000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

筆墨を友として・・・・・書作家・梅原千鶴

PR

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

生活

April 27, 2015
XML
カテゴリ:生活
夕べは気にかかる番組があって、夜更かししてしまいました。吹田市長は? 市会議員は?

0時からは、スペイン・バルセロナで開催されているテニスの決勝戦、もちろん錦織圭さんの活躍が気になって、結果を見届けるまで眠れません。幸い錦織圭さんが優勝を果たしてくれたので、安眠でき、嬉しかったです。

我が家の2F ベランダの花たち・・・蘭の花が大きく咲いています。結果が良かったことを誇るがごとく・・・。

ran1

ran2

tyoutyo

momiji

梅原千鶴のホームページはこちら⇒http://www.atelier-umehara.com/






最終更新日  April 27, 2015 11:44:48 PM
コメント(0) | コメントを書く


December 26, 2014
カテゴリ:生活
cover1

やっと、素敵なドレスを見つけました。

詳しくはこちら⇒http://umehara.citylife-new.com/e89641.html

梅原千鶴のホームページはこちら⇒http://www.atelier-umehara.com/






最終更新日  December 26, 2014 10:34:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 5, 2014
カテゴリ:生活
iphone6

11月1日、今までの4Sから最新機種iPhone6に変更しました。気持ちも若返ります。

詳しくはこちら⇒http://umehara.citylife-new.com/e87485.html






最終更新日  November 20, 2014 08:26:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 26, 2013
カテゴリ:生活

nakagawa 

巳年もあとわずかになったある日、新年に必要な書材料を求めに、京都に出かけました。

手早く用件を片づけようと、急ぎ足で街中を目的地に向かって歩いている時、個性豊かな表札が目に飛び込んできました。

この『中川』さんの表札の雰囲気から、『中川一政』(もう故人となられていますが)を思い起こさせたのでした。

皆さんはこの表札から、どんな印象を受けますか。お会いしたとき是非感想をお聞かせ頂ければ幸いです。

アトリエ梅原のホームページはこちら!







最終更新日  January 9, 2014 10:24:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 1, 2013
カテゴリ:生活

 

 

esaka10 

 

神無月(10月)を迎えても、いまだに残暑が厳しく、『暑さ寒さも彼岸まで!!!』と言うのは死語になったのかと思うばかりです。

今日は久しぶりに江坂でのカルチャー教室に出かけ、午後5時頃江坂公園の側を通りかかりました。

午後3時には全くと言っていいほど子供連れの姿はなかったのに、子供がいっぱいいます。

まだこの時間は明るく、涼しくもなって来ていたので、あちこちのマンションから公園に遊びに来たのでしょう。

若いママたちが幼い子供を連れて、小学生が楽しそうに走り回っている姿を観るのは、明るい未来を感じさせてくれ、心和みました。

 

 アトリエ梅原のホームページはこちら!







最終更新日  October 6, 2013 09:56:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 1, 2013
カテゴリ:生活

 

kirike1

 

 同級生のWさんのBlogで紹介されていた自費出版の本に心惹かれて、彼女に「読みたい!」と、連絡を入れていました。 

 酷暑の続くお盆前に、その本は私の手元に届きました。ほかにも希望者がいるので1ヶ月以内に読んでほしいと添えられていました。 

 原稿用紙2000枚を1400枚に縮めたと作者が語っているように、文字も小さくかなり重いレンガのような体裁でした。 

 8月は予定がびっしり詰まっているので、最初はたして1ヶ月以内に読み切れるだろうか?自信がありませんでした。

 私の家の近くにあった開業医の家系をもとに、明治大正昭和の時代に翻弄された家族の歴史が淡々と綴られ、世の中の人々の考えや政治の動向が歴史的事件と共に語られているので、近世を身近に感じ取ることが出来、1週間ほどで読み終えました。 

 実際、登場人物の中には知っている人も登場し、場所なども心当たりがあり、明治生まれの両親から色々耳にしていた戦争に関すること、私の伯父もシベリアに4年抑留されていたので、私自身本の中にのめり込んでしまいました。 

 満州のこともたくさん出てくるのですが、3年前の夏、正岡子規が日露戦争の従軍記者として赴いた足跡を辿って大連・旅順・金州を訪ねており、満鉄本社やロシアの建物、当時の快速アジア号も実際観てきたので、手に取るように感じ取ることが出来たのです。 

 史実と絡ませて書かれた作者の熱い想いと,深く調べられた研究心に感服しました。 

 

 ホームページ、9月1日更新しました。  アトリエ梅原のホームページはこちら!

 







最終更新日  September 3, 2013 09:47:06 AM
コメント(2) | コメントを書く
July 24, 2013
カテゴリ:生活
go-yomi2 

 今日の午後、コーヒー片手にメールチェックしますと『Good News!』の件名で、ブラジルから日本に居を移したR&Aさん夫婦から嬉しい便りが届いていました。 

 今月頭に就職が決まり、すでに実家の九州から東京に引っ越して、いよいよ来週から出社するとの内容でした。 

 彼が大学・大学院で学んだことが仕事に生かせる職場で、とても彼に合った仕事内容なので、私までホットするやら嬉しくなるやら・・・・すぐにメールで「オメデトウ!」を送りました。 

 真面目で研究熱心なRさんのこと、やりがいのある仕事であればあるほど仕事ONLYになってしまわないかしら?と、老婆心ながら奥様のことを気遣ってしまいます。 

 グローバルになった今の世の中、どんなに離れていてもメールやスカイプなどでリアルタイムに連絡が取れたり顔を見ながらおしゃべり出来たりするのですから、ホント世界は狭くなりました。 

 落ち着いたら我が家のプランター畑の菜園を見習って育てたい、とも書いてありました。

 東京でも緑の多い住宅地のようで、毎日の生活を愉しんでくれることを願っています。

 

syuukaku7
最近の我が家の収穫
 

 

 







最終更新日  July 26, 2013 07:10:13 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 21, 2013
カテゴリ:生活

 思わぬ珍客が予告なく突然やって来ることが、最近2回もありました。

 網戸が入っている窓も多いのに、その隙をついて不法侵入するのです。

 犯人は『スズメ』です。姿・形は成鳥ですがまだ若鳥です。スリムで、毛もまだきれいに生えそろってないように見え、行動面でも落ち着きがなく、おどおどしているように思えます。

 厚かましく台所のまな板にとまっています。

 

suzume2

 網戸を開けて外に導こうとするのですが、家中をバタバタ飛び回り、いつの間にかどこかから出ていくのですが・・・・

 

suzume1

 「最近スズメを見なくなった」と聞きますが、まだ我が家の辺りには居るようです。







最終更新日  June 22, 2013 08:30:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 10, 2013
カテゴリ:生活

 年末の大みそかに、固い蕾の啓翁桜の大きな枝を一抱えもあるほど頂きました。

 寒い中、大きな紙で寒気を遮るように大きな枝を包み、遠いところを自転車にも乗らず歩いて届けてくださったのです。

 山形からお友達に贈ってもらったのですが、2日から遠くに出かけるので半分おすそ分けに・・・開花させるには気温が大切で、18度位の気温をキープしなければなりません。

 久しぶりに赤い花瓶に葉ボタン・千両と共に活けました。気温の配慮から、温風が直接当たらないように、気温差の少ない場所と思われるところにかざりました。

 

keiousakura1
 

 

 5日の子供の初稽古の時には、かなり蕾も綻んできましたので、玄関に移動しました。

 それから五日、ますます花が大きく咲き誇って、お稽古の人たちの目を楽しませてくれています。

 

sakura2

 







最終更新日  January 10, 2013 09:36:28 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 26, 2012
カテゴリ:生活

 

 

2012satake1

 

 インテリア書のSさんは長く茶道を嗜まれ、同じようにお稽古していてもUさんと興味の方向が異なり、仮名作品に心が惹かれるようです。

 右は墨を流した洋紙に銀の筆ペンで静と寂の漢字を散らしました。Uさんの手作りの陶器の額に収まって、落ち着きと安らぎが感じられる作品となりました。

 左の作品は、天地に涼しげなブルーを配し、山頭火の句「サイダーの泡たちて消ゆ夏の月」を、筆でなく割り箸で書きました。透明なアクリスタンドに入れ、真夏のインテリアには涼しげな作品です。

 

2012satake2

 

 ランプシェードは、和紙の雰囲気を活かし四季の短歌を認めていますが、私の撮った写真では、繊細な文字をお見せすることは出来ませんが、ご容赦ください。

 







最終更新日  January 8, 2013 10:22:16 PM
コメント(0) | コメントを書く

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.