000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ノクターン

ノクターン

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

nokuta

nokuta

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

     世界大恐… ラージャラージャさん
  ひ と り ご… 和。。さん
こころの声を聞きな… ray*さん
rainywood… rainywoodsさん

コメント新着

nokuta@ Re[1]:あるはないで ないはある(05/22) ray*さん  今が嫌だから、変わることで…
ray*@ Re:あるはないで ないはある(05/22) 幸せになりたい、と思っている人は きっ…
nokuta@ Re[1]:一石二鳥(05/08) ray*さん 適当な人間なんで、いつまで続…
ray*@ Re:一石二鳥(05/08) 嘘から出た真^^ いろいろ使えそうです…
nokuta@ Re[3]:ごぼう茶(05/01) ray*さん 読ませてもらいましたよ。 …

フリーページ

ニューストピックス

2019.12.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨晩、NHKで首都直下型地震の番組をみた。

 映像やシナリオがリアルで、非常に面白いというか興味を持ってみました。

 確かに、次の大型地震はいつかくるだろう。

 東北か東京か東海か南海か、それはわからないが

 3・11で、地震が終わりということはない。

 同じような地震が来るということを、前提に行政は対策すべきだ。

 しかし、一般庶民にどれだけの対策がとれるかというと

 数日分の備蓄や非常用の持ち物を確保しておくことと、その日は

 死なないこと位しかないのではないのか。

 もちろん、耐震設備をするとか、そういう家を買うとかということもできるだろうが

 一部の限られた人しか選択できないことだ。

 木造の家については、耐久性があるが、あくまでも寿命があるので、

 消失したら作り直すと考えた方がいい。

 武蔵小杉のマンションのように、耐震性に優れていても、水害に弱いというように

 災害は忘れた所から、やってくるもので

 完全に防御することは不可能だ。

 しかし、NHKのドラマはすごい。リアルで臨場感もある。

 化学工場の硫化水素が漏れたという情報、

 放映すべきか否か?

 命がかかっているといっても、裏がとれなければ放映できないという編集長の判断は正しいと思う。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2019.12.04 06:52:12
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X