8687609 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

パソコンとITの雑学ブログ アンクル・トム

PR

Free Space

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【公式 / 送料無料】 アウトレット Bose SoundSport Free ...
価格:23328円(税込、送料無料) (2019/3/14時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

直販 ノートパソコン Officeあり:Lenovo ThinkPad X280...
価格:124800円(税込、送料無料) (2019/3/27時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラザー brother DCP-J577N インクジェット複合機 PRIVIO...
価格:8880円(税込、送料無料) (2019/3/28時点)


Recent Posts

Archives

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


アンクル・トム大森

Favorite Blog

6月 25日 テレ… New! 副大統領さん

日韓関係悪化は想像… New! Ta152Rさん

沖縄の野蛮人です。 New! 経済アナリストさん

梅雨時の花・・・ア… TSANYOさん

『日本のいちばん長… 嵯峨山 登さん

これいいんじゃない… momoは犬さん

干し椎茸 【業務用】… gain2013さん

医薬品とサプリメン… 楽天星no1さん

梅雨寒 NIJI.さん

溝切り j.wakiさん

Freepage List

初期セットアップ


ノートPCのハードディスクを交換する


日本語の文字コード


Windows 10の初期セットアップ


初級シスアド問題解説


パソコンを快適にするテクニック


Windows XPのワンポイント豆知識


Windows Vistaの部屋


パソコン面白&便利グッズ


パソコン面白&便利グッズ P2


面白&便利グッズ P3


面白&便利グッズ P4


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


困った時に役立つパソコン便利情報リンク集


パソコン初心者のためのEDPS入門


楽天お気に入りショップムラウチドットコム


お金があったらほしいもの!


パソコン工房 自作パソコン情報館


パソコン工房 CPU


パソコン工房 メモリ・ハードディスク


パソコン工房 グラフィックスカード


パソコン工房 光学式ドライブ ほか


パソコン工房 ディスプレイモニタ


大人の科学マガジン 付録が愉しい!


AMD CPU製品


Intel CPU製品


健康管理


iPhone関連情報


iPhone関連情報-2


iPod Touch活用術


Windows7を使ってみる ベータ版使用記


多摩川のサイクリングコース


自転車に通勤に 方耳ヘッドホンのすすめ


AIR'S JAPAN BT-A4 AIR_SOUNDS HYBRID


PLANTRONICS SAVOR M1100


BOSE BLUETOOTH HEADSET SERIES 2


PLANTRONICS MARQUE2 M165


独断と偏見で選ぶおすすめパソコン


NEC おすすめパソコン


東芝 おすすめパソコン


富士通 おすすめパソコン


Apr 5, 2019
XML
カテゴリ:Windows10


自作パソコン向けのWindows 10 OSは何を購入するべきか。
単純なようでいて、実は私自身も過去に苦い経験をしているのがこの問題です。

前回、HDDをSSDに装換した際にWindows10 DSP版の再認証ができなかった件はブログにも書きました。
Amazonで購入したWindows 10 DSPは再認証できなかった

改めて整理し直しますと、現在Windows 10の購入方法は以下の3種類があります。

・パッケージ版 → 箱の中にライセンス証書と媒体(通常はUSBメモリ)が入っているものです。Home/Proの2種類の製品があり、32bit/64bitは導入時に選択できます。

・オンラインコード(ダウンロード)版 → 製品の内容はパッケージ版と同じで、ネットからダウンロードして入手するものです。オンラインコード版という名称で販売しているサイト(Amazon等)もありますがMicrosoft Storeではダウンロード版と表現されています。
因みに、楽天Rebatesを経由してMicrosoft Storeで購入すると、3%のポイントバックがあるそうです(2019/4/5現在)

・DSP版 → 小口OEM版とも呼ばれる。Home/Pro, 32bit/64bitの4種類の製品があります。何らかのハードウェアとセットで販売されていて、そのハードウェアをパソコンに装着してライセンス認証を行います。

OEM版は元々メーカーのパソコンにプリインストールして出荷されるため価格が安くなっているので、他のパソコンには転用できないというのが基本的な考え方です。
DSP版もそれと同じと言われれば文句は言えませんけど、Windows 7ではセット販売されたハードウェアを使用しなくても認証・再認証ができました。
しかしWindows 10ではそれが厳格になったのかのかも知れません。
そうしますと、DSP版ではセット販売されたハードウェアを必ず使用する必要があり、またハードウェアを変更した場合再認証できないリスクもあるため、自作派には使い難くなってしまった感があります。
また最近ではDSP版とパッケージ版の価格差もさほど大きくなくなりDSP版のメリットが縮小しています。

ダウンロード版もダウンロードする時間と手間が結構かかるため、それほど急いで入手する必要がなければパッケージ版が現状では一番無難な選択ということになりますかね。




なおHomeかProかの選択については、結構価格に差があるので自宅で使用する分にはHomeで良いと思います。大きな違いは、Windows Serverのネットワークドメインに参加できる、リモートデスクトップで被接続先になれるのがProですが、自宅ユーザーにはほとんど関係ありません。







Last updated  Apr 10, 2019 12:18:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
[Windows10] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.