人気者だったのに。

妻の容体も芳しくないので、ハリーちゃんに、お願いだから身代わりになって!と頼んでしまいました。
一年しか一緒に居られなかったけど、本当に癒されました。ありがとう、幸せでした。いい所に旅立ってね。






Last updated  2019年08月22日 22時13分02秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年07月18日
カテゴリ:家族・友達
戦いすんで日が暮れてという状態で退院して来ました。薬の効果がほとんど見られず副作用だけ激しく残り。主治医が治療半ばで匙を投げました。いきなり、緩和ケアを考えてみてはと、最後通牒とも言える言葉を投げつけて来ました。

このドクターは決してダメな医師ではありません。妻の身体が尋常でなかったのでしょう。病院の医師も看護師たちも妻の未来はないものと思っているようですが、我々はまだまだ希望を捨てていません。医師たちの常識や判断を次々と崩していったのだから、その未来の予想図もきっと粉砕してしまうであろうと我々は信じています。

今はまだ副作用の影響で、私の介助が無ければ何もできない状態ですが、すこしずつ生活しやすい環境を整えながら、回復を目指そうと努力しています。毎日のように訪問看護師さんやケアマネさんがやってきて適切なアドヴァイスをしてくれています。






Last updated  2019年07月18日 21時45分02秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年03月31日
カテゴリ:家族・友達
明日から四月なので、今月のことをちょこっと報告しておきます。

奥さんは昨日退院して来ました。病気が完治したからではなく、これからは通院しながらの治療になります。相変わらずまだそこいらじゅうが痛くて歩くのもままならない状態です。でも寝たきりではありませんのでご心配なく。

創作の方は、冒頭を新たに付け加え改める部分は改め、何とか締め切りまでに間に合わせることができました。

しばらくは奥さんの介護介助が中心の日々を送る事になりそうですが、貴重な経験ととらえて前向きに生きて行こうと思います^^






Last updated  2019年03月31日 21時28分00秒
コメント(14) | コメントを書く
2019年03月16日
カテゴリ:家族・友達
ある日ハリーちゃんが下痢っぽいうんちをしていました。ハリネズミの下痢うんちは見事なエメラルドグリーンです。
特に変わった物を食べさせた訳でもないので、すぐにピンと来ました。ダントツ(天井のヒーター)のせいでフードが腐りかけているのです。
ハリーちゃんは何度にも分けて食事する癖があるので、12時間ぐらい経ってもまだ半分以上残しています。18時間過ぎてもまだ食べてるようです。奥さん曰く、「早く食べないと片付けられてしまうことを学習させたら?」半分冗談で言ったことですが、私は実行に移しました。夜8時頃、もう干からびて異臭を放っているフードを片付けてみました。その時は寝ていたハリーちゃんですが、一時間ほど経って見に行くと、ハリーちゃん、フードの器を乗せてある台に両手をついて、さも情けなさそうに「僕のフードどこ?」というような顔をして固まっているではありませんか!(下の画像) ちょっと可愛そうでしたが、これを何度か繰り返せば学習してくれるのではないかと思いました。



翌日、ハリーちゃんは午前中にほとんどフードを食べていました。その次の日も然り。一回で完全に学習したのです。ハリーちゃん、えらい!! ハリネズミって想像以上に賢いことが判明しました。


別の話。奥さんが歩けなくなって人工股関節の手術を受けようと病院に行ったら、股関節は大丈夫と言われました。
それどころではない、もっと深刻な病気が発覚、別の病院に緊急搬送されました。
一月半ばから痛みに耐えながら我慢していたのが、その病気を発見する手助けとなったのなら不幸中の幸いです。
我慢の限界を超える痛みに襲われ、すぐに整形外科にでも行って人工股関節の手術を受けて安心していたら却って手遅れになっていた可能性があります。体力も何とか戻って来たので、先日本格的な治療に入りました。まもなく退院して通院ということになるでしょう。

毎日病院に様子を見に行って、少し介助したりしているので、なかなか創作は出来ませんが、あと一歩の所まで来ています。何とか頑張ります。






Last updated  2019年03月16日 01時31分36秒
コメント(14) | コメントを書く
2018年12月10日
カテゴリ:家族・友達
お待たせしました。ハリーちゃんの動画をアップしたいと思います。時間は約5分、食事ばかりで面白くないと思われたら、2分過ぎまで飛ばして下さい。寝袋の下に潜ってヤドカリみたいな可愛いハリーちゃんが映ってます。BGMや音声はありません。








Last updated  2018年12月10日 02時14分12秒
コメント(10) | コメントを書く
2018年11月22日
カテゴリ:家族・友達
​ストレスを感じやすく温度、湿度にも敏感、もともとがアフリカの暑い所にいた生き物だけに、寒さに弱いのがこのヨツユビハリネズミの特徴です。24~29度が適温で、それより低いと冬眠状態に入りヘタをすると雪山遭難のようにそのまま息絶えてしまいます。ちなみにこの性質によって幸か不幸か、我が国ではこのハリネズミだけがペットとして飼育許可が出ているのです。つまり飼育放棄してそのへんに放したとしても生き延びられず、従って生態系を壊さないという事なのですね。う~ん、ビミョー。

ということで、この適温を維持するためにはいろいろ道具が必要になって来ます。もと居た娘の家は密閉度が高く冬も小さなシート型ヒーターだけで大丈夫だったようですが、我が家は家の作りが悪く、夏はより暑く冬はより寒いという最悪の住環境ゆえ、それなりにしっかりした暖房設備が必要になります。

そこで暖房用グッズを揃えることにしました。まずは温度湿度計を設置。


ケージの下に敷く中型熱シート(左)と、天井から温める暖突(右)。暖突を適温に保つためのサーモスタット(左下)。


これで大丈夫かというと、さにあらず。我が家の部屋はどこも寒すぎて、このままだと20度くらいになってしまいます。仕方がないので部屋のエアコンをつけっぱなしにしなくてはなりません。これでやっと快適な環境が確保できる訳です。それにしても手間のかかるペットじゃのう。

ある時は寝袋を利用したり、またある時はできるだけ暖房器具から遠ざかったりと、その時々で自分が一番快適な場所を見つけて熟睡しています。
で究極の寛いだ姿というのが「はりけつ」と呼ばれる、あまりにしどけないこの格好! 真ん中の突起物はシッポ。彼らはふだん後ろ脚やシッポはめったに見せません。


次回は動画のはりけつ、じゃなかった、貼り付けに挑戦してみたいと思います。






Last updated  2018年11月22日 13時19分52秒
コメント(8) | コメントを書く
2018年11月09日
カテゴリ:家族・友達
暖房器具に行く前に、寝袋でごきげんのハリー君の画像をお楽しみください。

寝袋初入り 真っ黒な場合は角度を変えて見てね


寝袋の下も好きだよ 布団かつぎ 頭隠してお尻出てます


布団かついでます



かなりハリ馬鹿になってます






Last updated  2018年11月09日 20時34分16秒
コメント(4) | コメントを書く
2018年10月26日
カテゴリ:家族・友達
臭(にお)いと埃も気になる木材チップをやめて紙の砂なる敷材に替えました。これも消臭! ダニも寄せつけません。しかもチップ程薄く小さくないので掃除も楽です。冷麦のようにアクセントに色付きのが混じっていておしゃれ(笑)
ペットシートの方はビニールのカードケース(大きなのを適当な大きさに裁断)をくるむように装着し、紙砂の下に敷きます。これで何日かやってみましたが問題は無さそうです。一つ問題があるとすれば、ハリー君が走りにくそうなことです。最近豪快に走らなくなった理由がこの巻紙にあるのか、気温が下がって来たせいなのか、今のところ不明です。


敷材をすべて替えました。ついでに寝袋も調達

わ~い、寝袋だぁ

次回は暖房編。近々ハリー君の動画も登場の予定、お楽しみに。






Last updated  2018年10月26日 13時25分09秒
コメント(10) | コメントを書く

全102件 (102件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.