214379 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日の立つまちの海鵜のときめきブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


UMIU

カレンダー

バックナンバー

2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

日の出

(6)

風景

(38)

自然

(8)

できごと

(68)

たのしみ

(12)

(3)

街なか

(1)

動物

(9)

草花

(13)

言葉

(1)

(0)

郷土

(5)

産業

(0)

いきもの

(5)

コメント新着

obaba@ Re:生きています。(03/21) きょう、テレビで3.11の特集をやっていて…
よだみな@ Re:生きています。(03/21) また、あんこう鍋と岩盤浴をしたいと思っ…
nao@ 生きています。 寒くなってきましたね どうなさっているの…
埼玉 永井@ Re:生きています。(03/21) 皆様がご無事でなによりです。 私たちに…
obaba-53.7@ Re:生きています。(03/21) UMIUさん、お元気ですか、 朝のない夜は…

お気に入りブログ

今日の空色 PひよこPさん
PORTAMI CON TE。。。 ciao-chie.さん
Showers with Sunny … Tama_さん
下町の外れから akmatsuさん
お花を植えましょ obaba-53.7さん

フリーページ

あんこう取材記事


あんこうの七つ道具


あんこう吊るし切り


今週のベストショット全集(2.23)


かさま陶雛まつり~桃宴~


小さな花たちの物語


橙色の空


誕生日の朝


夜の光


韓国からの素敵な三人娘


熊野神社の雨のさくら


高台から見た日立


国営ひたち海浜公園の風景


1000匹の鯉のぼりたち


みはらしの丘のネモフィラ


小木津山自然公園で森林浴


春の袋田の滝(新緑)


浜昼顔が咲く季節


かみね動物園の動物たち


赤浜海岸の磯の生き物たち


黄門様の隠居所・西山荘


サンドアート体験記!


お台場の自由の女神


雨上がりの朝の空~♪


サンドアートin河原子


うのしま週末の海岸


夏の或る日のスナップ


夏に咲く5つの花たち


夏の袋田の滝(瀑水)


館主のホ~ラ噺し三部作


ボビー一家がやって来た!


我が家の息子の体育祭


我が家のハナちゃん ! 


新宿のまつりの風景


大きなパラボラアンテナ


350年前の古民家


裏庭に咲いた悲願花


きてみてコキアカ~ニバル♪


海鵜の飛来する季節


裏庭に咲くホトトギス


波しぶきに歌う海鵜たち


紅葉♪黄葉♪高揚♪花貫渓谷


小さい晩秋み~つけた


晩秋の太田尻の朝四景


海岸に届いたもの


見上げる東京タワ~♪


黄門さまの好きな日の出


朱に交われば明るくなる


初雪の朝の裸島


冬の袋田の滝(氷瀑)


穏やかな太田尻海岸


美しいグミ島の朝


夕焼けの助川山


空の上からこんにちわ


春一番の空模様


春の香りはよきかな


鵜の島の夏休み


ニューストピックス


鵜の島温泉旅館



 「朝日の立上る光景は秀霊にして偉大なること領内随一」
 黄門様が絶賛した日の立つまち日立で旅館を営む三代目館主は

 ふしぎがりやです。毎日が生まれてはじめての体験ばかり!
 日々の出会い!オドロキ!ときめき!などを書き綴っています。

 ちょっと寒いオヤジギャグも入ってま~す。(^-^)g"


2011.03.21
XML
カテゴリ:できごと
東北関東大震災により被災されましたみなさまに
心よりお見舞い申し上げます。

今もなお被災地で懸命に戦っている多くの作業員の
みなさまに心より敬服いたします。

生きて再びこのブログに書き込みができるこの幸いを
深く感謝いたします。

本日…義妹のパソコンを借りて慣れないキーボードを
打ちながらなんとかブログを開いてみましたら…

多くのみなさんから温かいコメントの数々がが寄せられ
ており…ひとつひとつ噛みしめてゆっくりと読みながら

つながっていることのありがたさをしみじみと感じて
張り詰めていた心が解けていくのを感じています。


   本当にありがとうございます。


そして…なかなか書き込みがでいないままご心配を
おかけして申し訳ありませんでした。

     **********

気の遠くなるような長い揺れの中でモノが散乱し器が
砕け散る音が響き…館内が瞬間にして見知らぬ風景と
化しました。

何が起こっているのかの事態をつかみとれないままに
持ち逃げるものをかき集めていましたが…

嫁さんが「波が高くなってきた~!」と叫ぶ異常な声に
我に返り車に飛び乗り避難いたしました。

 その後…津波が我が家を三度襲ってきました。

幸い家族全員無事で再会し…今は近くの高台にある
叔母の家で避難生活を送っています。

我が家は海岸の前の大変ロケーションの良い場所にあり
ましたが…今度ばかりは地震と津波で建屋の中も外も
かなりのダメージを受けてしまいました。

いつ旅館を復旧できるのか…今は遥か遠い未来のように
感じています。

しかし!
失った昨日までを悲しむよりも
今日の一歩を未来に向かって踏み出し続けています。

 今は何度もくる余震を感じながら片付けの日々です。

昨日あったものが今日あるとは限らない人生…
一期一会の言葉をかみしめています。

地震源がどこであったかで、もしかしたら既にこの世に
いなかった生命かと思うと…

一度死んだ立場でゼロからの再出発をしていく所存です。


     **********


さて!それにしても
自然のもたらす大いなる恵みと悲しみは背中合わせです。

携帯で撮った写真の日の出は大地震と大津波がが襲って
きた二日目の朝のものです。

人の命を奪い多くのものを流し去っていった悲しみの
中でも太陽は昇ってきます。

海岸には漂流していた一艘の漁船が流れ着きました。
海中の裸島も砕けて形がまったく変わってしまいました。









最終更新日  2012.03.12 02:21:27
コメント(49) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.