7438751 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

パソコンとITの雑学ブログ アンクル・トム

PR

Free Space

Recent Posts

Freepage List

初期セットアップ


ノートPCのハードディスクを交換する


日本語の文字コード


Windows 10の初期セットアップ


初級シスアド問題解説


パソコンを快適にするテクニック


Windows XPのワンポイント豆知識


Windows Vistaの部屋


パソコン面白&便利グッズ


パソコン面白&便利グッズ P2


面白&便利グッズ P3


面白&便利グッズ P4


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


パソコン初心者のためのEDPS入門


楽天お気に入りショップムラウチドットコム


お金があったらほしいもの!


パソコン工房 自作パソコン情報館


パソコン工房 CPU


パソコン工房 メモリ・ハードディスク


パソコン工房 グラフィックスカード


パソコン工房 光学式ドライブ ほか


パソコン工房 ディスプレイモニタ


大人の科学マガジン 付録が愉しい!


AMD CPU製品


Intel CPU製品


健康管理


iPhone関連情報


iPhone関連情報-2


iPod Touch活用術


Windows7を使ってみる ベータ版使用記


多摩川のサイクリングコース


自転車に通勤に 方耳ヘッドホンのすすめ


AIR'S JAPAN BT-A4 AIR_SOUNDS HYBRID


PLANTRONICS SAVOR M1100


BOSE BLUETOOTH HEADSET SERIES 2


PLANTRONICS MARQUE2 M165


独断と偏見で選ぶおすすめパソコン


NEC おすすめパソコン


東芝 おすすめパソコン


富士通 おすすめパソコン


Archives

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


アンクル・トム大森

Jan 12, 2018
XML
テーマ:ニュース(78866)
カテゴリ:ニュース
長野・小谷村がIoTで住民の健康管理 人口減対策で

人口減少に対して危機感を持つ長野県北安曇郡の小谷(おたり)村がIoT(モノのインターネット)を活用して住民の健康状態などを管理していく。

白馬村のすぐ北にある小谷村は、冬場はスキー客でにぎわうものの、人口は減り続けている。1980年に5165人いた住民は、2010年に約4割減の3221人となった。そうした中、在宅医療や介護、健康増進などの分野で住民が暮らしやすい生活環境を整備し、人口減少を食い止めたい考えだ。



そこでIoTを活用して住民の健康状態や相談事などを役場や医療・福祉関係者で共有できる「生活支援情報連携システム」を構築し、1月下旬から実証事業を開始する。

具体的には、これまで分散していた住民の健康や介護に関する情報をこのシステムに集約、連携させる。例えば、住民が自宅で利用する血圧計の測定データもモバイルネットワークを通じてアップロードできるという。

また、IoT技術を利用した押しボタンデバイスによって、住民の相談や意見を集約する「よろず相談システム」も構築する。住民はボタンを押すだけで、役場から電話連絡を受けることができ、内容に応じて適切な担当者へ相談できる。

これらのシステムはKDDIや日立製作所、オムロン ヘルスケアなどが構築、運用する。

実証実験は住民65人を対象に3月下旬まで実施。その後の展開は未定だとしている。








Last updated  Jan 12, 2018 03:10:01 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.