000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徘徊!迷い猫のあばら家~♪♪

久しぶりに末妹と話した・・・



流産以来、私はあまり夢を見なくなった…

30代半ば、二人の子供を抱え、生活と戦っていた私は

正直、夢を見るゆとりすらなかったのかもしれない!


あれから30年余り、60代後半になった私は80代後半の母の介護をしていた。

母はとても元気な人で2,3年前まで自転車に乗っていたほどだ。

すっかり体も弱くなり、この半年ほど前から肺炎や、インフルエンザを患い

入退院を繰り返していた。

5月13日。末妹の夢を見た。

末妹は体が弱く、40年ほど前に他界しているのだ。



妹に「母ちゃんがめっきり体力がなくなってきたよ~」

「こちらにいられるのも、もう、そんなに長くないと思うわ」

「○○ちゃんは早くに母ちゃんと別れてさびしかったよね~」

「母ちゃんがそちらに行ったら、うんと甘えなさい」

「わがまま言ったって良いんだよ」

「一人でさびしかったんだから~と、甘えなさい」

そんなことを話して目が覚めた。



家から徒歩で20分ほどのところに妹のお墓がある

私は墓の掃除、草取りをし、花を飾りお参りした。

家に帰って20分ほどした頃、病院から「お母様の意識がない」と電話。

「すぐに来てください」と言われ急いで駆け付けた。

リハビリをしている途中、意識を失ったと!

検査の結果、「脳梗塞の疑いがあるから医師会病院の方へ緊急搬送します」と

私は「○○ちゃん、そんな、急に、まだ、待って、もう少し待って」

胸をドキドキさせながら救急車の後をついて行った。



脳梗塞、3か所が白くなっていた。

左半身マヒ、話すこともできない。

時々、意識が戻るのか呼びかけに涙目で反応することもあるが

大半は意識なく眠り込んでいた。


ひと月半ほどそんな状態が続いていたが6月29日妹の待つ虚空へと旅立っていった。
















© Rakuten Group, Inc.