9887869 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シニアのためのデジタル活用術 アンクル・トム

PR

X

サイド自由欄

自分で購入して気に入っているものを紹介しています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アウトレット Bose SoundSport Free ワイヤレスヘッドホン /...
価格:23760円(税込、送料無料) (2019/10/24時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラザー brother DCP-J577N インクジェット複合機 PRIVIO...
価格:8880円(税込、送料無料) (2019/3/28時点)


日記/記事の投稿

バックナンバー

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


アンクル・トム大森

お気に入りブログ

悪事が続々と露見、… New! Ta152Rさん

やれやれ。 New! 嵯峨山 登さん

Pythonの絵本.入門書。 New! mariackさん

7月 31日 リス… New! 副大統領さん

アストラゼニカワク… New! 楽天星no1さん

朝から、Dash KEIOを… 経済アナリストさん

このブログの名称変… ネコマチカナリさん

早くも猛暑日! ・… TSANYOさん

パーマをかけたツタン ねふぇる♪さん

医療用ジュエリー素… momoは犬さん

フリーページ

初期セットアップ


ノートPCのハードディスクを交換する


日本語の文字コード


Windows 10の初期セットアップ


初級シスアド問題解説


パソコンを快適にするテクニック


Windows XPのワンポイント豆知識


Windows Vistaの部屋


パソコン面白&便利グッズ


パソコン面白&便利グッズ P2


面白&便利グッズ P3


面白&便利グッズ P4


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


パソコン初心者のためのEDPS入門


楽天お気に入りショップムラウチドットコム


お金があったらほしいもの!


パソコン工房 自作パソコン情報館


パソコン工房 CPU


パソコン工房 メモリ・ハードディスク


パソコン工房 グラフィックスカード


パソコン工房 光学式ドライブ ほか


パソコン工房 ディスプレイモニタ


大人の科学マガジン 付録が愉しい!


AMD CPU製品


Intel CPU製品


健康管理


iPhone関連情報


iPhone関連情報-2


iPod Touch活用術


Windows7を使ってみる ベータ版使用記


多摩川のサイクリングコース


自転車に通勤に 方耳ヘッドホンのすすめ


AIR'S JAPAN BT-A4 AIR_SOUNDS HYBRID


PLANTRONICS SAVOR M1100


BOSE BLUETOOTH HEADSET SERIES 2


PLANTRONICS MARQUE2 M165


独断と偏見で選ぶおすすめパソコン


NEC おすすめパソコン


東芝 おすすめパソコン


富士通 おすすめパソコン


2017年07月17日
XML
カテゴリ:Windows10
私の自作メインPCに少し前Windows 10 Creators Update (ビルド1703)が自動的にインストールされました。
そうしたら途端にいろいろ不具合が発生(顕著な例はキー入力でクラツシュ)したのでやむを得ず前のバージョン(ビルド1607)に戻しました。
しかしWindows 10の場合通常ですと、また次回起動したときにWindows Updateが実行され自動的にバージョンアップされてしまいます。

インストールしていたOSはWindows 10 Proのため「アップグレードを延期する」というオプションを指定することで5日間ぐらいはアップデートが実行されないで済みますが、その期間を過ぎるとやはり自動的にアップデートされてしまいます。

安定して使用するためには、今後しばらくCreators Updateが落ち着くか、次のビルドが出るまでWindows Updateを無効にするしかなさそうです。

で、その方法。

まず”ローカルグループポリシーエディター”を起動します。
”WebとWindowsを検索”はプログラムをローカルに起動する機能もあるので「gpedit.msc」と入力し、”グループポリシーの編集”を選べば起動することができます。

gpeditを起動したら、「コンピューターの構成」 →「 管理者用テンプレート」 →「 Windowsコンポーネント」 →「 Windows Update」→「自動更新を構成する」、と順番に開いていきます。
(初めて開いた場合は、ヘルプの「ポリシー設定の編集」をクリックすると自動更新を構成することができます。)



自動更新を無効にしたい場合は”無効”にチェックし、有効にしたい場合は”有効”にチェックします。この後”適用”→”OK”を押してgpeditを閉じます。そして再起動。

うまく無効化できたかどうか確認するには、「設定」→「更新とセキュリティ」→「詳細オプション」と開き、「自動更新は組織によって無効にされています」と表示されていれば成功です。



ただ、セキュリティパッチの問題もありますし、長期間無効化したままにしておくのは良くないでしょうけどね。
それにしてもマイクロソソフトは一体何だってOSをこんな身勝手な存在にしてしまったんですかね。


パソコン情報ブログはこちら






最終更新日  2017年07月17日 20時21分59秒
コメント(0) | コメントを書く
[Windows10] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.