315787 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徘徊!迷い猫のあばら家~♪♪

祖母が赤ちゃんを連れて行った…




結婚して二人の子供にも恵まれた私は

家事に、育児、仕事にと大忙しの毎日を送っていた。

そんなある日、腰痛がひどく病院に行った。

結果、妊娠していると!

忙しくて、月のものが遅れていることにすら気づいていなかった(^-^; い...

小学1年の下の子と少し年が離れているが

久しぶりの子宝に心弾む思いがした。

この頃、なんとなく冷え込んでいた夫婦関係も

これで少しは改善できる!と思っていた。

ある日の朝、数年前に他界した祖母が赤ん坊を抱いている夢を見た。

「この子がいたら、お前が苦労するからこの子はばあちゃんが連れて行くよ」

「え??いやだ!赤ちゃん、連れて行かないで」

「連れて行くのなら私を連れて行って」

ばあちゃん子だった私はいつの間にか小さな子供になっていて

「ばあちゃん、私も行く。一緒に行く」と泣いた。

祖母は、「お前には二人の子がいるだろう、この子たちをしっかり育てなきゃいけないよ」

「この子は、おばあちゃんが連れて行くから、頑張るんだよ」と

言いながら祖母は消えていった。

私は泣きながら「おばあちゃん、私も行きたい、一緒に行く!」

自分の声と涙で目が覚めた。

あ~夢か~なんだかリアルな夢だったな~と

涙を拭いていると下腹部に重りを載せたような重く、激しい痛みが!

流産だ…まさか!…本当におばあちゃんが連れて行った?

まさか、そんなこと、どうして?



日曜当番医を探して病院まで行った。

主人はどうしても断れないお客様がいると言い…出かけて行った



病院で処置をしてもらい、目覚めるまでの間

生まれることのなかった赤ちゃんに詫びた。

朝から何も食べてない娘たちに

母は、何かパンでも買ってこようか?と聞くが

娘たちは目覚めない私が心配だったのか「いらない」と

私の顔を覗き込んで涙していたようだ。

意識が覚めた私を見てホッとしたのか

急にお腹が空いたようで「パンを食べる}と(^O^)

涙でぐちゃぐちゃになった顔で笑っていた。

子供って本当に健気なのよね~~



仕事と言って出掛けた夫はいつにない上機嫌で帰ってきた。

もちろん仕事ではなく、若い彼女と一緒だったのだ。

それから、しばらくして私たちは離婚した。























© Rakuten Group, Inc.