013119 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

随筆の樺の木

全6件 (6件中 1-6件目)

1

小説を読書

2008.10.09
XML
カテゴリ:小説を読書
奥泉光『バナールな現象』の読書会を開く。
参加者は四人だったが途中で一人抜けてしまい実質は三人で行うことになる。正直、読書会で今日ほど盛り上がらなかった回はなかったと思う。
まず題材が複雑な構成が失敗を呼んだのかも。
湾岸戦争と同時期に発表された本作は当時の湾岸戦争がまるでテレビゲームのようにしか見えなかった(「nintendo war」と揶揄される)こと、リアルに触れることができなかったことに結びつけて、時系列を欠いた物語で突拍子もないフィクショナルな事件や戦争が脈絡なくでてくる。ほんとうにそれこそゲームのように。
一回、読んだだけじゃどこがどうなってこうなったのか、ちんぷんかんぷん。大江健三郎の『個人的な体験』をもとにしているそうですが、筒井康隆の『脱走と追跡のサンバ』を思い出しました。

そしてこの小説はよく「砂漠」がでてくる。主人公の木苺(きいちご)はニーチェの研究者だけあって、ニーチェの『ツァラトゥストラ』の砂漠(ヨーロッパの人間中心主義から逃れるための自由になるための砂漠?)をモチーフとしているそうですが、ぼくはよく分からず、友達もそうなのか?て感じだった。
話はずれるけど、あと浅田彰『構造と力』の最後の「砂漠へ」も気になる。そしていとうせいこうの小説『ワールズ・エンド・ガーデン』でも「砂漠(デゼール)」って単語が散見されたと思う。

一体、砂漠ってなに?

って問題にせまろうとしているのが東浩紀のゼロアカ道場のやずや・やずやさんなんじゃないか。ゼロアカの公式ホムペでやずやさんの自著の素晴らしい構想が読めますが賛否両論が激しく分かれると思う。友達はけっこう批判的な意見でした。

そして耳よりな情報。
いま「団地」を舞台にした小説を書こうと思っているんだけどって友達に話をしたら『見張り塔からずっと』ていう重松清の作品がどうやら団地ものらしい。俄然読みたいって思ったのは上野千鶴子の『家族を容れるハコ 家族を超えるハコ』。これはなんと団地論だそうだ!はやく読みたい。






Last updated  2008.10.09 10:51:41
2008.08.27
カテゴリ:小説を読書
♪ちゃーららら…ららら…らーっらら…るーるるるる

みなさんごきげんよう。あちこちで藤田という苗字をみかける藤田です。

今日ミクシーで、『アメリカ 非道の大陸』(多和田葉子)のレヴューを書き、以前にレヴューを書かれた人のをおぼろげに読んでいたのですが、小説の世界を手繰りよせる素晴らしいお方に出会えました。

ここに勝手にではありますがご紹介させていただきます。
まっしろな気持ち






Last updated  2008.08.27 11:29:46
2008.07.29
カテゴリ:小説を読書
『白バラ四姉妹殺人事件』
その小説の巧みなことに、野望を刺激されてしまい…こんな現代作家がいたとは…おらは、田舎モンだったとただただ恐縮の日々に、明るい嫉妬をこめて書く鹿島田への讃辞と決意。

デュラスをほうふつ、というかもうほとんどデュラスが書いたんじゃ?
と疑いの目を向けてしまう自分が悔しすぎるほど天と地の差を感じた小説。
とりあえずここ一週間はデュラスと鹿島田から、勉強しよう。

そしてラブレーを読むぞ。なんとなくだけど、やっぱり自分の中で心の師を見出しておくのは良いことかも。
自分の世界と伸縮が上手くかみ合えば、
というかできれば卒論に小説創作ではなくてラブレーの研究をやろうかな。






Last updated  2008.07.30 10:01:53
2008.07.19
カテゴリ:小説を読書
『鳥類学者のファンタジア』を読み終えての奥泉光二冊目。
以前の作品はエンターテイメントとしての読みやすさ追求のために、あえて手をぬいて書く箇所が見られた。
しかし本作は圧倒的な筆力を最後まで貫く姿に死してなお行軍する兵士のような印象を重ねる。
<死>を目的に行軍する兵たちは、いささか浪漫的であるという会話が出てくる。
そして時に文章のあいまあいまに出てくる<希望>という言葉。
この二つは、この小説の中で同じような頻度で出てくるんじゃないか。

いつから歩きだしたのか、ほとんど思い出せないのは、歩きながら眠るせいである。

……とたびたび挿入される上の文章が示すように、熱病に浮かされるような意識の中で行軍をしているかと思うと、急に花見をする現代人の会話に移行する。

/があった展開が序所に消え去っていき、区別がなくなる。あらゆるものに対しての。
味方/敵、食えるもの/食えないもの、信じるもの/信じないもの。

夢のような、現のような境界を欠いた行軍に、引き込まれてしまう。






Last updated  2008.07.21 13:34:41
2008.07.07
カテゴリ:小説を読書
フォギーの出たとこ勝負の精神が(ジャズの精神)が、小説の突拍子もないワープと呼応し、予測不可能のまさにジャズの演奏のように小説がめぐっていて、受け身的であることが同時に攻撃的でもある主人公の性格が効果を発揮している。

しかし第二次世界大戦を背景にしつつも本格的な戦闘描写はおよそ現段階で一か所ぐらいしかなく、その場面もワーグナーの音楽を想起しつつ、一瞬の世界感をとらえるような短い文章である。

これと比べて『五分後の世界』の戦闘描写は半端なく長い。それはフォギーが戦闘のプロでないから、逃げるのがやっと、そして一瞬を切りとるようにしか世界をみれない余裕のなさをフォギーの目線は示しているのに対して小田桐(『五分後の世界』)は覚悟をきめてゲリラの目線で戦闘をとらえているからか。

その戦闘の欠如という点においても、『鳥類学者のファンタジア』は「今・ここにないもの」を追い求めているような気がする。戦時下という状況は漂っているが見えない現実。そしてファンタジアなのにどちらかというとSFっぽい展開。というか題材はSFなんだけどファンタジー要素ですすむというか。

いずれにしてもロマンである!(適当な終わらしかた…)






Last updated  2008.07.07 13:29:39
2008.06.21
カテゴリ:小説を読書
気づいたら、もうすぐ半分ですがまったくストーリーの予測ができない。
こんな芳醇な伏線がどう、ひとつの糸に紡がれるのか、疑問と心配がわきます。

小説の語り手が語り手を意識しているのは、ありそうでなかったかも。この語り手が主人公のフォギーと同一人物なのかよくわからない。それというのも、過去の自分のことを語るようで一人称単元にきわめて近くフォギーの主観に入り込むときも、あれば冷徹なほど距離をとる場合もある。

哲学をテツガクとかわいく女性らしく(?)表記するときもあれば、博識な学者のように音楽史を語る場面もあり、この不思議な語り口こそが偉大な狙いのもとに構成されているんじゃないかと疑っています。

しかしこんな壮大無比な世界を確実に積み上げれる奥泉光は、底がみえない。
気づいたらはじまるファンタジー。






Last updated  2008.06.21 20:55:47

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

Profile


藤田朋文

Category

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

藤田朋文@ ネットってすごい! どうも、はじめまして。緊張しています、…
やずや・やずや@ はじめまして はじめまして。突然失礼いたします。 ゼ…
藤田朋文@ ただいまをもちまして 青野聰『人生の日付を求めて』を読むこと…
藤田朋文@ 光栄です。 ようこそ、木戸さん!マイブログへの投稿…
木戸善時朗@ 論じてほしいもの こんにちは、初めて投稿します。木戸善時…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.