000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

なめ猫の小屋

第一話



★第一話★


国際結婚限らず、それぞれの結婚ストーリーを話したら、小説が書けると言いますが、我が家も然りであります。

先輩奥様、ママさんにしてみたら、あたいらはまだまだ、【ケツが青い!】と言われてしまうかもしれませんが、、、、。


今の所、結婚してからよりも、結婚前の方が、茨の道でありました。

棘どころか、地雷だらけで、、、。

何度、子供の様に泣いた事か(お恥ずかしい、、)。

お互いの、育ちの違い、文化の違い、言葉の違いだけでなく、

あたいの場合、相方のママに、大・大・大反対されていたのが、物凄い障害であったのですが、

これについては、また次回。

遠距離を経て、2年の共同生活をしましたが、この共同生活で、

何度の喧嘩をしたことかっ!週1回ぐらいしていたと思う。

あたしゃ、ほとほと疲れ果てました。エネルギー切れでした。

タチの悪い事に、おいらは、喧嘩した後、数日口をきかないのである。

一番嫌な、陰険なやり方であります。

でも、相方から学んだ事は、黙っていても、解決の糸口が見つからない、と言う事。

怒りに任せて、言葉を発しない事。

一度、言葉にしたら、取り消せない、と言う事。

言葉にする前に、3秒数えるとか、、、。

とにかく、アンガー コントロール、っーことですな。

そんなの、やろうと思っても、そうそう上手く行く訳でも無いのだが。

時間を掛けて、努力しましましたわ。


確かに、黙りこみしていた時より、楽になった訳です。

それに、黙っている時間ほど、エネルギーの無駄な事は無いっ!

それにしても、辛抱強く、お付き合いしてくれた、旦那様に、感謝しているのですよ。


泣きじゃくりの、怒りまくりの、般若の様な顔を見たら、愛情も冷めないものですかね。

ほんと、人様には、見せられない、、、。

いや、自分も見た事無いけど、怖いけど見たい、自分の般若顔。





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.