6205314 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

パソコンとITの雑学ブログ アンクル・トム

PR

Free Space

Recent Posts

Freepage List

初期セットアップ


ノートPCのハードディスクを交換する


日本語の文字コード


Windows 10の初期セットアップ


初級シスアド問題解説


パソコンを快適にするテクニック


Windows XPのワンポイント豆知識


Windows Vistaの部屋


パソコン面白&便利グッズ


パソコン面白&便利グッズ P2


面白&便利グッズ P3


面白&便利グッズ P4


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


パソコン初心者のためのEDPS入門


楽天お気に入りショップムラウチドットコム


お金があったらほしいもの!


パソコン工房 自作パソコン情報館


パソコン工房 CPU


パソコン工房 メモリ・ハードディスク


パソコン工房 グラフィックスカード


パソコン工房 光学式ドライブ ほか


パソコン工房 ディスプレイモニタ


大人の科学マガジン 付録が愉しい!


AMD CPU製品


Intel CPU製品


健康管理


iPhone関連情報


iPhone関連情報-2


iPod Touch活用術


Windows7を使ってみる ベータ版使用記


多摩川のサイクリングコース


自転車に通勤に 方耳ヘッドホンのすすめ


AIR'S JAPAN BT-A4 AIR_SOUNDS HYBRID


PLANTRONICS SAVOR M1100


BOSE BLUETOOTH HEADSET SERIES 2


PLANTRONICS MARQUE2 M165


独断と偏見で選ぶおすすめパソコン


NEC おすすめパソコン


東芝 おすすめパソコン


富士通 おすすめパソコン


Archives

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


アンクル・トム大森さん

シニア情報生活アドバイザ

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ブログ  音楽  読書  ペット  パソコン  自転車 
Jun 19, 2017
XML
テーマ:ニュース(71486)
カテゴリ:ニュース
脳波で「L」「R」を聞き分ける技術、NICTら開発

情報通信研究機構(NICT)と大阪大学は6月15日、人の脳波を使って英語の発音の違いを可視化する新技術を開発したと発表した。この技術を使うと、英語の「L」と「R」のような日本人の苦手な発音も効果的に聞き分けられるようになるという。



新技術は「Mismatch Negativity」と呼ばれる脳波パターンを利用する。Mismatch Negativitとは、2種類の音の頻度を変えてランダムに聞かせた場合、頻度が低い音を聞いたときに現れる脳波パターンのこと。例えば「light」と「right」をそれぞれ4対1の比率でランダムに聞かせると、「right」と発音されたときにこの脳波パターンが現れる。

Mismatch Negativityは音の違いが大きければ大きく、小さければ小さく出る特徴があることから、新技術ではMismatch Negativityの大きさを「緑色の円」として視覚化。その円をディスプレイに映し、円を大きくするよう指示することで、「L」と「R」の発音の違いを意識しなくても、音を聞き分けられる仕組みだ。

実験参加者は、5日間程度で「light」と「right」の発音が約90%聞き分けられるようになったという。

現段階では「L」と「R」の発音のみ検証しているが、今後は他の類似する発音にも対応する予定。また、今回Mismatch Negativityの大きさを「緑の円の大きさ」で表したが、例えば、レーシングカーのスピードに対応させるなどすれば、学習者はゲームをするだけで英単語の発音を聞き分けられるようになるといった応用もできるとしている。

研究は、NICTと大阪大学が北海道大学と共同で実施した。研究グループは「新しい英語リスニング学習法として社会実装を目指したい」と意気込んでいる。


パソコン情報ブログはこちら






Last updated  Jun 19, 2017 07:27:46 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.