7706721 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

パソコンとITの雑学ブログ アンクル・トム

PR

Free Space

Recent Posts

Freepage List

初期セットアップ


ノートPCのハードディスクを交換する


日本語の文字コード


Windows 10の初期セットアップ


初級シスアド問題解説


パソコンを快適にするテクニック


Windows XPのワンポイント豆知識


Windows Vistaの部屋


パソコン面白&便利グッズ


パソコン面白&便利グッズ P2


面白&便利グッズ P3


面白&便利グッズ P4


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


パソコン初心者のためのEDPS入門


楽天お気に入りショップムラウチドットコム


お金があったらほしいもの!


パソコン工房 自作パソコン情報館


パソコン工房 CPU


パソコン工房 メモリ・ハードディスク


パソコン工房 グラフィックスカード


パソコン工房 光学式ドライブ ほか


パソコン工房 ディスプレイモニタ


大人の科学マガジン 付録が愉しい!


AMD CPU製品


Intel CPU製品


健康管理


iPhone関連情報


iPhone関連情報-2


iPod Touch活用術


Windows7を使ってみる ベータ版使用記


多摩川のサイクリングコース


自転車に通勤に 方耳ヘッドホンのすすめ


AIR'S JAPAN BT-A4 AIR_SOUNDS HYBRID


PLANTRONICS SAVOR M1100


BOSE BLUETOOTH HEADSET SERIES 2


PLANTRONICS MARQUE2 M165


独断と偏見で選ぶおすすめパソコン


NEC おすすめパソコン


東芝 おすすめパソコン


富士通 おすすめパソコン


Archives

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


アンクル・トム大森

Mar 12, 2018
XML
テーマ:ニュース(80499)
カテゴリ:ニュース
1923年製のライカ試作機が3億円超で落札

オーストリアのウィーンで3月10日に行われた第32回ヴェストリヒト・カメラオークションで、カメラとして世界最高額となる240万ユーロ(およそ3億1,500万円)の落札が行われた。



対象は「Leica 0-series no.122」。初代ライカが1925年に発売される前に試作された1台で、通称"ヌル・ライカ"などとも呼ばれている。ヴェストリヒトの発表によると、同種のカメラは25台制作され、現存するオリジナルコンディションのものは3台だという。

開始価格は40万ユーロ。今回出品された個体は1923年当時のオリジナルコンディションが保たれていた点が落札価格上昇のポイントとなった。落札者はアジアの個人コレクター。

独ライカカメラAGの社主であるアンドレアス・カウフマン氏は、「この240万ユーロという世界記録は、ライカブランドの神話が今後ますます発達することを示している」とコメントしている。

これまで世界最高額だったカメラは、2012年に同オークションにて216万ユーロで落札された「Leica 0-series no.116」。今回落札されたものと同じ"ヌル・ライカ"の1台だが、ファインダーの形式が異なる。

"ヌル・ライカ"はライカの始祖と呼ばれる試作機「Ur-Leica」(ウア・ライカ。1914年製作とされる)から製品版のライカ(1925年登場。のちにI型もしくはA型と区別される)にかけて試作されたモデルで、ドイツで量産試作品を指す「Nullserie」「0-serie」(ヌルゼリエ)の直訳と見られる"0-series"、"0型ライカ"などという呼び方でも知られる。ドイツ語でnullは0(ゼロ)、serieはシリーズのこと。

なお、今回落札されたものと同じ"ヌル・ライカ"の1台は、東京・半蔵門の日本カメラ博物館にも収蔵されている。








Last updated  Mar 12, 2018 04:31:56 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.