8835831 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

パソコンとITの雑学ブログ アンクル・トム

PR

Free Space

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【公式 / 送料無料】 アウトレット Bose SoundSport Free ...
価格:23328円(税込、送料無料) (2019/3/14時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

直販 ノートパソコン Officeあり:Lenovo ThinkPad X280...
価格:124800円(税込、送料無料) (2019/3/27時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラザー brother DCP-J577N インクジェット複合機 PRIVIO...
価格:8880円(税込、送料無料) (2019/3/28時点)


Recent Posts

Archives

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


アンクル・トム大森

Favorite Blog

9月 16日 プッ… New! 副大統領さん

三菱航空機、スペー… New! Ta152Rさん

昨夜は同窓会でバン… New! 楽天星no1さん

突撃のテーマ、Dash … New! 経済アナリストさん

シンプル momoは犬さん

スマホデビューか? NIJI.さん

【9月10日限定\エン… gain2013さん

今月の例会 嵯峨山 登さん

奥日光ハイキング … TSANYOさん

失敗に懲りずにリベ… hisa55maさん

Freepage List

初期セットアップ


ノートPCのハードディスクを交換する


日本語の文字コード


Windows 10の初期セットアップ


初級シスアド問題解説


パソコンを快適にするテクニック


Windows XPのワンポイント豆知識


Windows Vistaの部屋


パソコン面白&便利グッズ


パソコン面白&便利グッズ P2


面白&便利グッズ P3


面白&便利グッズ P4


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


パソコン初心者のためのEDPS入門


楽天お気に入りショップムラウチドットコム


お金があったらほしいもの!


パソコン工房 自作パソコン情報館


パソコン工房 CPU


パソコン工房 メモリ・ハードディスク


パソコン工房 グラフィックスカード


パソコン工房 光学式ドライブ ほか


パソコン工房 ディスプレイモニタ


大人の科学マガジン 付録が愉しい!


AMD CPU製品


Intel CPU製品


健康管理


iPhone関連情報


iPhone関連情報-2


iPod Touch活用術


Windows7を使ってみる ベータ版使用記


多摩川のサイクリングコース


自転車に通勤に 方耳ヘッドホンのすすめ


AIR'S JAPAN BT-A4 AIR_SOUNDS HYBRID


PLANTRONICS SAVOR M1100


BOSE BLUETOOTH HEADSET SERIES 2


PLANTRONICS MARQUE2 M165


独断と偏見で選ぶおすすめパソコン


NEC おすすめパソコン


東芝 おすすめパソコン


富士通 おすすめパソコン


Oct 23, 2011
XML
カテゴリ:無題
Android搭載タブレットは競合が激しくなり値崩れを始めたと見ていいでしょう。
もしKindle Fairが国内で(日本語対応して)発売されればもっと価格は下がってくると思います。
そうなったらAppleの思うつぼだということがわからないかなぁ。
日本人は”安かろう、悪かろう”は嫌いなんです。


“ハイエンド”なAndroidタブレットデバイスを発表した2カ月後に、レノボ・ジャパンは「IdeaPad Tablet A1」を日本市場に投入した。こちらは、10.1型ワイドのIdeaPad Tablet K1と異なり、7型ワイドの液晶ディスプレイを搭載している。常時携帯利用を考えると10.1型ではちょっと大きく、かつ、重いものの、7型なら、500グラムを切るモデルが多く、かつ、ディスプレイの解像度と見易さはスマートフォンを超える。IdeaPad Tablet A1も本体サイズは本体サイズが195(幅)×125(奥行き)×11.95(厚さ)ミリ、重さはスペック表の公称値で約400グラムとなっている。

そういう理由もあってか、2011年10月にAndroid端末として発表されたKindle Fireをはじめとして、最近、このサイズのディスプレイを搭載したAndroidタブレットデバイスのリリースが増えていて、かつ、それぞれで違いを出すのが難しい。しかし、IdeaPad Tabler A1は「価格」で差別化を挑んできた。製品発表があってから多くのユーザーに注目されているのが、最小構成で2万円を切るという“価格”だ。


2万円を切る「IdeaPad Tablet A1」に不安はないか?


7.0型ディスプレイに、GPS、Flashサポート、マルチメディア、などの機能を備えたエントリータブレット


いまでも、Amazon.comなどで、日本では聞くことがないメーカーから2万円を切る7型ワイドディスプレイ搭載Androidタブレットデバイスが購入できるが、日本でなじみのあるメーカーとなると、これが見つからない。そういうなかで、レノボ・ジャパンから2万円を切る(ただし、内蔵ストレージは2Gバイトモデル。16Gバイトモデルになると、2万5000円前後)デバイスが登場するというのは、日本のユーザーでも2万円以下タブレットデバイスの購入ハードルを一気に下げてくれる(ただ、Kindle Fairも200ドルを切っているのが気になるところだが)。

“なじみのない”海外メーカーの格安タブレットデバイス、となると、どうしてもハードウェアの作りが不安になる。IdeaPad Tablet A1は、レノボ製だけあってボディのつくりはまったく問題を感じないだけでなく、ボディ内部にThinkPadノートPCシリーズで採用する「ロールケージ」構造を導入している。ロールケージ構造は、アルミニウムの“骨組み”をボディ内部に組み込むことで強度を確保する手法だ。






Last updated  Oct 23, 2011 12:08:40 PM
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.