9882476 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シニアのためのデジタル活用術 アンクル・トム

PR

X

全85件 (85件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

iPod, iTunes

2011年11月19日
XML
カテゴリ:iPod, iTunes
Tunes Matchは、Appleらしいシンプルで分かりやすいサービスだ。開始するには、バージョン10.5.1以上のiTunesでiTunes Matchを有効にするだけ。Apple IDを入力して認証が完了すると、すぐにiTunesライブラリをiTunes Storeのデータベースに照らし合わせる作業が始まる。440曲が入っているライブラリで試したら4分でチェックが完了、3/4程度の曲が合致した。登録またはアップロードできる音楽は、96kbpsよりも高いビットレートで、1ファイル200MB未満。またクラウドライブラリは最大25,000曲までとなっている。


使ってみて驚いた! 「iTunes Match」は便利で太っ腹

iTunes match


さらに他のiTunes Matchをサポートするデバイス (Mac、Windows PC、iOS 5.0.1以上のiOSデバイス)でiTunes Matchを有効にすると、そのデバイスとクラウドの間で音楽ライブラリの同期が行われる。クラウドにない曲は、クラウドに登録またはアップロードされる。逆にクラウドに存在し、ローカルにない曲には雲形のダウンロードアイコンが付き、それらを再生するとダウンロードが始まる。つまりオリジナルが256kbpsよりも低いビットレートなら、本当にアップグレードされた音楽を入手できるのだ。ずっと昔に友達のCDから128kbpsで取り込んだ音楽が、256kbps AAC(しかもDRMフリー)に生まれ変わった。うれしいけど、気前よすぎて「本当にいただいていいんですか……」と確認したくなる。






最終更新日  2011年11月19日 14時51分49秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年11月16日
カテゴリ:iPod, iTunes
米Appleは11月14日(現地時間)、「iTunes 10.5.1」をリリースした。米国ではこのアップデートで有料の音楽クラウドサービス「iTunes Match」が利用できるようになる。

iTunes Matchは、Appleのクラウドサービス「iCloud」のオプションとして年額24.99ドルで提供される音楽クラウドサービス。iTunes MatchがユーザーのiTunesのライブラリをiTunes Storeの楽曲と照合し、マッチしたものをiCloudから利用できるようにしてくれるため、ユーザーは楽曲をiCloudにアップロードする必要がない。また、どのようなレベルでリッピングした楽曲でも、すべて256kbps AACのDRMフリー版に変換される。


Apple、米国で音楽クラウド「iTunes Match」をスタート

iTunes match


米Amazon.com、米Googleもそれぞれ音楽クラウドサービスを提供しているが、Amazonのサービスは月額50ドルでアップロードできる楽曲は5000曲まで、Googleのサービスはβ段階では無料で、約2万曲までであり、いずれも自分でクラウドに楽曲をアップロードする必要がある。なお、Googleは11月15日に音楽関連の新サービスを発表するとみられている。






最終更新日  2011年11月16日 07時29分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月15日
テーマ:私のPC生活(7174)
カテゴリ:iPod, iTunes
私のiPod Touch 4をiOS5にアップグレードしてみました。
実際には今回はタイトルにある通りアップグレードというよりインストールに近いです。

操作そのものはボタン一発ですが、何をするか見ていたらデータのバックアップを取って、ファームウェアを更新して、iPod Touchを初期化して、iOS5をインストールして、データをバックアップから復元するという手順を実行していました。

ですので時間にして1時間以上。予告メッセージの通りでした。



iPod Touch 64GB


今回の目玉は”iCloud”というクラウドサービスのようです。そのほかにもいくつかのアプリが追加でインストールされました。

内容はぼちぼち学習していきます。







最終更新日  2011年10月15日 23時18分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月05日
カテゴリ:iPod, iTunes
今頃ホワイトモデルを出すということは、当面新製品は出ませんよと言っているに等しいですね。
iPod Touch 4を持っている身としては半分安堵、半分落胆という感じです。


アップルは10月5日、iPod touchにホワイトモデルを追加、あわせて価格改定を実施すると発表した。10月12日より販売が開始され、8G/32G/64Gバイトの容量が用意される。価格は1万6800円/2万4800円/3万3800円。

カラーリングの追加以外、既存モデルからスペックの変更は行われていないが、10月12日の本製品発売にあわせて提供されるiOS 5がプリインストールされており、iCloudをはじめ、iOSデバイス間でメッセージのやりとりを行う「iMessage」などの機能を利用できる。


iPod touchにホワイトモデルが追加


ipod touch


3.5型(960×640ピクセル)のマルチタッチディスプレイを搭載しており、無線はIEEE 802.11b/g/nやBluetooth 2.1+EDRなどに対応するにも既存製品と同様。カメラは720pの動画と960×720ピクセルの静止画を撮影できる。サイズは58.9(幅)×111(高さ)×7.2(奥行き)ミリ/101グラム。







最終更新日  2011年10月05日 08時02分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月03日
カテゴリ:iPod, iTunes
来週4日に次期 iPhone 発表が期待されるなかで、だんだん影の薄くなってきたのが iPod 勢です。中でも4年前から「古典」呼ばわりされている iPod classic は、ここ2年なんの変更もなく、年に一度 iPod ファミリーのリニューアルがあるたび、販売が継続されるのか音楽蒐集家から動向を注視される状態が続いています。そんななか AppleInsider によると、iPod classic や旧世代 iPod 用のゲームアプリ「iPod Click Wheel Games」が、同社の App Store の取り扱いリストから消えてしまったとのこと。確かになくなってます。iPod classic には Klondike などのゲームがプリインストールされており、ミズパックマンなどのゲームを追加で購入することもできたのですが、これからはできなくなります。


アップル、iPod classic 用ゲーム販売を終了



【新品・送料無料!】APPLE iPod classic MC297J/A ブラック (160GB)


iPod classic やそれ以前の iPod のホイールでゲームを存分に楽しんでいるという方はそれほど多くはないと思いますし、ゲームは一部のデベロッパーが開発していただけなので一般の開発者にも影響のない話ですが、とにかく iPod は大容量であるべきと望む一部の好事家にとっては嫌な前触れです。はたして、iPod classicはこれからも販売が継続されるのでしょうか、あるいは160GBという大容量は他モデルに引き継がれるのでしょうか、それとも iCloud を使えが答えなのでしょうか。







最終更新日  2011年10月03日 01時19分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月01日
カテゴリ:iPod, iTunes
iTunes Storeでは音楽を1曲単位で購入できるので、ありがたい場合も多いです。
よほど贔屓のアーティストでなければ、アルバムの曲すべてが気に入ることは滅多にないですからね。
ところでiTunes Storeで曲を購入した場合、ダウンロードできるのは1回限りです。

ではダウンロードに失敗したり、取得した音楽ファイルに雑音やノイズが含まれる等の不具合があったら、もう一度買い直さなければいかないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。
購入してからそんなに時間が経っていなければ、再ダウンロードを請求することができます。

ではどうやって?


まずはiTunesで「マイアカウント」の情報を表示します。

itunes-1


次に「購入履歴」を表示します。

itunes-2


「購入履歴」に「最近の購入」として、最新の履歴が表示されているので”問題を報告する”ボタンを押してみます。

itune-3


ここで問題の報告フォームが表示されれば、Apple社に理由を報告することにより再ダウンロードが許可される可能性があります。
理由は「この曲を受け取っていない」が無難でしょう。
再ダウンロードが許可された場合は、メールにて連絡があります。


件名;この曲を受けとっていない
紛失されたアイテムをご利用の Apple ID へ追加いたしました。このアイテムをダウンロードするには、次の手順に従ってください。


上記のメールに従えば再ダウンロードができます。
しかし購入して時間が経ちすぎた場合は、問題を報告することができなくなります。

itunes-4


尚、ご承知とは思いますが再ダウンロードはあくまで正当な理由がある場合に限り行うべきものです。






最終更新日  2011年10月01日 16時21分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月27日
カテゴリ:iPod, iTunes
パソコンを管理する上で、最も厄介なアプリの一つがiTunesです。
私もまだ完全に制覇したとは言えず、試行錯誤の繰り返し。
ということで皆様にもヒントになりそうな事を書きとめておきます。


1枚のCDアルバムに複数のアーティストの曲が収録されている場合、特にオムニバス等が顕著な例ですがiTunesでインポートすると多くのバラバラなアルバムとして登録されてしまいます。
このままだと実際に聴くときに検索や操作が面倒なので一つにしてしまいたい。

その場合は、まずアルバムタイトルで並び替えをして、まとめたい曲をすべて選択して反転表示させます。
そして選択した領域をマウスで右クリックして表示されるメニューから”プロパティ”を選択します。

”複数の項目の情報を編集してよろしいですか?”というメッセージに対し”はい”を選択します。

表示されるウィンドウの中の”アーティスト”の項目を「様々なアーティスト」等適当な名称に変更し”アルバム名”も好きなように修正したければして編集した項目のチェックボックスをオンにします。

win-a


さらに、”オプション”タブをクリック。
”コンビレーションの一部?”をチェックし、選択ボックスから”はい”を選択します。

win-b


そして”OK”を押してウィンドウを元に戻す。
これで1枚のアルバムにまとまります。
この状態でiPodを接続し同期すれば、iPod上でバラバラになったアルバムもまとまります。









最終更新日  2011年09月28日 05時15分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月28日
カテゴリ:iPod, iTunes
2001年11月の初代iPodの発売から、今年11月で10年になる。最近は、アップルというとiPhoneやiOSの印象が強いが、いやいやどうしてiPodも売れ続けている。現行のiPhone 4とiPad 2はブラックとホワイトの2色、第6世代iPod nanoは全7色、第4世代iPod shuffleは全5色のカラーバリエーションがある。今回は、家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」をもとに、iPod nano、iPod shuffle、iPad 2とその専用カバー「iPad Smart Cover」について、それぞれカラー別ランキングを集計。人気の色を調べた。


iPod nano、iPad 2&Smart Cover……どの色が人気? アップル製品いろいろ色ランキング


s-20110823apple_07.jpg


集計期間は、携帯オーディオプレーヤーの第6世代iPad nano、第4世代iPod shuffleが2010年9月から2011年7月までの10か月間、iPad 2とSmart Coverは2011年4月から7月までの4か月間。なお、iPad nano、Smart CoverのApple Store限定カラー「(PRODUCT) RED」は、「BCNランキング」の集計対象店では販売していないため、含んでいない。また、iPhone 4は色別の販売台数を集計していないため、今回の企画からは除外した。

iPad 2専用の純正カバー「iPad Smart Cover」は、日本の家庭でよく使われている「お風呂のフタ」に色も形もそっくりなブルー(水色)の印象が強いが、量販店で販売されている9色のうち、1位はシェア22.1%でポリウレタン製のグレイだった。以下、ブルー(17.5%)、ブラック(13.9%)、オレンジ(11.7%)と続く。iPod nanoでは1位だったピンクは、色味が異なるせいか、あまり人気がなく、ポリウレタン製では最下位の6位だった。









最終更新日  2011年08月28日 07時57分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月29日
カテゴリ:iPod, iTunes
個人的にiPad2が欲しいなと、最近強く思うようになったのですが必需品というわけでもないし、他にも必要なものがあるのでなかなか予算がまわりません。
今は爪に火を灯すようにして、新しいMacbook Airが出たときのためにお小遣いから少しずつ貯金しているような事情で。

ふと、「懸賞にでも応募するか」と思って検索したら結構あるものですね。


iPad2を無料で手に入れるには


ipad2


だめもとで応募してみるか。もし当選したらご報告しますね。






最終更新日  2011年06月29日 13時00分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月07日
カテゴリ:iPod, iTunes
米Appleは6月6日(現地時間)、サンフランシスコで開催の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference 2011」において、Mac、iOS端末、PCで利用できる無料のクラウドサービス「iCloud」を発表した。同日発表された次期モバイルOSの「iOS 5」のリリースに合わせ、今秋に利用可能になる。iOS 5搭載端末および「Mac OS X Lion」搭載Macからサインアップできる。

うわさされていた年額25ドルの音楽クラウドサービスはiCloudではなく、iCloudのオプションとして利用できる「iTunes Match」というサービスだった。

iCloudは、以下のサービスをAppleが北カリフォルニアに新設したデータセンターを含む3つのデータセンターで運営するクラウドでホスティングする。


Appleの「iCloud」と「iTunes Match」でできること


icloud


iTunes in the Cloud(音楽共有)+iTunes Match(米国のみの有料サービス)

iTunesでダウンロード購入した楽曲を、すべての端末でダウンロードできる。新たに購入する場合は、すべての端末に自動的にダウンロードされる。

 CDからリッピングした楽曲を共有するためには、年額24.99ドルのオプションサービスiTunes Matchを利用する。このサービスは米国でのみ利用可能だ。iTunes MatchがユーザーのiTunesのライブラリをiTunes Storeで販売している1800万曲以上の楽曲と照合し、マッチしたものを全端末でダウンロードできるようにする。どのようなレベルでリッピングした楽曲でも、すべて256kbps AACのDRMフリー版に変換される。米Amazonの「Cloud Drive」や米Googleの「Music Beta by Google」では手持ちの楽曲をユーザーが手動でアップロードする必要があり、それには場合によっては数週間かかるが、iTunes Matchでの楽曲照合には数分しかかからないという。Amazonのサービスは月額50ドルでアップロードできる楽曲は5000曲まで、Googleのサービスはβ段階では無料で、約2万曲まで。






最終更新日  2011年06月07日 07時49分44秒
コメント(0) | コメントを書く

全85件 (85件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


© Rakuten Group, Inc.