000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徘徊!迷い猫のあばら家~♪♪

小学1,2年のころ!母の病気






駅の階段を上がると、障子が閉めてあった。

胸騒ぎを覚えながら、障子をあける

母が背中を向けて横になっていた。

「母ちゃん、どうしたの?」

「大丈夫?母ちゃん?」

私の問いかけに母は何の返事もしない

私の方を振り向くこともせず、横たわっている

不安になった私は泣きながら「母ちゃん、死なないで!」

「母ちゃん、死なないで」と声をかけ、自分の涙と声で目が覚めた。

そばに寝ていた祖母に。「母ちゃんが死んじゃう」

泣きながら訴えた。

祖母は、「大丈夫だよ!明日になったら手紙を書いてみるからね」と

当時、両親と妹二人は福岡の炭鉱町に住んでいた。

私は小学校にあがるとき、祖父母のいる田舎に帰って行き

両親が帰ってくるまでの3年間、祖父母と3人で暮らしていた。



祖母が書いた手紙の返事が来るまで、待ち遠しかったこと!

届いた手紙には風邪をこじらせ2日ほど高熱を出していたとあった。

今は元気になったので安心するように~と(^O^)

私の記憶にある出来事の中、夢が当たった第一号である











© Rakuten Group, Inc.