8794685 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

パソコンとITの雑学ブログ アンクル・トム

東芝 おすすめパソコン

 今はもう知らない人が多いかも知れませんが、東芝は世界で初めてノートパソコンを開発した会社です。その後現在に至るまでノートパソコンにおいて技術的にも販売台数でも世界のトップレベルを走り続けています。国産メーカーで世界のパソコン出荷台数トップ10に名を連ねている会社は東芝以外にありません。
 そのブランドは「dynabook」(以前は「DynaBook」)が有名ですが、ノートパソコンの前身としてはラップトップ型のJ-3100という製品がありました。
 実は東芝のパソコン事業の成功は1985年に発表した欧米向けモデル、世界初のラップトップと言われたT-1100から端を発しました。次いで1986年に国内向けとしてJ-3100を発表すると大企業、官公庁を中心に爆発的に売れ、当時はPC-98と市場を二分していた感がありました。そして1989年に発表したDynaBook J-3100 SSが世界初のノートパソコンとなりました。
 その製品の特徴は当初からPC/AT互換機のアーキテクチャを採用したことで、これにより世界進出が容易にできました。その後IBM互換機が日本で本格的に普及し始めたのは1990年代になってからですから、東芝はまさに先見の明があったと言えます。

 最近の東芝のノートパソコンは、個人向けとビジネス向けの両方にバランスよくモデルを揃えていることと、その理由もあってか個人向けモデルも付属ソフトは少なめですっきりしています。また、その分国産メーカー製品としては価格設定が安めです。国産品質は欲しいけど、価格はできるだけ安くという方にお勧めです。全くの初心者よりは中級者に使い人向けでしょう。
 例えば、私の奥方はNEC LaVie Lを使用した後、現在はdynabook TX-66を使用しています。今ではマニュアルもあまり見ないし付属ソフトもさほど必要ないのでdynabookで十分のようです。

 2013年春モデルからのお奨めモデルは、dynabook Satellite T652です。Intel Core i7プロセッサ、8GBメモリ、1TB HDDに加え8GB SSDも装備。Office 2013も付いて税込で10万円を切るという高コストパフォーマンスな製品です。Office2013は実質的に価格が高くなったため、この製品のようなプリインストールモデルを買うのが賢い選択と言えます。
 また、おまけで付いているWebカメラも100万画素と比較的高解像度なので、友達や家族とSkypeで会話をしたい人にもお奨めです。
 


dynabook Satellite T652/W5UHB(PT6525UHSMBW)

モデルdynabook Satellite T652/W5UHB(ダークシルバー)[Webオリジナルモデル]
商品型番PT6525UHSMBW
OS  Windows 8 64 ビット
CPUインテル(R)Core(TM) i7-3630QM プロセッサー
動作周波数 2.40GHz (インテル(R) ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大3.40GHz)
Microsoft OfficeOffice Home and Business 2013
メモリ8GB(8GB×1)/16GB PC3-12800(DDR3-1600)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応
ディスプレイ15.6型ワイド(16:9) HD TFTカラー Clear SuperView LED液晶(省電力LEDバックライト) 1,366×768ドット
キーボード106キー(JIS配列準拠)(テンキー付き)、キーピッチ:19mm、キーストローク:1.5mm、抗菌対応[(試験方法)JIS Z 2801:2010に基づく]
HDD/SSD1TB HDD(5,400rpm、Serial ATA対応) +NAND型フラッシュメモリ 8GB(32nm SLC)
ドライブDVDスーパー マルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
無線LANIEEE802.11b/g/n準拠(Wi-Fi準拠、WPA/WPA2対応、WEP対応、AES対応、TKIP対応)
Webカメラ有効画素数 約100万画素
外寸約385.0mm(幅)×252.5mm(奥行)×27.7~31.4mm(高さ)
質量約2.7kg(バッテリーパック装着時) 
保証(海外保証
〈制限付〉を含む)
あり(1年)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.