012777 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

随筆の樺の木

全3件 (3件中 1-3件目)

1

映画

2008.08.26
XML
カテゴリ:映画
ふと、
誰かに呼ばれるように『ハプニング』(Mナイトシャマラン監督)を観に行った。

※以下ネタバレにご注意

映画が始まるまでに、我々はポップコーンを食べたり友人や恋人、そして家族と談笑している。こちらが映画を「観てやる」という意識で座している。
しかし、逆に映画がこちらを「観ている」ような胸騒ぎを感じる。
冒頭の雲が流れていく場面。
息苦しさのような時には嘲笑の表情さえ垣間見えるような無気味な雲である。

観客、とくに後ろにいた女子中学生2人は「え、もうはじまったん?」という感想をもらした後すぐに映画とはまったく方向の違う話題に向かってしまう。

依然として悠然と雲は流れていく。

そこに突如として、切り替わる公園の場面で、その公園に集うすべての人が足を止める。大勢の人がシンクロして、動く時はなぜか笑いを誘うけれど、その止まった姿勢のまま大勢の人は自殺をするのだ。

何かが彼らを襲った。その時、雲に退屈していた観客もドッキリしてしまう。

ある原因があってアメリカ東海岸に自殺をする人々が増加していく。

その原因は目に見えない。目に見えないものから、逃げる恐怖。

映画をみていてホラー映画に関わらずどうしてアメリカの映画は何かから逃げる映画がかくも多いのだろうと思った。

ハリケーンやアナコンダ、隕石、浸水、ロボット、恐竜、サメ、宇宙人、老い……。

立ち向かうのは、男と女のペアである。老いは男と女の闘いかもしれないけど。









Last updated  2008.08.27 00:49:25
2008.06.26
カテゴリ:映画
モノクロの映像に、音楽が追いつかないような印象を受けました。
考えてみたら、今までにみた白黒映画の声や音楽って映像とは異なる時間で響いている感じがします。あくまでも、印象なんですが……。やっぱりアフレコとかの差なんですかね。
でも色のない世界に音楽は覆いかぶさるような働きを持つのではないか。たとえばノルシュテインのきわめて色を意識的につかいながらも、基本的には白黒で構成されるようなアニメにもそれは顕著かもしれない。
ミュージッククリップのような映像では、カラフルな色彩がおしだされる場合がある。
色彩感の豊かな映像に、リズム豊かな音楽が使われるということは、逆にいえば、白黒の映像ではリズム豊かな音楽とズレが生じてしまうんじゃないか。

でもルノワールの映画もしくはノルシュテインの映画にも共通すると思うんだけど、白黒の映像にかぶさっていくような音楽はまるで映像を小箱の中にそっとしまいこむような感じがする。それは一瞬のひらめきにかけるミュージッククリップにない物語を持つ映像が積み重ねてきたものかもしれない。






Last updated  2008.06.26 21:58:19
2008.05.24
カテゴリ:映画
映画には、ある種の偶然がつきまとう。
今日はそんな映画が起こす奇跡のような出会いが、幾つかありました。

奈良を拠点に活動中の音楽レーベルsukima industriesが古書喫茶ちちろで
シネマの不意撃ち】という上映会イベントを5月24日と5月25日の二日間で開催しています。

ぼくはそんなイベントに参加するのは、初めての体験でした。
古書喫茶ちちろは、時の流れの中に残された街にたたずむ隠れ家のようで、とても羨ましかった。
木造のおもむきある喫茶を、大粒の雨が襲います。
スクリーンが雨に包まれたように、映画の時間をすごせた幸せ者たち。

『百年の絶唱』は確かにスガさんが、井土監督を「映画の黄金時代に置いてみたいような雰囲気を不断にたたえている」という風にフィルムからは堂々とした王道の匂いがたちこめてくる。

過去にこだわる監督なのかもしれない。しかし映画は現在形でしか撮りえない。
胸が引き裂かれてしまうような葛藤と不意の狂気が恐ろしいのだ。

懇親会では井土監督や吉岡文平さんともお話することができた。
巡り巡って、会話がいろんなところに弾み、めちゃめちゃおもしろかった。

5月25日も開催されていますのでお近くの方はどうぞ!






Last updated  2008.05.25 01:42:22

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR

Profile


藤田朋文

Category

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

藤田朋文@ ネットってすごい! どうも、はじめまして。緊張しています、…
やずや・やずや@ はじめまして はじめまして。突然失礼いたします。 ゼ…
藤田朋文@ ただいまをもちまして 青野聰『人生の日付を求めて』を読むこと…
藤田朋文@ 光栄です。 ようこそ、木戸さん!マイブログへの投稿…
木戸善時朗@ 論じてほしいもの こんにちは、初めて投稿します。木戸善時…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.