000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

パソコンとITの雑学ブログ アンクル・トム

PR

Free Space

Recent Posts

Freepage List

初期セットアップ


ノートPCのハードディスクを交換する


日本語の文字コード


Windows 10の初期セットアップ


初級シスアド問題解説


パソコンを快適にするテクニック


Windows XPのワンポイント豆知識


Windows Vistaの部屋


パソコン面白&便利グッズ


パソコン面白&便利グッズ P2


面白&便利グッズ P3


面白&便利グッズ P4


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


パソコン初心者のためのEDPS入門


楽天お気に入りショップムラウチドットコム


お金があったらほしいもの!


パソコン工房 自作パソコン情報館


パソコン工房 CPU


パソコン工房 メモリ・ハードディスク


パソコン工房 グラフィックスカード


パソコン工房 光学式ドライブ ほか


パソコン工房 ディスプレイモニタ


大人の科学マガジン 付録が愉しい!


AMD CPU製品


Intel CPU製品


健康管理


iPhone関連情報


iPhone関連情報-2


iPod Touch活用術


Windows7を使ってみる ベータ版使用記


多摩川のサイクリングコース


自転車に通勤に 方耳ヘッドホンのすすめ


AIR'S JAPAN BT-A4 AIR_SOUNDS HYBRID


PLANTRONICS SAVOR M1100


BOSE BLUETOOTH HEADSET SERIES 2


PLANTRONICS MARQUE2 M165


独断と偏見で選ぶおすすめパソコン


NEC おすすめパソコン


東芝 おすすめパソコン


富士通 おすすめパソコン


Archives

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


アンクル・トム大森

Jan 9, 2018
XML
テーマ:ニュース(75724)
カテゴリ:ニュース
Google Playに22本の不正広告アプリ、電話のたびに迷惑な広告が出てくる

セキュリティ企業のCheck Point Software Technologiesは1月5日、米Googleの公式アプリストアGoogle Playで提供されていた22本のアプリに、新手のアドウェアが仕込まれているのを発見したと伝えた。



Check Pointのブログによると、このアドウェア「LightsOut」のコードは、22本のフラッシュライトアプリやユーティリティアプリに仕込まれて、計150万~750万回もダウンロードされていた。

LightsOutの狙いは、ユーザーの端末に広告を表示させて不正な広告収入を得ることにあった。電話に出るなどの操作をするために、広告のクリックを強いられたユーザーや、広告なしの有料版アプリを購入した後も不正な広告が表示され続けたユーザーもいるという。

問題のアプリでは、ユーザーが広告表示を無効にできるオプションも用意されていた。しかし、ユーザーが広告を無効にしても、LightsOutが設定を上書きして、そのアプリとは無関係な場面で広告を表示させていた。

このためユーザーには不正な広告が表示される原因が分からず、たとえ分かったとしても、問題のアプリのアイコンが消滅していて削除できない状態だった。

Googleは連絡を受けて間もなく、問題のアプリをGoogle Playから削除したという。しかし、Google Playではこれまでにも、マルウェアなどの感染アプリや不正アプリが何度も発見されている。ユーザーがアプリストアからアプリをダウンロードする際は注意が必要な現実が、LightsOutで改めて浮き彫りになったとCheck Pointは解説している。








Last updated  Jan 9, 2018 11:24:50 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.