000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HAPPY MONEY! HAPPY LIFE!

PR

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

のんびり眺めたい! 絵本ライフ

2007年12月16日
XML
この間、ニュースを見ていたらマシュー・レインハートの「シンデレラ」を取り上げていました。
この絵本は、仕掛け絵本となっていて、ページを開くごとにシンデレラの乗るかぼちゃの馬車や、舞踊会のシーンなどが立体的にうきあがってくるんです。
本当にのれそうなキラキラ光るかぼちゃの馬車や馬、シンデレラのふわっとしたスカートや、飾りのリボン……。
紙1枚でここまで表現できるなんて、本当にすごい!

シンデレラが大好きな女の子(2歳)へのプレゼントとして探していましたが、これならママのほうが夢中になっちゃうかも!
大人でも十分に楽しめる絵本ですъ(`ー^)

ただ、クリスマスシーズンということもあってか、ネットでもお店でも売り切れ続出(日本語版)!
新宿紀伊国屋本店に電話して問い合わせたら、わずかに在庫があるとのことでした!
今日、のーまーに頼んで買ってきてもらいます!








最終更新日  2007年12月16日 11時53分27秒
コメント(2) | コメントを書く


2007年02月26日
しゅうとの誕生日にもらったポップアップドールハウス「メイシーちゃんのおうち」。
表紙と背表紙を結んである赤いリボンをはずすと、360度広がるメイシーちゃんのおうちに大変身!
それと同時に、キッチンやお風呂、トイレ、ベッドなどの仕掛けが飛び出してきて、立体のお部屋になっちゃいました!
部屋は全部で3室。キッチンとバスルーム、メイシーちゃんのベッドルーム。
3つの部屋は、それぞれ扉で行き来できるようになっていて、本当に家のなかにいるかのよう。
このポップアップ絵本、いろんなところに細かい仕掛けがあって、とっても楽しいの(^m^)
冷蔵庫の扉やキッチンの棚が開けるだけじゃなく、トイレのふたがあけられたり、トイレットペーパーを引き出せたり、洋服タンスの引き出しを引っ張りだせたりするのъ(`ー^)

そして、お皿やパン、調味料、石鹸、タオル、歯ブラシ、くし、シャンプー、かびん、着替えの服などなど、メイシーちゃんの人形とともに、いろんな小物類がついているから、おままごと遊びにも最高!

しゅうとは、メイシーちゃんを椅子に座らせて、机の上にケーキを載せてフォークを持ってきて「あい。あむあむあむ」といって食べさせてた^^;
自分は手づかみでご飯を食べるのに、メイシーちゃんにはフォークでケーキをあげてるから、笑える(^m^)

メイシーちゃん

とっても気に入っていて、まいにちメイシーちゃんで遊んでいるの。
それにともない、語彙もいろいろ増えてきたよ。
ベッドに寝せて、窓のしかけを引っ張って夜にして、「おやすみ~」、朝にして「はよ~」、
お風呂に入れて「お風呂、お風呂」、シャワーに入れて「水、ジャージャー」、きっちんに行って「ごはん、ごはん」…。

おふろ

ベッド


子供のおもちゃとしても楽しいけど、自分もとっても楽しいъ(`ー^)



ほかにもいろんな仕掛け絵本をもらったので、またおいおい紹介していきます♪






最終更新日  2007年02月26日 15時55分57秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年10月24日
しゅうとがトトロのDVDを見たいというので、「となりのトトロ」のDVDと絵本をセットで購入しました。
いままでは、レンタルしていたんですが、この間、携帯の着メロでトトロをかけたところ、テレビのリモコンを持ってきて、トトロを見せろというんです……。

でも、レンタルしてないから見られなくて……。そういうわけで、やっと買う決心をしました。

本編のほかに、特典映像がついた2枚組みで4000円くらいだったので、まあ安いほうかも。
これで好きなときに、DVDを観ることができますъ(`ー^)

映像特典に、音声は映画そのままで、画像が全部絵コンテですすむ「となりのトトロ」が見られるんですが、またちょっと違った雰囲気に仕上がっていて、楽しいです。

★マスコット付★◎となりのトトロ ◆20%OFF!


一緒に買った絵本は、映画の本編がそのまま全部入っていて、大満足です!
100ページ以上もある大作ですが、映画で出てきたシーンがいっぱい載っているので、字が読めない子でもストーリーを追って楽しめそうです。
最初に、登場人物紹介のページがあるんですが、そこをみると大きいトトロは、1300歳、ちびトトロでも100歳はいっているというからびっくり!
身長も、大トトロは2メートルあるそうです(゚Д゚;

となりのトトロ

映画のお気に入りのシーンが、あちこちに(*^0^*)

トトロ4

トトロ1

トトロ3

最後のページには、さつきとめいの家を中心に、周辺地図が載っています。

トトロ2

どちらも、オススメですよ♪

ちなみに、しゅうとはトトロのことを「とっと」と言います(^m^)







最終更新日  2006年10月24日 18時05分00秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年10月06日
パルシステムのメールで、「ブログでオススメの絵本を紹介してください」とのことだったので、ちょっと今回は参加してみようかと思います。

オススメの絵本は、かなり大量にあるので、さくさくっと紹介していきます。

あっちゃんあがつく
「あっちゃんあがつくアイスクリーム」「いっちゃんいがつくいちごじゃむ」
というように、歌を歌いながら、たべもので「あいうえお」を追っていく絵本です。
登場する食べ物たちに、顔や手足が描かれていて、擬人化してあるのですが、この絵がものすごく笑える!!
「えっちゃんえがつくエビフライ」のページでは、小麦粉をつけたエビが溶き卵の中に体を沈めて、頭にタオルを載せてくつろいている姿は、温泉でくつろぐオヤジのよう(^m^)
こんがり揚がったエビフライなんて、サングラスして、雑誌読んでるし。
「それは、ハワイのビーチでくつろいでるつもり!?」なんていうツッコミをいれたくなっちゃいます。

同じシリーズで、しりとりしましょ!
というのがあるんですが、これも笑える。
「アイスクリーム→むぎちゃ→やきいも→もち→ちゃわんむし→しゅうまい」で、次のページは「い」からはじまる。
よくできた絵本です。
夕食の献立に困ったら、この本をめくってみるといいかも(^m^)

ちなみに、しゅうとはここに出てくる食べ物を手でつまんで食べるふりをして遊んでいますъ(`ー^)

「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」でんしゃでいこうでんしゃでかえろう

右から開くと一面雪景色の山の駅、左から開くと、一面菜の花畑の海の駅。
右から読んで、山から海へ。終わったら左から開いて、海から山へ。
トンネルの部分に穴が開いているので、しゅうとはそこへ指を突っ込んで遊んでいます。
見開きいっぱいに描かれた、街のほのぼのした描写が気に入って、購入しました。

「がたんごとん がたんごとん」

がたんごとんがたんごとん

がたんごとん がたんごとん
電車が走っていくと、ほにゅうびん、コップ、スプーンなどが次々に「のせてくださーい」と
手をあげています。
最後にテーブルについて、女のコが「いただきまーす」というのですが、そこでかならずしゅうとは手をあわせて「いただきます」のポーズをします。
そこばっかりやりたいらしく、最初のページをめくったとたん、先に手を合わせて、勝手に最後のページに飛ばしちゃいます(゚Д゚;
かなり気に入っていて、いつも読んでいます。


「てん」てん

「お絵かきなんて大嫌い」のワシテが、大きくて真っ白な画用紙に苦し紛れに描いたのは、「、」ひとつ。でも、先生はワシテにサインをさせ、立派な額に飾ってくれたのでした。
ワシテは、「ふーん! もっといいてんだって、わたしかけるわ!」といって、きいろ、あお、みどり、あか、いろんな点を描きはじめました。
そして、いろんな色をまぜて、いろんな点を描いていきます。

よく、「10分で絵が上手になる本」というのがランキングに入っているのをみかけますが、絵の苦手な人、または子供の力を伸ばしてあげたいと思っている方は、この本を読むことをオススメします。
大切なのは、自分に自信を持つことだと、教えてくれます。

「エマおばあちゃん」エマおばあちゃん

「絵」つながりでもうひとつ。
70歳をすぎたエマおばあちゃんが、老後の楽しみにみつけたものとは?
なにかを始めるのに、遅いなんてことはひとつもありません。






最終更新日  2006年10月07日 15時12分31秒
コメント(6) | コメントを書く
ぶたばあちゃん

ごはんを作るのも、掃除をするのも、いつもなんでもふたりでわけあって生きてきた、ぶたばあちゃんと孫娘。孫娘は、このままずーとぶたばあちゃんが元気でいてくれたらいいなと思います。
しかし、ふたりに永遠の別れがやってきます。
ぶたばあちゃんは、孫娘をつれて街に散歩にでかけます。
「わたしは町をゆっくり散歩したいのさ。そして、木々や、花々や空や、なにもかもを見て、目にうんとごちそうしてやりたいんだよ」とぶたばあちゃんはいいます。

ちょっぴり切ないけど、読み終わったあと、とてもすがすがしい気分になれる一冊です。
透明感のある絵もとても素敵なので、ぜひ手にとって、絵の世界も楽しんでほしいと思います。


「おじいちゃんがおばけになったわけ」
おじいちゃんがおばけになったわけ

ある日、突然死んでしまった「じいじ」は、おばけになって、孫のエリックのところにやってきます。なにか大切なものを忘れてしまったため、成仏できないそうです。
エリックとおじいちゃんは、大切な忘れ物を捜し始めますが…。

おじいちゃんが少年だったころから、大人になり、子供が生まれ、孫が生まれるまでの回想シーンが、じんわりきます。

「ずーっとずっとだいすきだよ」
ずーっとずっとだいすきだよ【すてきな絵本】

ベスト3に入るくらいの好きな絵本です。
赤ちゃんのころから一緒だった犬のエリックとぼく。
でも、エリックのほうがどんどんさきに成長していってしまい…ある朝死んでしまいました。
家族はみんな泣きました。でも、「ぼく」はかなしくてたまらなかったけど、いくらか気持ちがらくだった。それは、毎晩ある言葉をエリックにかけてやっていたから。
言葉にすることの大切さを、気持ちを伝えることの大切さを、教えてくれている一冊です。
ぜひ、読んでみてください。


オフェリアと影の一座

たぶん、これが一番好きな絵本になるかと思います。
「はてしない物語」(ネバーエンディングストーリー)の作者として有名な、ミヒャエル・エンデの絵本です。
「生と死」を捉えた、壮大な世界観が広がります。
色鉛筆で描いたような、とても繊細で柔らかなタッチ、オフェリアおばあさんのなんともいえないやさしい表情にも、注目してみてください。

あと10ぷんでねるじかん

なかなか眠らないしゅうとのために買った絵本ですが、自分のほうがはまってますъ(`ー^)

仕掛け絵本ではないのですが、実は絵のいろんなところに細かく細工がしてあって、それを見つけていくのが、とっても楽しいです。
とくに言葉があるわけでもないのに、これだけ楽しめるなんてすごい!!
しゅうとも、気に入っていて、よく一緒に見ています。
で、引っ張って、破られました(TДT)

「ピヨピヨ スーパーマーケット」
ピヨピヨスーパーマーケット

にわとりのお母さんと、ヨチヨチあるきのひよこちゃんたちがスーパーにおでかけ。
あたり一面に並んだ商品は、どれも本物そっくり!
お菓子のパッケージデザインの細かさには、脱帽です。
そして、価格もちゃんと現代の値段になってて。
こういうこまごましたものが描かれた絵は、大好きですъ(`ー^)

お菓子を買ってもらえなくてふてくされていたひよこちゃんたちですが、
お母さんの素敵なアイデアに大喜び!

買い物でぐずる子供さん対策にも、役立つかも!?


はながぴくぴく

めがきらきら

みみがひらひら

とっても単純な絵本なんですが、しゅうとは大好きみたいでよく手にとって読んでいます。
どの本も、最後に小さな鏡がついていて、自分の鼻や耳、目を見られるようになっているのですが、このページがとくに気になるようで、きゃっきゃいいながら自分の顔を映して喜んでいます。


あかちゃんのほん(3冊入りセット)(2)

これがいま一番のお気に入り。
「みんなでね」「ばいばい」「じゃあじゃあびりびり」の三冊セット。

よく、ブックランキングでも上位に入っていますが、単純なので、とってもわかりやすいかも。
「じゃあじゃあびりびり」では、そうじきが出てくるのですが、そうするとすぐそばにある掃除機を取りに行き、ねこがにゃーとなくシーンでは、自分も「にゃーにゃー」となき、飛行機が飛ぶシーンでは「ぶーん」といって、そこに描かれているものを指差したり、持ってきたり、泣きまねをして遊んでいます。

「ばいばい」では、いろんな動物がでてきて「こんにちわ」と「ばいばい」を繰り返すのですが、
しゅうとはこれで「こんにちわ」(ぺこり)をマスターしましたъ(`ー^)

「みんなでね」は、男の子と、風船と、蟻と、カタツムリと、風船などが出てきて、みんなでトイレに行ったり、ごはんを食べたり、泣いたり、寝たりするんですが、ひとりひとりの行動を見て、指差しなんか言っています。


「しろくまちゃんのほっとけーき」
しろくまちゃんのほっとけーき【かわいい絵本】

しろくまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキを焼く話です。
しゅうとは、「たまごをひとつ、ふたつ、みっつ ポトーン あ、割れちゃった」
というと、卵が割れたところを、手のひらを上にむけてまるで卵をにぎりつぶしたかのように表現します。
最近は、たまごをコンコンと叩いて割ることを覚えたので、「コンコンコン」と叩くポーズも追加されました。

あと、だんだんホットケーキがやけていく感じを、「ぽたーん ドロドロ ピチピチ プツプツ」などという擬態語で表すページがあるのですが、ここがととても好きみたいで、いつもこのページを開いて持ってきて、読んでくれといいます。
そして、読み始めると、体を上下に動かして、もうがまんできない!というように身をよじって笑います(^m^)
そんなしゅうとの反応がとってもおもしろくて、いつも読んじゃいますъ(`ー^)



「しろくまちゃんぱんかいに」
しろくまちゃんぱんかいに

ずっと気になっていたのですが、先日やっと買いました。
いろーんなパンが並んでいて、とってもおいしそう!
表紙の絵がとってもとっても気に入っているので、いろんなところで
使わせてもらおうと思います(*^0^*)


「こぐまちゃんいたいいたい」
こぐまちゃんいたいいたい

この本は、まだ読んでいませんが、あと1週間ほどで届く予定です。
「危険だからダメ」ということを言われても、子供にはいまいちピンとこない。
それを絵本を使ってうまく伝えようというのが主旨らしいです。
楽しみです。


「おさるのジョージおもちゃやさんへいく」
おさるのジョージおもちゃやさんへいく

子供の頃大好きだった、黄色い帽子のおじさんと人まね子ザルのジョージの物語。
先日買ったのは、このおもちゃ屋さんのもの。
ジョージがおもちゃ屋さんにいって、大暴れ、ではなくみんなのために、高いところのおもちゃをとってあげて、店員に感謝される話です。
あいかわらずなおてんばぶりで、とっても楽しくなる絵本です。

しゅうととふたり、絵本のなかにどんなおもちゃが描かれているのが、おもちゃ探しをして遊んでいます。

「おさるのジョージゆめをみる」
おさるのジョージゆめをみる


これも、来週しろくまちゃんシリーズと一緒に届くので、まだ読んでいないのですが…。
遊園地に遊びに行ったジョージ、体が小さいから乗れない乗り物がいっぱい。
そんなジョージも、夢の中では…。
しゅうとのねつきが少しでも良くなるようにと、眠る絵本を集めているので、これにしてみました。届くのが楽しみですъ(`ー^)

まだまだオススメの本はあるのですが、とりあえず、たまっていた感想文をまとめて書いてみました。

小さな子供用の絵本もありますが、大半は大人が読んでも十分楽しめる内容のものです。
気になる本があったら、ぜひ手にとって読んでみてください。








最終更新日  2006年10月07日 01時22分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月24日
ピヨピヨスーパーマーケット

5匹のひよこがお母さんと一緒にスーパーマーケットへお買い物にでかけます。
チョコレートやプリン、みんなの頭の中はおいしそうなお菓子でいっぱい!
なのに、おかあさんったら「だめだめ!」って……。

スーパーに並んでいるお菓子のパッケージ、本物そっくりだから見ているだけでヨダレがでそう……。

しかもちゃんと値札までついているし!

さらに、このスーパーのレジ、ちゃんとポイントがつくそうで。

子供から見た大人の世界が、楽しく描かれています。

ポップな色づかい、リアルな商品棚、登場する動物たちのユニークな表情がたまりません!
ミニチュア好きの私には、とっても魅力的な絵本です目がハート

あー、やっぱり生協で注文しておくんだったなw













最終更新日  2006年03月25日 03時22分55秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年03月09日
例のごとく、また生協の絵本コーナーで注文してしまいました。

ぶたばあちゃん
ぶたばあちゃん

ぶたばあちゃんと孫娘は長い間、ふたりだけで暮らしていました。
ふたりは掃除をするのも、ご飯を作るのも、なにもかもわけあいました。

ある日、ぶたばあちゃんが朝になっても起きてきません。
「なんだか、くたびれちまって」といって眠ってしまいました。
次の日の朝、ぶたばあちゃんは「きょうは、いそがしくなるよ。わたしは、したくをするからね」と言います。

ぶたばあちゃんは、孫娘とふたり、ゆっくりと静かに町に散歩にでかけます。

「ごらん!」「あんなにきらきら、木の葉がきらめくよ」
「ごらん!」「まるで、うわさ話をするみたいに、雲があつまってるよ」
「ごらん!」「あずまやが、あんなにきれいに、水にうつっているよ」
「オウムがさわいでいるのが、聞こえるかい? 
あたたかい、土のにおいがわかるかい?
さあ、雨を楽しみましょうね!」

ぶたばあちゃんと孫娘は、最期のお別れの時を
ゆっくりと大切に過ごします。

限られた時間のなかで、最良の時の過ごし方を教えてくれているような木がします。


最後のページの、なんともいえないアンニュイな表情をした孫娘の顔が印象的です。


ミヒャエル・エンデ著の「オフェリアと影の一座」に続く、大切な一冊となりそうです。

ぜひ、手にとって眺めてほしいです。

たぶん、言葉がなくても表情などから伝わるものがある絵本だと思います。









最終更新日  2006年03月10日 04時15分55秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年02月26日
フェリックスの料理ブック

誕生日プレゼントにもらった本です♪

くいしんぼうのうさぎのフェリックスとソフィーが、いろんな国を旅しておいしい料理を紹介していく絵本です。

トルコの「ヌードルポケットのひき肉詰め」、ケニアの「カリバ・ハム」、イスラエルの「オレンジソース ライス添え」、ジャマイカの「イースターシュトーレン」、イギリスから「フルーツのオーブン焼き」、フランスから「ニースサラダ」などなど。

世界24カ国37レシピと、手紙4通がついている、とってもおいしそうъ(`ー^)な絵本です!

日本からは、手紙とともにオムライスレシピが載っています☆
箸の使い方までイラスト入りで載っているんですよ!

レシピとともに、その国のお祭り(日本では子供の日)が紹介されているのも、見所のひとつです。

この絵本、日本人の作家さんが描いたのかと思いきや、アネッテ・ランゲンという人が書いていました。

日本も入れてもらえて、光栄です!



 






最終更新日  2006年02月26日 12時51分49秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年02月23日
ずーっとずっとだいすきだよ

小さなときからずっと一緒だった「ぼく」と犬のエルフィー。
一緒に成長していったけれど、エルフィーのほうがずっと早く大きくなった。そしてエルフィーのほうがずっとずっと早く年をとっていった。
そしてある朝……。


読み終わったあとに、心がじんわりとあたたかくなる物語です。

「すきなら、すきと
いってやればよかったのに
だれも、いってやらなかった。
いわなくても、わかると
思っていたんだね」


この一言がとても印象に残りました。

数ある大好きな絵本のなかでも、かなりの上位を占める1冊です。

本屋でみかけたら、ぜひ手にとってページを開いてみてください。








最終更新日  2006年02月24日 01時17分23秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年02月19日
昨日、近くの児童館でフリーマーケットがあったので、ベビーを連れて行ってきました。
そこで、絵本「ぐりとぐら」に登場するのねずみの「ぐり?」のぬいぐるみをゲットしてきました!

ぐり

ほかにも、ベビーと同じ大きさのミッキーマウスや、クラッシックプーさんやサンタの格好をしたプーさんなど、いろいろもらってきました♪

そんなわけで、今日は「ぐりとぐら」の絵本について。

「ぐりとぐらのおきゃくさま」や「ぐりとぐらのかいすいよく」など、小さい頃に何回も読んだぐりぐらシリーズ。
そんなぐりぐらに、新作が加わってました。
といっても、2000年に発行されていますが。

タイトルは「ぐりとぐらとすみれちゃん」
ぐりとぐらとすみれちゃん

ある日、野ねずみのぐりとぐらの家に、大きなプレゼントを持って現れた女の子、すみれちゃん。すみれちゃんが持ってきた大きな大きなかぼちゃを使っておいしいかぼちゃ料理を作り、森のみんなと一緒に食べるお話です。

このすみれちゃん、モデルがいるそうです。

当時4歳だった、すみれちゃんという女の子だそうです。
残念ながら脳腫瘍のため、短い人生の幕を閉じたそうです。
そんなすみれちゃんが大好きだったのが、「ぐりとぐら」の絵本。
病院でいつも絵本を読んで楽しい時間を過ごしていたそうです。

すみれちゃんが亡くなったあと、お母さんが作者である中川季枝子さんに手紙を書き、文通をするなかで出来上がった作品だそうです。

この本もまだ直接読んだことがないのですが、大好きなぐりぐらシリーズなので、機会をみて買ってこようと思います。

どこでそんな話を知ったのかというと、「ぼくらのなかえはぐりとぐら」という、ぐりとぐらについて書かれた本で知ったんです。

ぼくらのなまえはぐりとぐら

この本は、絵本に目覚めた2年くらい前に買いました。

作者の中川季枝子さん、山脇百合子さん姉妹の対談にはじまり、
ぐりとぐらに登場するキャラクター紹介(うみぼうずやサンタクロースのおじさん、くま、かたつむりなども!)、
ぐりぐらのファッション(いつも同じような服を着ているように見えて実は衣装持ち!)、
制作裏話、海外でも活躍するぐりとぐら、
絵本の中に登場するカステラやクリスマスケーキ、にんじんキッシュ、かぼちゃのスフレケーキなど、どれも食べたくて仕方がなかったお菓子のレシピ、
ぐりぐらケーキ

カラー手袋を使って作るぐりとぐらの小さな人形、フエルトバッジ、子供服、折り紙版ぐりとぐら、などの作り方、

軍手ぐりぐら

読者がオリジナルで考えた「ぼくらの名前はぐりとぐら~」の曲、116曲(ちなみに、私の頭の中での曲はミッキーマウスマーチです♪)、

そして、最後に付録としてぐりとぐらの歌、9カ国語版朗読などが収録されたCDがついています。

ぐりぐらファンながらずとも、楽しめる1冊だと思います。

読み物としてもおもしろいので、ぜひ機会があったら読んでみてください♪













最終更新日  2006年02月19日 08時34分27秒
コメント(8) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.