929981 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Macとえいちや in 楽天広場

マックのトラブル時の対応方法について

 こん○○はー アンクル・ホイヤーです。


今日は トラブル時の対応を。

マックは いらないものをどんどんいれなければ 基本的には 昔のシステムでも大変安定しとります。漢字TALK7.5ぐらいからですかねー。わたしは7.6からが好きですけど。

なんで 不調になるの・・・ハード的なものは また 後日・・・。
システムと私たちでできる範囲のことをのべていきます。時間の無いので尻切れトンボになったら また 次回につづきますね。

□マックのトラブル時の対応について
ソフト的なものの場合。

OSのバージョンにもよりますが システム7以降でOSXは のぞいて
話しますね。わたしの経験からのはなしなので 実行して不具合がでても 責任はとれませんので 自己責任でトライしてね。

・ なんか 調子が わるい感じがする・・・おそい。
□ 仮想メモリーがはいってませんか・・・。新規インストールとかOSアップデート
をした場合に 仮想メモリーになる場合が あります。メモリーに余裕があれば仮想メモリーはコンフリクト(知恵袋参照)もおおいので おすすめできません。コントロールパネルのメモリーで設定を確認してください。再起動しないと反映されません。

□ デスクトップファイルが こわれている。マックな本からソフトをどっさりインストールしませんでしたか??? 圧縮されたものを解凍したりするのをたくさんしたり大量のデータを移動したりするとデスクトップファイルが壊れるようです。その場合は再起動して 立上がる前からコマンド(リンゴマーク)キーとオプションキーをおしたままで立ち上げてください。すると テスクトップファイルの更新をしますか???ときいてきますので OKと押してください。HDがでかいとすこし時間はかかります。これが マックの場合は よくききます。

・ フリーズ・クラッシュ頻発する。バクダンがでる。
□ システム内の機能拡張書類等が コンフリクト(喧嘩・衝突)している。
これが 一番多いようです。
・まず 新規インストールしたときに ラベル等でいろをつけておく。これで あとが 簡単です。次に追加していったものを 用途にあわせてラベルの色をかえてつけておく。これだけで あとの対処がぜんぜん違います。
・ソフトをインストールしたあとで どういうものが システムにはいったか みてみる。見るぶんには こわれませんので 大丈夫ですから。がははは。そういう習慣をつけておくといざというときも びびりません。だれかさんみたいにパニクラないようにね。あっ、わたしだっと思ってもメールしないでね。
・システムでインストール時にみるとこは コントロールパネル・機能拡張フォルダ・初期設定・起動項目・終了項目 これぐらいかな・・。あとシステムフォルダのなかに ぼんと はいってくるものもあります。
・そういう物の配置とか リストにするとみやすいとか 作成日順にならべるとか、いろいろできますので おためしください。そうしていると どれが新しくかきかえられたものか、新しく追加したものかわかります。
・さて、あとは ハードディスクの中をいくつかのパーテーションにわけておくと それぞれにシステムをいれれますので 調子のいいシステムをコピーしておくと調子がわるくなったときに そっくり入れ替えたり 調子がわるくなったらその別のパーテーションのシステムを起動ディスクに変更して再起動すれば また 快調につかえるわけです。これが けっこう楽でいいです。本質的にHDが ハード的にいかれますと 全滅ですね。だから、お金があるときに 起動の可能な外付けHDをかっておいて それにバックアップをとっおいて 起動用のシステムもいれておくと マックの内臓HDがいかれても外付けHDから起動して普段どおりにできるわけですね。

・ さて、実際のトラブル時の対処方法ですが。いくつもやり方はあります。

・ コンフリクトがきつくて 起動も最後までに いかないとか・・いろいろあります。そんな場合は お手軽なのは OS CDで立ち上げて 原因をさぐる。原因らしいものを入れ替えるなり はずすなりして 再度通常システムから起動しなおす。その後、ちゃんと起動するようになったら かっちりと原因を探して それを 取り除くなり こわれているファイルでしたら バックアップからコピーするなどを行う。

・ 起動はできて調子悪いながらもつかえるのでしたら その状態で コントロールパネルの機能拡張設定をひらいて 今つかっているセットでなくて システム標準のもので セットして再起動して しらべてみる。それで 快調であれば、後から追加したものが原因というのが 判明します。そして、原因追求ですが、たくさんのファイルがある場合 標準の設定を名前をかえてコピーして、それに少しずつ ふだんつかっているものを チェックボタンをいれて 追加していきます。ブロックごとに追加してそのあと保存し再起動して調子をみていく。原因追求とかエラーとかでたから 必ず慌てずにメモをしておく。これで あとあとがぜんぜん違いますね。初心者のかたと私たちは この辺がちがうだけですけどね。あとは地道にいれたり出したりしていくだけです。これで 原因がはっきりわかります。ただ、このチェックで外れないファイルもありますし、単純にふたつのファイルが喧嘩しているのではなく 三つぐらいとかで そういう場合になるものもあります。いろいろ苦労してやっていくと そのあたりがみえてきたり、予想できるようになります。このあたりまでくるとなかなかのつわものですね。
・ファイルの数が わたしのように膨大におおいと これをしらべるのに ものすごい時間がかかります。組み合わせの数は またすごいですかね。なれてくると勘のようなものが はたらいて めぼしが わかってくるようになります。そこまでは すこし大変かもしれないけど・・・これをやっていると 実際に調子がわるくなったりしたときに 自信をもってできますね。ほんとうに。


今日は 体調が わるいので この辺で あとは 知恵袋を参照いただければ かなりのことができます。

 マックのシステムのなかに なにが あるかは しっとしたほうが いいです。
トラブルのときに あおくならないようにね。Bさん、sさん がばれ!!(byアンクル・ホイヤー)



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.