1474134 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

海に片思い・・

PR

Profile


有亮丸

Calendar

Comments

イワコ@ Re:マイボート持ちは腰痛になる!?(08/01) はじめまして 私も先日 ゴムボートで出撃…
有亮丸@ Re[1]:チャレンジ企画(12/09) あいしーさんへ 明けましておめでとうご…
あいしー@ Re:チャレンジ企画(12/09) あけましておめでとうございます。 今年…
有亮丸@ Re[1]:チャレンジ企画(12/09) マルボーズさんへ 本命はヤリイカなんで…
マルボーズ@ Re:チャレンジ企画(12/09) おー、マルイカ。 ヤリより旨いじゃないで…

Archives

Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019

Category

Jun 19, 2010
XML
カテゴリ:エピソード

 




☆転覆→溺れる と言う経験しょんぼりしょんぼり


2009年12月前半、その日は天気予報では晴時々曇り、

波の高さは1mのち1.5mでうねりをともなう。

風は北寄りの風2m、のち4m。



低気圧の影響でうねりをともなってはいるが、1mのち1.5mだったら

「問題ない」大笑い大笑い大笑い

と思い以前から予定していたとおり長者ヶ崎沖のポイントを目指して

友達の「O君」と二人で出航した。


出てみるとほぼ無風のベタなぎ、天気も晴天で絶好の釣り日和!
大笑い大笑い大笑い

私たち以外にも手漕ぎボート、ウィンドサーフィン、パドルサーフィン、

シーカヤックと初冬というのに多くの人たちが海に繰り出していた。


心配していたうねりも「多少」程度しかなく気持ちよく釣り糸をたらし始めた。


その時の狙いは「イナダ」、ポイントは深さ40m前後と岸からは

かなり遠い距離で遊んでいたが釣れるのは「ヒメコ」や「エソ」、

「ソウダガツオ」など。しょんぼりしょんぼりしょんぼり


途中水面直下を銀色の魚体が見え隠れしていたので

「何だろう?」と仕掛けを入れるとそれは「ペンペン(シイラの子供)」

コマセを巻くとどんどん寄って来るのでしばらくはサイトフィッシング

を楽しんだ。スマイルスマイルスマイル


その後、本命のイナダはまったく釣れず時間だけが過ぎていった。


午後になると予報のとおり風が強くなり、波がだんだん出てきて

うねりも大きくなってきていた。しょんぼりしょんぼり


12月前半ともなるともう冬なので気温も日中とは言え12~3度前後という寒さ。


魚も釣れなくなってきて寒いし海況も悪くなってきたのでまだ13時頃

だったが船長判断で「ちょっと今日はもう上がった方が良さそうだね」

と沖上がりをする事にした。大笑い大笑い


仕掛けを片付け、エンジンをかけ出航場所に戻ろうと舵をきる。


たまにうねりでボートが浮く・・・しょんぼりしょんぼりしょんぼり


けっこううねりがきついなあ・・・怒ってる怒ってる怒ってる


前方300mほど先を見ると、長者ヶ崎付近の浅い岩礁帯のところで

波が何度もブレイクしているのが見えた。びっくりびっくり


この辺の地形は暗岩などが多く波が起こりやすいのは分かっていたので

100m手前ほどから長者ヶ崎の岩礁をさけるために遠回りする判断をした。



相変わらず先では波が何度もブレイクしている・・びっくりびっくり


「あそこを通ったら死ぬね、遠回りして正解だね!」


と友達に話しかけた・・・・その時!!! びっくりびっくりびっくり






ボートの後ろ側10mほどのところの波が盛りあがり推定2~3m


の大波が今にも崩れそうになっているのが目に入った!!!号泣号泣




「やばいやばいやばい!!O君!!後ろ!後ろお~!!!!!!!!」

びっくりびっくりびっくりびっくりびっくり



「ゴゴゴゴ、、ドッザーン!!!うわあああああああ~!!!」




ボート後方からまともに受けた波はボートを縦に軽く1回転させた!





当然我々は海に投げ出された!!! 号泣号泣号泣



俗に言う「転覆」である。号泣号泣号泣号泣


つづく・・・







Last updated  Jun 19, 2010 01:21:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
[エピソード] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.