8892522 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シニアのためのデジタル活用術 アンクル・トム

PR

サイド自由欄

自分で購入して気に入っているものを紹介しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【公式 / 送料無料】 アウトレット Bose SoundSport Free ...
価格:23328円(税込、送料無料) (2019/3/14時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

直販 ノートパソコン Officeあり:Lenovo ThinkPad X280...
価格:124800円(税込、送料無料) (2019/3/27時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラザー brother DCP-J577N インクジェット複合機 PRIVIO...
価格:8880円(税込、送料無料) (2019/3/28時点)


日記/記事の投稿

バックナンバー

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


アンクル・トム大森

お気に入りブログ

10月 21日 リ… New! 副大統領さん

台風19号の大災害を… New! Ta152Rさん

やっぱし、南朝鮮は… New! 経済アナリストさん

スタート時間を変える New! NIJI.さん

ラグビー:明日いよ… 楽天星no1さん

季節の変わり目に風… 横浜メダカさん

『スティング』@DVD 嵯峨山 登さん

真夏日の秋がやって… TSANYOさん

ドラクエ11S届いたよ… ねふぇる♪さん

スヌーピー ルーズリ… gain2013さん

フリーページ

初期セットアップ


ノートPCのハードディスクを交換する


日本語の文字コード


Windows 10の初期セットアップ


初級シスアド問題解説


パソコンを快適にするテクニック


Windows XPのワンポイント豆知識


Windows Vistaの部屋


パソコン面白&便利グッズ


パソコン面白&便利グッズ P2


面白&便利グッズ P3


面白&便利グッズ P4


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


パソコン初心者のためのEDPS入門


楽天お気に入りショップムラウチドットコム


お金があったらほしいもの!


パソコン工房 自作パソコン情報館


パソコン工房 CPU


パソコン工房 メモリ・ハードディスク


パソコン工房 グラフィックスカード


パソコン工房 光学式ドライブ ほか


パソコン工房 ディスプレイモニタ


大人の科学マガジン 付録が愉しい!


AMD CPU製品


Intel CPU製品


健康管理


iPhone関連情報


iPhone関連情報-2


iPod Touch活用術


Windows7を使ってみる ベータ版使用記


多摩川のサイクリングコース


自転車に通勤に 方耳ヘッドホンのすすめ


AIR'S JAPAN BT-A4 AIR_SOUNDS HYBRID


PLANTRONICS SAVOR M1100


BOSE BLUETOOTH HEADSET SERIES 2


PLANTRONICS MARQUE2 M165


独断と偏見で選ぶおすすめパソコン


NEC おすすめパソコン


東芝 おすすめパソコン


富士通 おすすめパソコン


2009年07月04日
XML
昨年ブレイクしたミニノート・パソコン(通称ネットブック)は現在も、そしておそらく今後もノートパソコンのカテゴリとしてその位置を確立し続け、場合によれば他のノートパソコンのカテゴリを侵食して行くでしょう。

しかしこの”侵食”はノートパソコンのCPUであるATOMプロセッサを開発したインテルにとって歓迎すべきものではありません。そしておそらく、メジャーなパソコンメーカーにとっても。
平均価格が高く、従って利益も高くなるCore 2プロセッサとセントリーノ2プラットフォームを組み合わせたノートパソコンが現在市場のメインストリームであり、インテルもメーカーも平均価格と市場規模を維持(少なくとも)したまま次の世代に移行したいのです。
これはビジネスとして、しごく当然の考え方と言えます。

その市場をネットブックに侵食(マーケティング用語では”共食い”という意味でカニバリゼーションと言います)されれば平均価格も利益も落ち、たちまち業界全体が立ち行かなくなる可能性があります。
何故ならば、現代のPCビジネスは皆さんが想像する以上に薄利なので、こうした変化を受け入れられる余力が無いのです。
そして、影響はインテルやパソコンメーカーだけには止まりません。
半導体メーカーや液晶パネルメーカー、ハードディスクメーカーにも同様に波及します。
メモリが少なく、液晶パネルが小さく、ディスクが不要になってしまうからです。
かろうじてフラッシュメモリの需要は増えるでしょうが、それは特定の数社が潤うだけです。

こうなる危険性がわかっていながら、どうしてインテルはATOMプロセッサを開発したのでしょうか?
大きくは低電圧=低消費電力の面でCore 2には限界があると考えたからでしょう。
モバイルノートに向く長時間駆動と低発熱を実現したかった。
それにより、新しいモバイルノートの市場が開拓できパソコン市場全体が膨らむと考えた。
これには一時”100ドルPC”などと話題にもなったように発展途上国のパソコン市場育成という狙いもありました。

インテルも”カニバリ”を全く考えなかったわけではなく、それ故に自社のATOM用チップセットでは外付けグラフィックスアクセラレータ(GPU)を搭載できないように制限をかけました。

しかし実際に蓋を開けてみると、そうインテルの思惑通りにはなりませんでした。
一番不幸だったのは、やはり”リーマンショック”からのアメリカ経済崩壊とそれに続く世界不況がATOMネットブックの発売時期とぴったり重なってしまったことです。
人々は少しでも安い買い物に走り、完全にカニバリが起きてしまった。

もう一つは、NVIDIAがATOM用の統合型チップセットIONを発表したこと。
IONに搭載されたGeForece 9400Mが持つグラフィックス性能は少なく見積もってもインテルの数倍です。
こんな物が普及したらメインストリーム市場も崩壊しかねない、由々しき問題です。

私も同じ業界の者として充分それは理解できるし、同情もしますが、だからと言ってわざと仕様に制限をかけたり、まして競合相手を妨害するような所作はフェアではないと思うのです。
対抗策は正々堂々としたものであるべきだと。

インテルのやっている事、今後やろうとしている事は正当な開発競争を妨げるものとしか考えられません。
アメリカ人は常に”フェア”であることを誇りにしていたはずではなかったのか?
私のような個人が何を言っても仕方がないとは思うけど、書かずにいられない気持ちです。






最終更新日  2009年07月11日 15時58分40秒
コメント(0) | コメントを書く
[パソコンよもやま話] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.