3653003 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アジアを旅しよう!2号館 from ミャンマー

全3件 (3件中 1-3件目)

1

ブルネイ・ダルサラーム

2013/06/17
XML
 今日も,東南アジアで見た水上家屋だ。川や湖に家が建っていたり,浮いている。「アジアの水上家屋・後編」だ。
 今日は,ブルネイ・ダルサラーム編だ。だから,お題は,上記のようにした。
 このボルネオ島にある国は,石油や天然ガスで潤っており,国民の生活も豊かだ。よって,周辺国と比べて生活の水準が違う。物価も高い。しかし,個人に対する所得税などはないらしい。他にも,多くの生活保障がある。
 同じボルネオ島には,インドネシアやマレーシアもあるんだが,全然違う…

 すでに,’06年から何回かUPしているのだが,リニューアルしてのUPになる。画像サイズも大きくしている。
 ときは,’01年8月。かなり前になるが。

カンポンアイル’01Q
 船着き場だ。ボートが並ぶ。
カンポンアイル’01A
 陸地も,ちゃんとあるのだが,川の上で生活する人が多い。
カンポンアイル’01
 この水上家屋を「カンポンアイル」と言う。
カンポンアイル’01R
 陸地からは,ボートがひっきりなしに走っている。向こう側が水上住宅の1つだ。さらに向こう側に山が見えるが,住宅は陸地とはつながっていない。
カンポンアイル’01B
 ボート上からの撮影だ。ブルネイ川の上に家々が建っているのである。ここに多くの人々が住んでいる。多くのボートが,かなり高速運転している。よく衝突しないものだ。 
カンポンアイル’01S
 ボートに乗って見に行ったが,この辺りはコンクリートや鉄製の橋などがあった。浮いているんでなくて,川底からちゃんと建っている。住宅の前には,庭などもある。こんなところに緑がある。 
カンポンアイル’01J
 GSだ。やはり水上にあるのだ。もちろんボート用やな。浮いているのではなく,足場は下に固定してある。住宅なども,足場はちゃんと固定してある。他国にある船上の住宅とは違うのだ。
カンポンアイル’01C
 途中に店があった。上で,いろいろ見せてくれて,指さしで選ぶのだ。ボートの上からジュースを買う。上からカゴにジュースを入れて下ろしてくる。お金は,こちらがカゴに入れると引き上げる。こんな買い方,後にも先にも,ここだけだった!
カンポンアイル’01H
 おいおい!!滞在中に火事が起こった…すごい煙が上がっている。
カンポンアイル’01V
 木造のため火が回るのが速いようだ。
カンポンアイル’01I
 鎮火し,帰ってきた消防船。水上住宅に合わせた施設や設備がちゃんとあるのだ。 
カンポンアイル’01K
 その晩,TVのニュースで,その模様が流されていた。数日通った屋台街の食堂で夕食を食べながら,知り合った人々と「ちょうど見ていたけど,恐いねえ…」などと話した。
カンポンアイル’01D
 街を歩いていたら,陸地から橋を渡って直接行けるところを見つけた!
カンポンアイルの水上住宅

カンポンアイル’01F
 学校も,川の上にある。このときは,残念ながら日曜日で閉まっていた。平日に行ったらよかった…
カンポンアイル’01G

カンポンアイル’01L
 住人は,一介の旅行者の外国人の私にも,結構愛想よく陽気に接してくれた。
カンポンアイル’01E
 ほとんどの人が,「Welcome to BRUNEI!」,「Hello!」と声をかけてくれた。
カンポンアイル’01M
 この住人も,おもしろかった!
カンポンアイル’01N
 また,家から,下の川にいるカニを釣り上げて漁をしている人がいて,見せてもらった。住人に声をかけられて,紅茶をもらったりもした。本当に親切だ!!
カンポンアイル’01P
 カニ
カンポンアイル’01O
 子どもたちも,明るい!
カンポンアイル’01T
 陸地は,ちゃんと街になってます!
カンポンアイル’01U・オマールアリサイフディンモスク
 オマールアリサイフディンモスクの夜景

 この国で困るのは,イスラム教の関係でアルコールがないこと。しかし,裏ルートはあるようだ。ホテルで,小声で「ビールはどう?」と言われたが,このときはまだ海外ではあまり飲んでいなかったので断った。今だったら,即飛びついて頼むが!!
 同じくイスラムの国のバングラデシュでも,裏ルートでビールを飲んだ。どこにでも抜け道はあるようで…

 裕福とは言え,いずれ枯渇する地下資源に備えて,当時から政府はいろいろな対策をしていた。今は,どれぐらい変わっているんだろうか??

 ↓ はげみになります。 本当によいと思われた方,クリックをお願いします!! スマイル

 ↓2つのブログランキングに参加しています。クリックするだけでOKです。よろしくです。  
   ぜひぜひお願いします!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村 アジア旅行と海外旅行にエントリーしています。

 ※ 画面が完全に出るまでに戻ると,カウントされないことがあります。

クリックで,本サイトへ!
img1395.gif本サイト






最終更新日  2013/06/17 10:10:48 PM
コメント(22) | コメントを書く
2009/06/08
 また疲れているので,ショート編だ。ブルネイ・ダルサラームへ行ったのは,もう8年近く前になる。石油や天然ガスで,たいへん裕福な国だ。日本へも相当な割合で輸出されている。
 イスラムの国で,アルコールは禁止だ。しかし,どんな国でも抜け道はあるようで…

 昨日のシンガポールのモスクつながり,裕福つながりでUPした。ちなみに,ブルネイ・ドルとシンガポール・ドルは1:1の等価で交換できる。つまり,どちらの国でも互いに使えるのだ。

オマール・アリ・サイフディン・モスク.jpg
 首都バンダルスリブガワン中心部にある,オマール・アリ・サイフディン・モスクだ。毎日数回,スピーカーからお祈りの声が流れる。
オマール・アリ・サイフディン・モスク2.jpg
 夜景だ。モスクは,昼も夜も美しい。
オマール・アリ・サイフディン・モスク6.jpg
 撮り方を変えると…
オマール・アリ・サイフディン・モスク3.jpg
 周りを歩くと,前が池になっているところがある。
オマール・アリ・サイフディン・モスク4.jpg
 さらに回る。
オマール・アリ・サイフディン・モスク5.jpg
 カンポン・アイル(水上住宅)から眺める。右は,ヤヤサンSHHBコンプレックスだ。
ジャメ・アサール・ハサナル・ボルキア・モスク.jpg
 ジャメ・アサール・ハサナル・ボルキア・モスクだ。国王の個人の資産で建てられていて,4000人も収容できるそうだ。走行中にVTRで撮ったので,画像が流れている。
ロイヤルレガリア.jpg
 ロイヤルレガリア。王室の宝物の史料館である。ぜいたくなものがいっぱいあった。館内は,これ以上先は撮影禁止だ。屈強なグルカ兵(ネパールの戦闘集団)がたくさん警護している。建物の形は,モスクを模倣している。
イスラム民族衣装.jpg
 衣装を見ても,まさにイスラムの国だ。〈空港で〉

 眠たいので,以上!やっつけ仕事になってしまった。

 ↓ はげみになります。 本当によいと思われた方,クリックをお願いします!! スマイル

 ↓2つのブログランキングに参加しています。クリックするだけでOKです。よろしくです。ぜひぜひお願いします!
banner_04.gif人気blogランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ海外旅行とアジア旅行にエントリーしています。
 ※ 画面が完全に出るまでに戻ると,カウントされないことがあります。

クリックで,本サイトへ!
img1395.gif本サイト






最終更新日  2009/06/09 02:14:41 AM
コメント(4) | コメントを書く
2008/07/14
 ブルネイ・ダルサラーム(略してブルネイ)は,石油・天然ガスが豊富にあり,経済的にたいへん豊かな国である。天然ガスの90%は日本への輸出だ。石油と合わせても,40%ほどが日本向けらしい。
 この国は,周辺国と比べて生活の水準が違う。物価も高い。しかし,個人に対する所得税はないらしい。
 陸上に住宅があるのは当たり前に思われるだろうが,水上住宅(カンポンアイル)が多数あることは何回かUPしてきた。'07年3/18の日記の画像補足編だ。前の日記を読まれてからの方が,わかりやすいと思う。以前は,コメントを多くいただいた。'01年8月だ。

船着き場.jpg
 船着き場だ。ボートが並ぶ。
カンポンアイル3.jpg
 向こう側のカンポンアイルまで,ボートは全速力で走る。本当に速い!
カンポンアイルの中.jpg
 ボートに乗って見に行ったが,この辺りはコンクリートや鉄製の橋などがあった。住宅の前には,庭などもある。こんなところに緑がある。
カンポンアイルのスタンド.jpg
 以前もUPしたスタンド。水上にあるのだ。浮いているのではなく,足場は下に固定してある。住宅なども,足場はちゃんと固定してある。他国にある船上の住宅とは違うのだ。
カンポンアイル2.jpg
 陸地と直接つながっているところもある。右側は小学校。
カンポンアイル住民4.jpg
 くつろいでいる住民がいた。勝手に押しかけている外国人にも愛想良く話しかけてくる。この人たちには,紅茶をもらった。
カンポンアイルの住人と.jpg
 その住民と。見かけは強面の人が多かったが,優しくておもしろい人ばかりだった。
カンポンアイル住民3.jpg
 足下の川からカニを捕っていた人。足下で漁とは,おもしろい。
カンポンアイルのカニ.jpg
 そのカニだ。
カンポンアイルの住人.jpg
 子どもたちが元気に遊んでいるが,家の前以外は手すりがない!慣れているとは言え,怖い感じがする。
造りかけの橋.jpg
 造りかけの橋だ。この両側には,また家が増えるのか??政府は,かなり前から陸上に移転するように勧めているようだが,なかなか思うようにいかないようだ。やはり,水上がいいらしい。
バンダルスリブガワン市内.jpg
 バンダルスリブガワン(首都)市内。ちゃんと陸地も多くある。

 東南アジアで裕福なのは,ブルネイとシンガポール。通貨も互換性がある。互いの国で,そのまま使えるのだ。
 この国で困るのは,イスラム教の関係でアルコールがないこと。しかし,裏ルートはあるようだ。ホテルで,小声で「ビールはどう?」と言われたが,このときはまだ海外ではあまり飲んでいなかった。今だったら,即飛びついただろう。同じくイスラムの国のバングラデシュでも,裏ルートでビールを飲んだ。どこにでも抜け道はあるようで…('06年9/18の日記'07年2/24の日記で書いている。)
 裕福とは言え,いずれ枯渇する地下資源に備えて,政府はいろいろな対策をしているらしい。まあ,しばらくはゆっくりといけるだろうが。


 葬儀後の疲れもあり,また数日職場を離れていたので,いつものペースに戻れなかった。何か,宙を歩いている感じだった。まあ数日で戻るだろうが…

 ↓ はげみになります クリックをお願いします!! よろしくです!!スマイル

 ↓2つのブログランキングに参加しています。クリックするだけでOKです。よろしくです。ぜひぜひお願いします!
banner_04.gif人気blogランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへこちらも!
 ※ 画面が完全に出るまでに戻ると,カウントされないことがあります。

クリックで,本サイトへ!
img1395.gif本サイト






最終更新日  2008/07/15 12:47:19 AM
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR

プロフィール


うめきん

コメント新着

株式会社TIAM / 和田@ Re:ヤギのドートウッを食べる(10/24) うめきんさま はじめてご連絡させていた…
うめきん@ Re[1]:JAPAN EXPO 2018(11/02) lennon909さんへ  生きてます!  FBは…
うめきん@ Re[1]:JAPAN EXPO 2018(11/02) 京師美佳アメブロ転送用さんへ  ずっと放…
lennon909@ Re:JAPAN EXPO 2018(11/02) うめきんサン お元気でしょうか?
京師美佳アメブロ転送用@ Re:JAPAN EXPO 2018(11/02) 今週もよろしくお願いします 平成最後の一…
京師美佳アメブロ転送用@ Re:JAPAN EXPO 2018(11/02) 今週もお疲れ様でした 楽しい週末を、 お…
京師美佳アメブロ転送用@ Re:JAPAN EXPO 2018(11/02) 今週もよろしくお願いします。 東日本大震…
京師美佳アメブロ転送用@ Re:JAPAN EXPO 2018(11/02) 今週もお疲れ様でした^^ 楽しい週末を、…
京師美佳アメブロ転送用@ Re:JAPAN EXPO 2018(11/02) 日本は雨のスタートです。 今週も、よろし…
京師美佳アメブロ転送用@ Re:JAPAN EXPO 2018(11/02) 今週もよろしくお願いします 健やかな一週…

お気に入りブログ

牛乳チーズ作戦🥛🧀 New! 山ちゃん5963さん

澳門・香港を行く (… New! としひでちゃんさん

駅間歩き 丸ノ内線(… New! MoMo太郎009さん

こたろーとお豆腐食… New! babby0さん

この旅で唯一のニコ… New! ヨンミョン1029さん

ホテルでの朝食バイ… lennon909さん

日本語だったら… ガボちゃん♪さん

【Your Song】Elton … Hiro Maryamさん

大根をお供えするお寺 GKenさん

今日のお茶は中国紅茶 みん1001さん

バックナンバー

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.