000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

なめ猫の小屋

ガーナ入り後・エナンの変化

旅の前日から、微熱のエナンが気なるところ。
旅の日から、とーちゃんっ子になったエナンが気になるところ。

微熱は、間違いなく旅前に打った、ワクチンの影響。
気温が高くて、お熱さんは、辛いだろうに。
部屋には、天井に取り付けられた、扇風機のみ。
熱のレメディを与えたりしてみたけど、効き目なし。
ワクチンによる熱だから、なにか特別に与えないと駄目なのか、そっとして置くべきなのか。
やはり、カルポル、、、。
旅中じゃなければ、勿論そっとして置くけど、なにせ気候といい、環境の変化といい、早く治ってほしいところ。
この微熱、その後2日ぐらい続いて、治った。
結局、カルポルは買ったけど、買った日に良くなったので、与えずに済んだ。

とーチャン子エナン。
これには、びっくり。
暑い中、とーちゃんにこびり付いて離れない。
かーちゃん所においでっても、イやだって、、、。寂しい、、、。
確かに、暑いからへばりついて来られても困る。
その分お互い汗かくし。
お風呂に行く、トイレに行く、キッチンに行く、とーちゃんが姿を消すと、泣いて後追い。
とーちゃんは、嬉ながらも、困惑。
いや、かーちゃんも困惑。
とーちゃんの国に来たから、とーちゃんと居た方が断然有利?とでも察知したのだろうか?

滞在中、とにかく人に会う機会が多かった。
毎日、誰かしらに会っていたし、会いに行っていた。
親戚多すぎ、、、。
みんな現地語でお喋りするから、何言ってるか分からないから、矛先がこっちに来ないのは良いのだけど。
愛想笑いも、限界がある。
それにエナン。
会う人会う人、抱っこしたがる。
エナン、異常な拒否反応。
人間恐怖症になっちゃうんじゃないか?と心配になるぐらい。
エナンが泣き叫んでも、無理やり持って行っちゃうおばさんとか、、、。
泣くと、暑さが増すから止めて欲しい。
特に、微熱中はグズグズも酷かったので、こっちも疲労が。
微熱後は、調子が出てきて、家の中歩き回ったりしていたけど、人にはあまりなつかなかったから、誰かに預けて出かけるって事が出来なかった。
エナンがいなければ、ちゃっちゃと済む事が、2倍も3倍も時間が掛かる。

そんでもって、湿疹。
微熱が治ったと思ったら、全体に湿疹が、、、。
手の甲から、足の甲まで。。。。
はじめ見つけたときは、蚊避けのクリームの反応か?と思っていたけど、クリームを付けていないところにまで湿疹が。
ワクチンの反応?まっ、そうだとしたら自然に治るだろうと思って、様子見。
次の日には少し引いていた。
数日後、また全身湿疹。
なんか、変な物食べた?
急に恐くなって、病院へ!と思ったが、先に元?ドクターであるこの家の叔父さんにちょっと見てもらったら、汗疹という事。
ダスティングパウダーを貰い、それを頻繁につけてあげることに。
3歳以下には向いていないって記載してる、、、、ので持参していたパウダーとミックスして使うことにした。
それにしても、見たことも無い汗疹だったから、焦ったよ。
汗疹って、首とか肘・膝の裏あたりに出来る物と思っていたから、あんなに全身汗疹は、可哀想だった。
確かに、発汗量は多かった。
暑いと、寝る量も多くなるし、そうすると汗もかく、ひっつきながら寝るので、マスマス汗をかく。
とにかく、悪循環。
エナンには、過酷な旅だったんじゃないか???
いや、わしにもキツイ旅だった。
2週間が限界。
とーちゃんだって、帰りたがっていたもんなぁ。

そうそう、湿気っていたせいか、エナンのくるくるっ毛のくるくる度が増していた。

友達

従兄弟のセシ、とかーちゃんかーちゃんも今回初対面。
セシは、エナンより5ヶ月年下君だけど、エナンに興味を持ち、触りたがったり、大声あげたりするが、エナンは後ずさり。
でも、最後には、セシって言えることも出来たし、セシどこ?ってきくと、セシの事指差してた。
なかなか会うことができないけど、次あう時は仲良く遊んで欲しいもんだ。




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.