223937 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

筆墨を友として・・・・・書作家・梅原千鶴

PR

X

全9件 (9件中 1-9件目)

1

休日

February 26, 2012
XML
カテゴリ:休日

 日曜日第1~第3週は、朝早くから京都にカルチャーで出かけますので、出かけない日曜日はホッとします。

 カルチャーはいつも楽しみで心弾んで出かけて行くのですが、{久しぶりの日曜日!}って感じも、のんびりしていいものですね。

・・・・・でも、月末の月曜日の午後は、ラスタホールでの「月イチ書道」の講師を勤めますので準備と、夜ザ・シンフォニーホールでのN響コンサートに仲良しMちゃんに招待してもらっているので、明日の夕食の仕度も心積りもしておかなくちゃ~。

 私ってやっぱり、家に居てものんびり・・・・て訳にはいかないようです。

 カルチャーの皆さんのお顔を思い出しながら、お手本の準備をするのもまた楽しいものです。

 伊丹からザ・シンフォニーホールに直行……PM6時半間に合うかしら・・・

f11

              明日は楽しい充実した1日になりそうです。 







最終更新日  March 1, 2012 02:09:42 AM
コメント(0) | コメントを書く


December 17, 2010
カテゴリ:休日

 師走に入ったある日曜日、京都河原町御池にある京都市役所の側を通りました。

 なんだかすご~い人だかり、今日はお役所はお休みのはず・・・・

 好奇心旺盛の大阪のおばさんは、素通りするような事はいたしません。

 ンッ!フリーマーケット?・・・・・京都のど真ん中で、市役所の玄関先で?

 

 私の頭の中は『!?!?!?!』

 自分では柔らかい脳を持っていると思っていましたが、まだまだ固いようです。







最終更新日  December 22, 2010 11:53:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 23, 2010
カテゴリ:休日

 猛暑の中、意を決して京都に出かけました。

 京都の町は、暑さを気にしないツワモノ(兵)が・・・・・

 若い女の子は肌を出して、年配の方は、紫外線対策に気を配って、完全防備の出で立ちです。

 京都市バスに乗りました。目に付いたポスターを、外の景色を撮るようにして「カシャ!」

・・・・しかし、小学生を2人つれたお母さんの姿は見かけませんでした。

 長い夏休み、家に居るだけでお母さんはお疲れなのだと思います。

 息子たちの小学生時代の夏休みを色々思い出して、短い車中を楽しみました。







最終更新日  August 27, 2010 01:05:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 5, 2010
カテゴリ:休日

 

 今日も好天に恵まれ、行楽日和です。

 息子たちも成人して社会人になってしまうと、子供の日も関係なくなってしまいました。

 息子たちが幼い頃は、色々子供と遊びに出かけたものですが・・・・・

 お稽古に来ている留学生に聞きました「ブラジルにも”子供の日”がありますか?」

 やはり『子供の日』は有るそうで、子供たちを遊園地などに連れて行くようです。

 洋の東西を問わず、北半球も南半球も変わらないようですね。

 

 我が家の庭に咲いた鳴子ゆり







最終更新日  May 12, 2010 09:15:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 1, 2010
カテゴリ:休日

 今日から大型連休のスタートをきりました。

 しかし、私の教室は5月第1回のお稽古をしています。

 事前に「長崎のおばあちゃんのお家に行く」、「親戚の家に泊まりに行く」と、楽しい予定も聞いていますので、お休みの多いのは承知です。

 月末の展覧会の都合でお休みする訳にはいかないのですが、先生も生徒もその分のんびり楽しくお稽古をしました。

 毎年連休は、家の大掃除が恒例になっている我が家ですが、今年は3月に息子たちが手伝ってくれて気がかりだった処が片付いているだけに余裕です。

 THANK YOU!

 息子たちは恒例となった友達の田植えの助っ人で、ルンルンで出かけて行きました。

 田植えか、遊びが目的なのかわかりませんが、自然の中で連休を過ごします。

 お友達のご家族に「ありがとう!」と言ってもらえるように、頑張ってきてくださ~い。

 







最終更新日  May 10, 2010 05:59:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 2, 2010
カテゴリ:休日

 元旦に続いて今日2日も、お天気に恵まれて風もなく穏やかです。 元旦はいつも、届いた年賀で出していなかった賀状書きをします。 毎年二日夫は年始、今年は在宅の息子たちも、コニーと京都に初詣に出かけました。

 一人で家で過ごすお正月のこの半日は、私にとってかけがいの無い穏やかな楽しいひと時です。

 『一年の計は元旦にあり』と申しますが……『トラ年の夢にトラいのスケジュール』(自詠)を考えておこうと思います。

 実現は、まず夢を描くことから始まると私は信じています。その夢が何処まで達成できるか、それはわかりませんが、努力は裏切らないでしょう。

     歳初め余生の夢を記しけり・・・・・プラムちづる

 1年・5年・10年・15年・・・のスケヂュール、予定が遅れることを想定すると、90歳まで生涯現役を考えていましたが、100歳まで年齢をひきあげなくちゃ・・・! 去年の夏にお会いした101歳の方を思い出すと、十分可能です。

 誤解を招くといけませんのでブログで初めて年齢を明かしますが、実は『アラ還』です。念のため申し添えておきます。

  写真は今年の元旦のおせちの祝儀もの。お屠蘇・福茶(共に今年は金箔入り)、お雑煮(関東風済まし)は写っていません。まったりした白味噌のお雑煮が食べたい私です。







最終更新日  January 2, 2010 05:32:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 12, 2009
カテゴリ:休日
              水引草 


 もう何年経つのでしょうか、ハッピーマンデー制度の導入によって、今年は10月12日(月曜日)が体育の日になりました。

 このように敬老の日や成人式の祝日が、頼りなげにふらふら移動するのは、どうも私は気に入りません。

 その訳は、1964年10月10日にアジアで初めて東京オリンピックが開かれ、それを記念して開会式の日を『体育の日』と定めた国民の祝日だからです。

 この10月10日……どうしてオリンピック開会の日に定められたか、皆さんご存知でしょうか?
 それまでの長い記録から『晴れの特異日』と言うことで決定したそうです。
 日本国民の大きな期待を受けて、前日の雨もすっかり上がって、真っ青な大空が晴れ渡ったことを、今もはっきり覚えています。九州に修学旅行中で、バスの中のテレビで開会式の様子を見たように記憶しています。
 国旗日の丸の赤を取り入れた、真っ赤なブレザーに身を包んだ日本選手団の入場の様子に、
心躍ったのが、昨日のように思えるのですが・・・。

 久しぶりに気持ちよく晴れた今日、洗濯、掃除、布団干し……『体育の日』に相応しく、動きまわってよく身体を使いました。

 積極的に、健康の為に、運動をしなければいけないな~と、深く反省した1日でもありました。

 余談ながら、現在の『晴れの特異日』は、11月3日になっているようです。

 

 






最終更新日  October 17, 2009 09:38:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 3, 2009
カテゴリ:休日
 
 5月2日の土曜日から、5連休のゴールデンウィークに入りました。
 しかし、我が家のGWは大掃除週間、ゴールドとは程遠いOSWなのです。
 時間や仕事に縛られず、家中の気になっていたところを整理整頓し、スリム化を図ります。
 タンスの中身もチックして、バザーに出すもの、ぼろに出すもの、ごみに出すもの・・・と量減らしすると、なんだか心まで軽く感じられます。

 昔、大女優の方が『徹子の部屋』でお話されていたのを思い出すのです。
「60歳(?)を過ぎたので、老い支度を始めました。
 夫婦二人が生活するのに必要なものだけ入る小さな家を、今建てています。 
 今まで大勢のお客様に食事を出していたので、食器類もとても沢山ありますが、体力も衰えていくと、今までのようなおもてなしも出来なくなるじゃありませんか?
 だから、もらって下さる方に差し上げたり、処分しています・・・・」と。

 そのお話を聞いたのは、私もまだ若くて、両親も健在でしたので、遥か遠~いことのように思っておりました。
 でも『光陰矢の如し』、老い易いのは『少年』ばかりではありません。私たちも1日1日
大切に過さなければいけない!ですね。

 憲法記念日に『一寸の光陰、軽んずべからず』と、心新たに思いました。
 
 






最終更新日  May 13, 2009 01:16:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 24, 2009
カテゴリ:休日
 第4土曜日は、私の書道教室はお休みです。
 月に1度の貴重なお休みですが、午前はあるカルチャーに通っています。
 毎回テーマを与えられており、クラスの中で1人づつ順次発表します。
 発表後に、それに対しての問題点を、先生が指摘してくださるのですが、まず褒める事は有りません。
 この教室に通い始めて1年半になりますが、先生も褒め、私も同様に感心したのが今までに2つありました。
 先生は私より11歳お若いのですが、先生が褒められても世代の違いか、理解できないこともありました。

 先生は『打たれ強くなるように』と仰るのですが、帰る時は、かなり凹んでいます。
 このカルチャー教室を続けることが、私にとって『己に勝つ』ように思えるので、何とか今まで続けてこられたのです。

『継続は力なり』『長生きも芸のうち』・・・と申します。
 続けていればいつか、凹から凸になるかも知れません。

 希望を持って頑張りたいと思います。







最終更新日  February 2, 2009 10:52:52 PM
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.