8794690 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

パソコンとITの雑学ブログ アンクル・トム

PLANTRONICS SAVOR M1100


Savor ヘッドセット M1100


[特長]
●iPhone?電池残量メーターがヘッドセットの電池残量を画面に表示
●先進のDSPテクノロジー採用のAudioIQ3が、周囲の騒音を軽減し、クリアーな会話を実現
●A2DP対応の電話機から音楽、ポッドキャスト、GPSなどのオーディオアプリケーションのストリーミングが可能
●電池残量不足や切断などが発生した場合、ヘッドセットで通話中でも低音量の音声で通知します
●「Answer」と声に出すだけで着信に応答したり、多くの便利なコマンドに対応した専用の音声ボタンを使用します
●Bluetooth電話機やデバイスとの素早いペアリングをサポート


Plantronics(プラントロニクス)は米国カリフォルニア州に本社を置く老舗のヘッドセットメーカーで航空機のパイロットや宇宙飛行士が使用するヘッドセット等を得意としているそうです。日本には正式な支社は無い模様で、形式上サポートセンターがありますが実体は不明です。サポートはあまり期待しない方が良いと思います。
Plantronics製の片耳ヘッドホンはいくつかありますが、Savor M1100は2011年4月に発売された最新製品で仕様もこなれています。通話の際にはトリプルマイク機構によりノイズの少ないクリアな通話音声を実現しているとのこと。私は通話には使わないので関係ないですが。

価格はオープンでネットショップでは7.000円~9,000円ぐらいで販売されています。片耳ヘッドホンとしては中級から高級のランクでしょうか。そして価格相応というか、音質は良いと思います。iPod Touchで音楽を聴く場合エアーズジャパン製BT-A4はイコライザを使わないとちょっと聴けなかったのがM1100はイコライザ OFFで大丈夫です。

M1100の特長はiPhoneやiPod Touchで利用する場合に、画面右上にバッテリ残量が表示されること。これはなかなか便利です。
またもう一つは操作の際に英語で音声応答が使えること。英会話のトレーニングになる?
まあネイティブスピーカーでない方にはあまり実用的ではないと思いますが話のネタにはなりますね。

ところでBluetoothの規格には特に音楽を聴くためのものとしてA2DPとAXRCPという2つのプロファイルがあります。

【 A2DP:Advanced Audio Distribution Profile 】
A2DPでは、モノラルもしくはステレオの音声データを、ACLチャンネル上に高品質にストリーミング配信するための手順や、使用する他のBluetoothプロファイル・Bluetoothプロトコルなどが定義されている。対応するフォーマットはSBC(SubBand Codec - A2DPを実装する機器では、このフォーマットへの対応が必須である)、MPEG-1オーディオ、AAC(MPEG-2/4 AAC)、ATRAC。

【 AVRCP:Audio/Video Remote Control Profile 】
AVRCPでは、ある2つのデバイス間において、片方をコントローラ(操作内容を送信する側。CT)、もう片方をターゲット (操作内容を受信する側。TG)と定義し、TGをリモートコントロールするための手順や、使用する他のBluetoothプロファイル・Bluetoothプロトコルなどが定義されている。

M1100はA2DPプロファイルには対応していますがAVRCPプロファイルには対応していません。従って音楽プレーヤーとして使っている時に音量の調整はできるけど曲のコントロールはできません。この製品に限らず、AVRCPプロファイルに対応している製品は現時点では非常に少ないので今後増えて欲しいなと思います。

私のM1100の総合評価は75点といったところでしょうか。音質に不満はないものの電気製品としてちょっと虚弱体質の感がありました。
その第一はBluetoothの電波強度の問題です。自転車のフロントポーチに入れておく場合その位置によって音が途切れることがあります。例えばiPod Touchをポーチの右側に入れ、M1100を左耳につけている時に左を振り返ると途切れます。
またシャツの胸ポケットにiPod Touchを入れている場合は問題ないですが、ジャケットの下側のポケットでは途切れることがあります。勿論ジーンズのポケットなど論外、全く使えません。それから街中でも場所によってノイズが入ります。こういう場合は、傍により強い電波を出す機器があるのかも知れません。これらの現象の理由としては採用しているBletooth LSIチップの出力が弱いのかなと考えています。

もう一つ物足りなく思うのは、音量を最大にしてもちょうど聴きやすい程度にしかなりません。従って電車の社内(地下鉄など)では聴き取りにくいと感じることがあります。

しかし、このように使い方で多少の制約はあるにしても自転車で走りながら聴く分には十分満足していました。
ところが先日うっかり電源を入れっぱなしのまま充電してしまい、一晩そのままにしておいたら壊れてしまいました。
本当に虚弱な子でした。でも近々また買おうと思っています。


[主な仕様]
通信方式=Bluetooth V2.1+EDRおよびeSCO
対応プロファイル=HSP1.1,HFP1.5,A2DP,SSP
最大連続通話時間=約4時間
最大待受け時間=約7日間
充電時間=約2時間
バッテリー=充電式Li-polimer
充電方法=USBケーブル
通信可能距離=約10m以内
使用周波数=2.402-2. 480GHz
本体サイズ=L55mm x W16mm x H12mm
重量=約9.0g


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.