152044 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

海風に吹かれて

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Headline News

Archives

2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

Category

Favorite Blog

まだ登録されていません

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

健康

2011年08月16日
XML
カテゴリ:健康

とりあえず、膵臓癌の患者には朗報である...

7月1日、中外製薬は、エルロチニブ(タルセバ)について、
治癒切除不能な膵癌にゲムシタビン(ジェムザール)と併用投与することへの
適応拡大が承認されたと発表した。
エルロチニブ(タルセバ)が承認されることになり、膵癌に適用される抗がん剤は、
ゲムシタビン(ジェムザール)、TS-1に次いで始めて分子標的薬が使えるようになった。


『 タルセバ適正使用、「厳重な体制でやる」-中外 』
医療介護CBニュース 7月8日(金)22時3分配信

 中外製薬ファーマコビジランス部の高橋洋一郎統括マネジャーは7月8日、
同社の抗がん剤タルセバの説明会で、同剤の適正使用について講演した。
同剤は1日に「治癒切除不能な膵がん」の追加適応を取得したが、
国内フェーズ2試験では重大な副作用の間質性肺炎の発現率が8.5%(106例中9例)に上っており、
高橋氏は適正使用に向け、
「かなり厳重な体制でやっていく。適正使用を進め、
患者様に不測の事態が生じないよう進めていきたい」と述べた。

タルセバは2007年10月、
「切除不能な再発・進行性で、がん化学療法施行後に増悪した非小細胞肺がん」
の適応で製造販売承認を取得済み。
高橋氏によると、非小細胞肺がんを適応として実施した国内フェーズ2試験での
間質性肺炎の発現率は4.9%だった。
膵がんに対しては、ゲムシタビンと併用して治療を行うが、
間質性肺炎の発現率が非小細胞肺がんの治療に用いる場合よりも高いことから、
「承認審査に際し、医薬品医療機器総合機構(PMDA)や厚生労働省と相談し、
膵がんにおいては国内臨床試験と同レベルの安全対策が必要」との結論に至ったという。

安全対策については、膵がん患者にタルセバを処方できる施設として、
▽厚生労働相が指定するがん診療連携拠点病院や特定機能病院
▽入院またはそれに準ずる管理下で重篤な副作用発現に関する観察を十分に行うことが可能
▽間質性肺炎に対する適切な処置が可能―などの施設要件を設定。
また、処方する医師についても、日本膵臓学会、日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会
のいずれかに所属しているなどの要件を満たしていることや、
タルセバの臨床試験成績や添付文書情報を学ぶE-learningの受講を求めるとしている。

また、杏林大医学部内科学腫瘍内科の古瀬純司教授は、
国内フェーズ2試験での間質性肺炎の発現症例について説明。
古瀬氏によると、性別や年齢層に関係なく発現している一方、
9例すべてが過去に喫煙歴があるか現在も喫煙している症例だったという。
このため、古瀬氏は「体力があって若い人、喫煙歴がなく肺疾患がない人に、
まず使っていく必要があるのかなと思っている」と述べた。

さらに、同剤の適正使用のため、患者に対しては
「理想の夢のような薬ではなく、間質性肺炎という死亡につながるような
重篤な副作用も懸念されている薬ということを理解していただくことが大切」などと述べた。







Last updated  2011年08月16日 14時55分34秒
2011年07月06日
カテゴリ:健康

漢方薬として使われてきたごぼうの種の成分が、
すい臓がんの治療に役立つ可能性があることが
富山大学などのマウスを使った実験で分かり、
治療薬の開発を目指して臨床試験が始まりました。

この研究は、富山大学の和漢医薬学総合研究所と、国立がん研究センター、
それに富山県高岡市の製薬会社が、共同で取り組んでいるものです。

研究グループは、自覚症状がほとんどなく、
手遅れになることが多いすい臓がんの治療に漢方薬を利用できないか調べるため、
500種類以上の漢方薬の成分を試験管の中のすい臓がんの細胞に直接投与したところ、
解熱剤として使われてきたごぼうの種に含まれる
アルクチゲニンという成分にがん細胞を小さくする効果があることが分かりました。

また、すい臓がんを発症させたマウスにアルクチゲニンを口から与えたところ、
およそ1か月後には、投与しなかったマウスに比べて
がん細胞の成長が3分の1ほどに抑えられたほか、
アルクチゲニンを与えたマウスでは与えないマウスの
倍の100日程度生きていたケースもあったということです。

実験結果を受けて研究グループは、先月下旬から、
すい臓がんの患者に顆粒状にしたアルクチゲニンを服用してもらう臨床試験を始めており、
安全性や有効性を確認できればすい臓がんの治療薬として開発を進めることにしています。

富山大学和漢医薬学総合研究所の門田重利教授は
「ヒトに対しても治療効果があることを証明し、
すい臓がん患者を助けられるよう新しい薬を作りたい」
と話しています。







Last updated  2011年07月06日 15時03分00秒
2011年01月06日
カテゴリ:健康

新年早々、また朗報が飛び込んできた。

医学の進歩には本当に畏れ入るものがある。


薬効かないがんにトロイの木馬 極小カプセル投与法を開発


写真は、蛍光物質で緑に着色したカプセルが、左側のがん細胞(青色)に侵入した様子。
細胞内で抗がん剤を放出した部分が黄色に変化している(米サイエンス誌提供)

 

抗がん剤を封じ込めた極小のカプセルを使って、
通常の方法では薬が効かなくなったがん細胞に効率的に抗がん剤を送り込む方法を開発したと、
片岡一則東京大教授らが5日付の米医学誌に発表した。

 カプセルは、標的となる細胞の核の近くに到達後に壊れ、
抗がん剤が出てくるよう設計しており、
抗がん剤を効かなくするタンパク質の影響を避けられるという。
片岡教授は「本丸の近くで一気に敵をやっつける『トロイの木馬』のようなものだ」と話している。

 通常の抗がん剤が効かなくなった大腸がんのマウスに蛍光物質で着色したカプセルを注射すると、
12時間後にがん細胞の中にカプセルが侵入、
抗がん剤を放出したことが顕微鏡で観察できた。
がんは、通常の方法で抗がん剤を投与した場合の5分の1程度に小さくなったという。

2011/01/06 04:02   【共同通信】







Last updated  2011年01月06日 15時36分37秒
2010年09月05日
カテゴリ:健康

またまた医学の進歩を顕す朗報が飛び込んできた!

どんどん現場医療に取り入れてほしいものだ。


マウス体内でラットの膵臓=iPS細胞利用し作製―再生医療へ応用期待・東大

マウスの体内でラットの膵臓(すいぞう)を作ることに成功したと、
東京大医科学研究所の中内啓光教授らが3日付の米科学誌セルに発表した。

身体の多様な細胞に変わる万能細胞「人工多能性幹(iPS)細胞」を利用した成果で、
この膵臓はインスリンを正常に分泌する機能があった。
将来、ブタの体内でヒトの膵臓を作り、糖尿病の患者に移植できれば、
再生医療が実現すると期待される。

中内教授らは、膵臓が形成されないように遺伝子操作したマウスの受精卵(胚=はい)に、
ラットのiPS細胞を注入し、マウスの胎内に戻した。
誕生したマウスが成長すると、ラットのiPS細胞が膵臓に変わり、正常に機能していた。
この技術は「胚盤胞(はいばんほう)補完法」と呼ばれ、
受精卵を壊して作る万能細胞「胚性幹(ES)細胞」をマウス胚に注入する方法では成功例があったが、
iPS細胞を注入する方法は新しい。

山中伸弥京都大教授らが開発したiPS細胞は、皮膚などに3、4種類の遺伝子を導入して作る。中内教授らは、ブタの体内でヒトの膵臓を作る基礎研究として、
今年7月、ブタの胚にヒトiPS細胞を移植して、
試験管内で短期間だけ培養する研究計画を文部科学省に申請し、承認を得た。
しかし、現在の研究指針では、この胚をブタの胎内に戻すことは禁止されている。 







Last updated  2010年09月06日 00時28分14秒
2010年07月15日
カテゴリ:健康

またまたがん治療に関する、新たな朗報が届いた!
ホントにありがたいことです。

以下はその記事の全文です。


<膵臓がん>血管修復で増殖抑止 新治療法に…旭川医科大
7月14日11時11分配信 毎日新聞

旭川医科大などの研究グループは、
骨髄細胞を移植してがんの周辺の血管を修復・再生し、血流を改善する新たな方法で、
膵臓(すいぞう)がんの増殖を抑えることに動物実験で成功した。
がんの周辺で血管が乱造されるのを食い止め、
がん細胞を「兵糧攻め」にする従来の治療法とは正反対で、
膵臓がんなど治りにくいがんの新たな治療法になるという。
13日付の米がん学会誌「キャンサー・リサーチ」電子版で発表した。

がん細胞が増殖すると、酸素や栄養を運ぶため無秩序に細い血管が増える。
近年、薬で血管の乱造を防ぐ治療法が注目され、
大腸がんや肝がん、腎臓がんなど、血流量の多い臓器がんに効果がある。

ところが、同大の水上裕輔講師(消化器内科学)らが膵臓がんを調べた結果、
細い血管の乱造が血液の流れを乏しくし、腫瘍(しゅよう)内が酸素不足になり、
低酸素状態を好む、膵臓がんなどのがん細胞の温床になっていた。

このため、血管再生を促す骨髄細胞を培養してマウスに注入。
がんの周囲の血管が正常に形成され、腫瘍の増大を大幅に遅らせることができた。
血流改善で抗がん剤が腫瘍内に届くようになったためという。
転移が進むこともなかった。

水上講師は
「患者本人の骨髄細胞を培養して移植するには課題も多く、
簡単に採取できる血液細胞を使う方法も研究中。
治りにくいがんの新たな治療法として実現したい」と話す。







Last updated  2010年07月15日 09時28分30秒
2010年06月02日
カテゴリ:健康

<iPS>抗がん細胞作成に成功 理化学研
6月2日1時6分配信 毎日新聞

人工多能性幹細胞 (iPS細胞) から強力な抗がん効果のある特定のリンパ球のみを
大量に作成することに、理化学研究所のチームがマウス実験で成功した。
作ったリンパ球をがんのマウスの体内に入れて活性化させると、
抗がん効果を発揮することも確かめた。
がんの免疫細胞療法での応用が期待できるという。
1日付の臨床試験に関する米科学誌 (電子版) で発表した。

リンパ球の一種 「ナチュラルキラーT (NKT) 細胞」 には、他の免疫細胞にも働きかけ、
がん細胞を直接または間接的に殺す作用がある。

理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの
渡会 (わたらい) 浩志・上級研究員 (免疫学) らは、
マウスのNKT細胞に4種類の遺伝子をウイルスに運ばせて
NKT細胞由来のiPS細胞を作った。
これをリンパ球に分化させると、すべてNKT細胞になった。

生まれつきNKT細胞を持たないマウスにがんを移植し、
続いて作成したNKT細胞と活性化物質を静脈に注入すると、
がんは大きくならず、マウスは1年後も生き続けた。
一方、NKT細胞を持つが活性化させなかったマウスは、
がん移植後平均約1カ月で死んだ。

チームは千葉大と連携し、これまでに人間の体内のNKT細胞を活性化させて
がん細胞を攻撃する新たな免疫細胞療法を開発。
末期の肺がん患者を対象にした臨床試験で、
従来の治療法より高い効果を確認しているが、
もともとNKT細胞が少ない患者では効果が低かった。
事前に体内のNKT細胞を増やせば効果が高まると想定されるが、
特定のリンパ球を大量に作る手法はこれまでなかった。

渡会上級研究員は
「将来、患者のNKT細胞を基にiPS細胞を介して大量のNKT細胞を作り、
患者に戻すことができれば、より効果的な治療法になる」と話している。

四つ葉

できるだけ早く実用化してほしいな。







Last updated  2010年06月02日 14時47分54秒
2010年01月31日
カテゴリ:健康

あと 30分ほどで 2010年1月が終わる。

「早いもので・・・」 って言いたくないけど、月日の経つのが早い。(汗)


今日はグランシップ11階会議ホール・風で行なわれた、

オレがお世話になってる県立総合病院主催の、

「 平成21年度 がん医療公開講座 」 を聞きに行って来た。

今日は 『 PET検査 』 と 『 肺がん 』  についてが主題だった。

去年も参加させてもらったが、ホントに医療技術の進歩には驚かされる。

日進月歩という言葉がまさにピッタリあてはまる。

ただやはり “ がん ” についてはまだまだ研究の余地はあるようで、

有効な治療法が心の底から待たれるところだ。

次回は2月21日に行なわれるが、テーマは、

『 皮膚腫瘍 』 と 『 膵臓がん 』 だ。


次回は居眠りしないでちゃんと聞くぞ!(笑)







Last updated  2010年01月31日 23時35分52秒
2009年07月29日
カテゴリ:健康

090727_虹-1.jpg


先日、東京の友人(海風@S)が送ってくれた。

降り続く雨の間隙をぬって、ほんのつかの間、

都心に降り立った 虹・・・。

この間の皆既日食もそうだが、

自然の不思議と雄大さをまざまざと感じさせてくれる。



また音楽を愛するひとりのミュージシャンがガンに倒れた。

川村カオリ さん。

享年 38才。

ご冥福をお祈りいたします。







Last updated  2009年07月29日 10時23分42秒
2009年05月14日
カテゴリ:健康

先日のこと。

朝、起きてからなんか調子が変だな~、と思いつつも、
前の晩の帰宅が遅かったため、
風呂に入ってなかったものだからシャワーを浴び、
午後に出掛けるまでの間ブラブラすごしていたら、
だんだんと身体の動きが重くなってきたが、
それでも必要な用事があったため出かけた。

用事を済ませ、夕方帰宅する頃には身体は鉛のように重く、
階段1段をやっとの思いで登る始末。

なんとか4階の自宅にたどり着くやいなや、ダウン!
熱を測ると、なんと!37,8度!!

すわ!ぶ、豚インフルかっ!!!

と恐怖におののいたと同時に、睡魔にも襲われ、
気がつくと翌朝の8時を迎えていた。

即、体温計で測ると、36,8度。

身体も前日のような重さは無く、普段と同じような感じ。
ホッと胸を撫で下ろしたわけである。

今思えば、ちょっと無理が重なり、疲れがたまっていたせいだろう。
なんとか睡眠を十分とったおかげで事無きを得ました。

このタイミングなので、一時はそれこそ血の気が引いたが、
本当に安心しました。


またゆっくりとお話したいが、
オレは手術の後、体質が変わったと確信している。
もちろんイイ方向に、だ。
手術後は病気ひとつしていないのだ。
不思議なものである。

心底、健康のありがたさが身に沁みる今日この頃です。







Last updated  2009年05月14日 20時30分10秒
2009年04月06日
カテゴリ:健康

4月 6日。

あれから2年。

あの日と同じ、春の陽射しが降り注いでいる。

2年前の今日は、ほとんど1日中眠ったまま過ごした。

今日でひとつの小さな、

だけど、ものすごく大きな山を越える。

731日、生かせてもらったことに感謝。

そして、また次の山に向かってしっかりと一歩ずつ歩いて

“ 生きたい ”







Last updated  2009年04月06日 08時35分38秒

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.