9800929 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シニアのためのデジタル活用術 アンクル・トム

PR

X

サイド自由欄

自分で購入して気に入っているものを紹介しています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アウトレット Bose SoundSport Free ワイヤレスヘッドホン /...
価格:23760円(税込、送料無料) (2019/10/24時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラザー brother DCP-J577N インクジェット複合機 PRIVIO...
価格:8880円(税込、送料無料) (2019/3/28時点)


日記/記事の投稿

バックナンバー

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


アンクル・トム大森

お気に入りブログ

トヨタ系5社、車載通… New! Ta152Rさん

書類関係。 New! 嵯峨山 登さん

日本の教育の柱ー現… New! 楽天星no1さん

また来た(*^o^*) New! ねふぇる♪さん

情けない、南相馬市… 経済アナリストさん

【在庫限り】ティッ… gain2013さん

5月 11日 ニコ… 副大統領さん

撮った写真の保存は… TSANYOさん

ダイエット回顧録そ… いんぷっと!さん

山笑う NIJI.さん

フリーページ

初期セットアップ


ノートPCのハードディスクを交換する


日本語の文字コード


Windows 10の初期セットアップ


初級シスアド問題解説


パソコンを快適にするテクニック


Windows XPのワンポイント豆知識


Windows Vistaの部屋


パソコン面白&便利グッズ


パソコン面白&便利グッズ P2


面白&便利グッズ P3


面白&便利グッズ P4


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


パソコン初心者のためのEDPS入門


楽天お気に入りショップムラウチドットコム


お金があったらほしいもの!


パソコン工房 自作パソコン情報館


パソコン工房 CPU


パソコン工房 メモリ・ハードディスク


パソコン工房 グラフィックスカード


パソコン工房 光学式ドライブ ほか


パソコン工房 ディスプレイモニタ


大人の科学マガジン 付録が愉しい!


AMD CPU製品


Intel CPU製品


健康管理


iPhone関連情報


iPhone関連情報-2


iPod Touch活用術


Windows7を使ってみる ベータ版使用記


多摩川のサイクリングコース


自転車に通勤に 方耳ヘッドホンのすすめ


AIR'S JAPAN BT-A4 AIR_SOUNDS HYBRID


PLANTRONICS SAVOR M1100


BOSE BLUETOOTH HEADSET SERIES 2


PLANTRONICS MARQUE2 M165


独断と偏見で選ぶおすすめパソコン


NEC おすすめパソコン


東芝 おすすめパソコン


富士通 おすすめパソコン


2009年11月23日
XML
テーマ:私のPC生活(7153)
カテゴリ:デジタル放送
パソコンのハードウェアそのものでの著作権保護機能は今まであまり考えたことがありませんでした。
オーディオの世界では、昔からDATやMD等のデジタル録音ができる機器は著作権保護機能がありましたし、パソコンでもiTunesのような音楽ダウンロードではDRMという仕組みでファイルが保護されています。
しかしパソコンのビデオカードやディスプレイにも必要だと言うことはどうも感覚的に馴染めません。

何故そんな事が必要なんだろうと思ったら、デジタル化された映像信号はパソコンとディスプレイの間に何らかの装置をかます事でコピーできてしまうという事なんですね。
ですから、パソコンからディスプレイに送出する時に暗号化(エンコード)してディスプレイ側で解読(デコード)するという仕組みを考えた。
それがHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection system)で、最近のDVIやHDMI等のデジタルインタフェースに採用されているそうです。

ノートパソコンの場合や、パソコンとディスプレイの間がアナログインタフェースの場合はデジタルコピーされる心配がないので保護の対象外ということです。
私のパソコンの場合は、ディスプレイとの間をDVIで接続しているのでチェックプログラム(後述)で引っかかりました。
そして、アナログ接続しようにもディスプレイ側にアナログ回路がない(泣)
もっともアナログ接続ができたところでHD映像は見られませんが。

下図は、HDCP対応/非対応で地デジチューナーの使用可否を表したものです。

HDCP

COPP(Certified Output Protection Protocol) とは:
COPPはコンテンツ保護の制御を行うアプリケーションとGPUの間で著作権保護の仕組みをコントロールするための規格で、GPUのドライバとアプリケーション間で暗号鍵を交換する。また、鍵交換時にはGPUドライバの認証を行い、不正なドライバに映像を出力してしまうことを防ぐ。Windows XP Service Pack2とWindows Media Player 10以降でサポートされている。

パソコンのビデオカード(ドライバ)はCOPPとHDCPの両方に対応している必要があります。

IOデータやバッファローの製品サイトでは、パソコンが地デジチューナーに対応しているかどうかを判別するチェックプログラムを公開していますので関心ある方は試してみてください。

HDCP対応の機器は価格が高いのかというと、特にそうでもないようです。


HYUNDAI IT JAPAN X93WD+ 19インチワイド液晶ディスプレイ






最終更新日  2009年11月24日 01時05分01秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.