000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

筆墨を友として・・・・・書作家・梅原千鶴

PR

X

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

行事

February 2, 2021
XML
カテゴリ:行事
今年は2月2日の今日が節分です。何年かに1度、時間調整で日が変わるそうです。
「福は内・鬼も内」と言う地方もあるとか聞いたことがありますが、みんな仲良く暮らせればいいですね。自粛がもう1ヶ月延長されましたが、自由に気兼ねなく安全に行き来できる時が早く来ることを心から願います。コロナ禍でインフルエンザが例年より大そう少ないのは、外出から帰宅した時、手洗いやうがいなど、みんなが心がけるようになったからとも聞きました。
引き続きまめに手洗いして、COVID-19を近づけないよう、規則正しい生活・バランスの取れた食事で免疫力UPしましょう。

アトリエの設え




作品サイズ:半紙1/2   装丁‥‥お軸   表具の裂‥‥私の着物






最終更新日  February 2, 2021 09:54:27 PM
コメント(0) | コメントを書く


January 2, 2021
カテゴリ:行事
元旦はお屠蘇で新年を寿ぎ、お節を頂き、年賀状に目を通し、欠礼した方に賀状を書いて投函します。地元の氏神様にお参りして、この一年を無事に過ごせるように手を合わせます。
古くから二日は書初めするのが習わしですが、私は毎年元旦から筆を握らない年はありません。
年々出すのを減らしていますが、夫も私も生涯現役で仕事をしていますので年賀状は「生きています!「仕事しています!」…の証拠でもありますので、これからも頑張って賀状は出していこうと思います。アトリエのお正月の設え、お軸は篆刻家の『寿』、左の額は私の作品『福寿草影三寸の日向かな』です。








最終更新日  January 21, 2021 11:04:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 28, 2016
カテゴリ:行事

16hinamaturi2.jpg                                

吹田にある重要文化財「旧西尾家住宅」で、ひな祭りイベントが開催されました。

16hinamaturi.jpg

希望者には、おべべも着せて頂けるというので、超人気!!!

お譲ちゃんたちはしずしずと、母屋の中に飾られたお雛様を観て回ります。

nisiokeohinasama4.jpg

今日は楽しいひな祭り・・・・でした。

梅原千鶴のHPはこちら⇒http://atelier-umehara.com/

 







最終更新日  March 25, 2016 10:43:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 8, 2016
カテゴリ:行事

日本には四季折々の歳時記があり、その行事一つ一つに、それぞれの想いがあるものです。

節分には子供が幼い時は親も鬼になって、楽しくはしゃいだものです。
子供が巣立ってしまっても、行事は形ばかりになりますが、やっています。

fukuhauti .jpg

私の作品で『福は内』、夫に豆撒きしてもらって『鬼は外!』

幼子のいる時と比べると全く迫力がありません。











最終更新日  February 8, 2016 02:25:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 7, 2016
カテゴリ:行事

正月も早七日、吹田浜屋敷では恒例の七草粥が振る舞われました。

お天気も良く、風もなく、ヤンママがバギーに幼児を載せて沢山参加。それに劣らず高齢の方達も健康志向で七草粥を頂いています。

世の中はこのように、老若男女がバランスよく入り混じって、常に生活していたいものですね。

午後一、看護師をしている生徒の依頼で、着物で撮影に応じました。

『命とは!』・・・に応えて曰く『不二、二つと無い大切なもの』。色紙に『不二』と筆で認めました。

勉強会の仲間があちこちで撮った『命とは?』・・・の動画を繋いでいくそうです!?

2016fuji.jpg

午後二は、年末に頼まれていた色紙を受け取りに・・・。

2016meimei2.jpg

午後三は、勤務を終えて来られる新入会の方との初稽古。

夜はFB,Blogの更新・・・・今年も変わらず多忙な1年となりそうな予感!!! 健康に気を付けてがんばろ~!!! 

アトリエ梅原書道教室のホームページはこちら⇒http://atelier-umehara.com/ 

書家梅原千鶴のホームページはこちら⇒http://sho.atelier-umehara.com/







最終更新日  January 7, 2016 10:42:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 4, 2016
カテゴリ:行事

毎年元旦は、屠蘇で祝い、お雑煮お節を頂いた後、お年賀状に目を通します。

年末にたくさん投函したつもりでも、お送りしていない方から結構届きます。

賀状が足らなくなると、夫の空撮した姫路城を印刷、私が賀文を毛筆で書き、落款印を押し、宛名を毛筆で認めます。すべて手作りの賀状ですので、書き終えるともう夕方…。

「明るいうちに!」と、氏神様に初詣を済ませると、郵便局本局で投函して、元旦のお仕事!!!一件落着です。

ここ数年前から「来年から年賀状は卒業します!」と記されたのが届くようになりました。

年末に郵便局から 「♬~♪年賀状を送ろう♪~♬」の歌が流れていましたが、郵便局に協力するというより、私たちは年賀状を書かないと1年が始まらず、終わらず・・・・なので、頑張り続けます。皆さんは如何でしょうか? 

2016oseti.jpg2016izudonome.jpg2016izudono2.jpg







最終更新日  January 4, 2016 12:08:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 27, 2015
カテゴリ:行事

古来より「月々に月観る月は多けれど、月観る月はこの月の月」と言われてきました。

今年はスーパームーンと言われ、にわかカメラマンがニュースとなりました。

私も試みましたが、雲がかかったり、タイミングが合わず、写せませんでした。

そこで手前味噌ながら、自作の作品で名月を披露させて頂きます。

月を描いて、子規の句を・・・。

meigetu

今、我が家の玄関に掛けている子規の句、スーパームーンへの想いが大きいからか写真に撮るとお月様が作品に現れました。水を掬えば月手に在り・・・の句が頭を過ぎりました。

moonS

 

梅原千鶴のホームページはこちら⇒http://www.atelier-umehara.com/







最終更新日  October 6, 2015 10:04:17 PM
コメント(1) | コメントを書く
August 23, 2015
カテゴリ:行事

8月21日の金曜日の夕刻、今年もご招待を受け、ダイキンの盆踊りに参加しました。

いつものことながら、大勢の人で活気にあふれています。

遠い知床から贈られてきた流氷が展示され、手で触って冷たさを確認します。

bonodori8

 

bonodori9

 

bonodori7

中央に組まれた大きなやぐらでは、次から次にメンバーが変わって踊りやショーが繰り広げられます。

bonodori13

やぐらの周りも多くの人が輪になって、盆踊りを踊って楽しみます。

bonodori14

bonodori15

元気いっぱいのダイキン、今年はヨーロッパでよく売れたそうです。

景気が回復してきたとは言え、最近ある大企業で数千人のリストラが新聞にのりました。

ダイキンは今までリストラをしたことが無い・・・とお聞きするだけで、嬉しく感じます。

これからも、元気な活気あふれる企業として世界で活躍されることを期待しています。

 

梅原千鶴のホームページはこちら⇒http://www.atelier-umehara.com/







最終更新日  August 26, 2015 04:09:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 19, 2015
カテゴリ:行事

暑い夏の盛りに、ご先祖様をお迎えするお盆の行事、今年も恙無く終わりました。
我が家では、お寺さんがお参り頂く日に合わせ、夫の弟妹が集まり、共に食事をします。
10日にお参り頂きましたので、弟妹もお寺さんの来られる時間前には仏壇の前に集まりました。
こうして、欠けることなく集まれることに感謝し、この幸せが長く続くことを願います。

obon5

お寺様が帰られるとき、玄関に飾っていた『風』のミニ額をご覧になって、「何で書いてあるのですか?」と、尋ねられました。

「フォーク、マクドなどにあるプラスチックのフォークです」と答えますと、「自分でも書いてみます」と、チャレンジされるおつもりのようです。

obon

夫は、アトリエに掛けていた『蓮華』と題した絵に般若心経を書き込んだ私の作品をお寺さんにお見せします。やはり職業柄これも興味深くご覧になり、嬉しく想うことでした。

お昼は私の手料理でゆっくり食事をしてもらいました。こうして皆が集まるのは、盆とお正月くらいですね。今年は手持ちの松花弁当にお料理を盛りました。写真を撮り忘れ、披露できないのが残念です。いつもお腹にしまってから気が付くので・・・・困ったものです。

 メニューは、御造り2種・烏賊の姿煮・焼き鯖寿司・焼き豚・鱧の皮とキュウリの酢の物・長イモの醤油漬け・そーめん・付け合せに家で採れたトマト・大葉・自家製ガリ。このうち前日の夕方デパートで買ってきたもの、烏賊・焼き豚・焼鯖寿司・・・専門店のこれらは美味しくて、随分手抜きさせてもらいました。

obon7

12日夕方から、豊中と、天王寺区のお寺にあるお墓詣りのはしごをして、父の祥月命日でもある13日は、早朝のお勤めにお寺にお参りし、夕刻にはお迎え日を焚いて、ご先祖様をお迎えしました。

obon6
 精進料理は見栄えが地味で、その上手抜き料理で、ご先祖様ごめんなさい。(生姜ごはんより白ごはんの方が良かったかな? これを食べたかったのは実は私です。)ま~、これは1回の食事ですので・・・・。

花を買ったお店で『おがら』を求めたのですが、「今はそんなことをする人がいない」と、買うことが出来ませんでした。去年の残りを保管していたので何とか送り火も炊くことが出来ました。

年々、行事も簡素化されて、日本文化もすたれていきますね。元気なうちは、頑張って行こうと思います。

 

梅原千鶴のホームページはこちら⇒http://www.atelier-umehara.com/







最終更新日  August 26, 2015 04:13:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 8, 2015
カテゴリ:行事
suifuyu


8月6日朝8時、私はテレビの前にしっかり座って、NHKの平和記念式典を観ました。

すでに陽は高く、70年前のお天気のような快晴です。

広島市長松井一実氏の平和宣言に、子供代表の言葉に、目頭が熱くなりました。

夫の伯母は被爆者手帳を持っていましたが、気丈で弱音を吐かなかった人でしたが、晩年その後遺症に悩まされていたようです。

私には、腕など露出部分の被爆のケロイドを見せてくれましたが、本人のみが知る傷は目に見えるところ以上に大きく深かったに違いありません。

私の父は保険会社に勤めていて、終戦直後、広島に長期にわたって出張していました。被災された方たちに保険金を支払うためですが、事態が事態だけに、書類が無くても善処したと言っていました。

その当時は、お米を持参しないと旅館に泊めてもらえず、町の中を歩いていたら、石の建物に人が腰かけて座っていた姿が影となって残っていた・・・など、生々しい話を子供のころに聞いたことを思い出しました。

今は故人となられました書家の栗原蘆水先生から直接伺ったお話です。先生は、確か昭和7年のお生まれで、原爆投下された当時13歳の中学1年生、学徒動員で、亡くなられた夥しい遺体の処理に当たられたそうです。

私は戦争が終わってから生まれ、平和な時代に育ち、現在まで不自由なく過ごしてきました。
小学生の時、社会科の時間だったでしょうか?、先生が今も地球のあちこちで戦争がある!と耳にした時、まったく理解できませんでした。

私の世代だけでなく若い人々すべてに、核兵器のない、戦争のない世界が未来に向かって開かれることを願ってやみません。


梅原千鶴のホームページはこちら⇒http://www.atelier-umehara.com/






最終更新日  August 16, 2015 02:03:05 PM
コメント(0) | コメントを書く

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.