9942320 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シニアのためのデジタル活用術 アンクル・トム

PR

X

全85件 (85件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 >

初級シスアド

2005年05月25日
XML
カテゴリ:初級シスアド
東京~福岡を結ぶネットワークシステムがある。このシステムの信頼性を向上させるために、東京~大阪~福岡を結ぶ回線を追加した。新しいネットワークシステムにおける東京~福岡の稼働率は幾らか。ここで、回線の稼働率は、東京~福岡、東京~大阪、大阪~福岡のすべてが0.9とする。



ア 0.728
イ 0.810
ウ 0.981
エ 0.999

この問題、カンの良い人はあてずっぽうでできてしまうでしょうね。元々が0.9の稼働率のものの信頼性を向上するということは稼働率は0.9以上でないとおかしいし、0.999なんて稼働率は普通ないでしょうから。

東京~大阪~福岡の回線の稼働率は直列接続なので 0.9 x 0.9 = 0.81 です。
この回線と、東京~福岡の回線は並列接続なので、両方が動かなくなる確立を求め1から引けば回線全体の稼働率になります。

稼働率 = 1 - (1 - 0.9) X (1 - 0.81) = 0.981

従って正解は ウ です。



Powered by 楽天







最終更新日  2007年02月08日 15時21分08秒
コメント(0) | コメントを書く


2005年05月24日
カテゴリ:初級シスアド
新しく開発されたシステムの運用テストが、毎週100時間連続して行われている。稼働率に関する合格基準と運用記録のサマリを基に評価するとき、テストの合否判定として適切なものはどれか。

[稼動率の合格基準]
テスト期間中の連続する3週間において、次の条件を同時に満たしているときに合格とする。
(1) 各週の稼働率は、0.980を下回らないこと
(2) 3週間の通算の稼働率は、0.995を下回らないこと

[運用記録のサマリ]

テスト期間....システム運転時間....障害と修復の履歴
...第1週............100時間....................3時間停止
...第2週............100時間....................1時間停止
...第3週............100時間....................0.5時間停止
...第4週............100時間....................障害なし
注 システム運用時間には、障害が発生してから回復するまでの時間を含む

ア 第3週が終わった時点で合格と判定してよい。
イ 第4週が終わった時点で合格と判定してよい。
ウ 第4週が終わった時点で不合格であり、今後1週間は運用テストを続ける必要がある。
エ 第4週が終わった時点で不合格であり、今後2週間は運用テストを続ける必要がある。

稼働率の問題です。まずは稼働率を出す式を覚えておく必要があります。

稼働率 = MTBF / ( MTBF + MTTR )となりますので

※MTBF 平均故障間隔 総作動時間 / 故障回数
※MTTR 平均修理時間 総修理時間 / 故障回数

第1週の稼働率 = 97 / ( 97 + 3 ) = 0.97
第2週の稼働率 = 99 / ( 99 + 1 ) = 0.99
第3週の稼働率 = 99.5 / ( 99.5 + 0.5 ) = 0.995
第4週の稼働率 = 1.0

よって、条件(1)では第1週のみ不合格です。
次に(2)の条件に第2週~第4週が適合するかを計算してみます。

MTBF = ( 99 + 99.5 + 1.0 ) / 3 = 99.5
MTTR = ( 1 + 0.5 + 0 ) / 3 = 0.5
稼働率 = 99.5 / ( 99.5 + 0.5 ) = 0.995 → 合格

ですので正解は イ となります。

ところで、この問題は別に上の式にあてはめなくてもできます。
稼働率は、本来はシステムが稼動可能だった時間に対する実稼働時間の割合ですから上の計算式の右辺は常に100と考えて良いわけです。(実際式を書いても100になりますが)
私はそうやって計算しました。この問題の場合、故障の回数には触れていませんのでこちらの考え方のほうがわかりやすいかも知れません。



Powered by 楽天







最終更新日  2007年02月08日 15時22分13秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:初級シスアド
コンピュータシステムの評価法の一つであるベンチマークに関する記述として、適切なものはどれか。

ア 現実的な状況を模擬的に再現するために、代替構成や縮小モデルを作成して評価を行う。

イ システム構成の改良やシステムの応答性能の改善のために、各プログラムの実行状態や各資源の評価を行う。

ウ 典型的なプログラムを実行し、入出力や制御プログラムを含めたシステムの総合的な処理性能の評価を行う。

エ 命令を分類し、それぞれの使用頻度を重みとした加重平均によって全命令の評価を行う。

ベンチマーク・テストはコンピュータシステムそのものの性能評価を行うもので、流すプログラムは条件が統一されている必要があります。(そうでないと公平なテストとは言えなくなります。)
そのことに触れている記述があるのは ウ だけですから、正解は ウ です。

ア や イ はシステムテストとしては実際に行われていると思いますがコンピュータシステムの評価が目的ではなく、システムの評価が目的です。
エ はインテル社の内部ではこういうテストも行われているかも。

ベンチマーク・テストとして有名なのはスーパーコンピュータの性能を評価するTOP500というランキングです。
昨年まで3年連続して「地球シミュレータ」という日本製のスーパーコンピュータが1位を維持していました。



Powered by 楽天







最終更新日  2007年02月08日 15時22分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年05月23日
カテゴリ:初級シスアド
ワイルドカードの"%"が任意の複数の文字(文字なしも含む)を表し、"_"が任意の1文字を表すとき、"レ%ス_"に一致する文字列はどれか。

ア レーザスキャナ
イ レグレッションテスト
ウ レジストリ
エ レスポンスタイム

これも「よく読めばわかる」問題ですね。
"レ"と"ス"は全ての回答候補にありますが、"ス"の後ろに1文字しかないのは イ だけ。
なので イ が正解です。

ワイルドカードはMS-DOSのコマンド書式なので今はあまり見かけませんがExcelのオートフィルタでは使えます。



Powered by 楽天







最終更新日  2007年02月08日 15時27分02秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:初級シスアド
図の階層型ファイスシステムにおいて、カレントディレクトリが矢印で示すB1であるとき、ファイルC2を指定するものはどれか。ここで、ファイルの指定は、次の方法によるものとする。

[指定方法]

(1) ファイルは、"ディレクトリ名/・・・/ディレクトリ名/ファイル名"のように、経路上のディレクトリを順に"/"で区切って並べた後に"/"とファイル名を指定する。
(2) カレントディレクトリは"."で表す。
(3) 1階層上のディレクトリは".."で表す。
(4) 始まりが"/"のときは、左側にルートディレクトリが省略されているものとする。
(5) 始まりが"/",".",".."のいずれでもないときは、左側にカレントディレクトリ配下であることを示す"./"が省略されているものとする。

また、図中の□(四角形)はディレクトリを表すものとする。

.................------
.................|..../.....|
.................------
.......................|
................-------
................|.............|
..........------....------
..........|...A1...|.....|,..A2...|
..........------....------
................|
..........----------
..........|.....................|
......------........------
..→|...B1...|.........|...B2...|
......------........------
...........|......................|
...........C1.................C2

図が見にくいですが"."を無視して見てください。

ア ../A1/B2/C2
イ ../B2/C2
ウ A1/B2/C2
エ B1/../B2/C2

ディレクトリ・ツリーの問題ですがこの問題は「よく読めばわかる」問題です。
でも私は間違えました。よく読まなかったのです。
正解は イ 私は ア と書きました。
(3)のルールを読み落としていたのです。".."はカレントディレクトリを示すと勘違いしていました。
問題文は、よく読みましょう。

ちなみに、B1がカレントディレクトリの時にC2に行くには(CHDIR等で)一旦A1に戻りB2を辿るルートを指定します。



Powered by 楽天







最終更新日  2007年02月08日 15時27分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年05月22日
カテゴリ:初級シスアド
パソコンの周辺装置を利用可能にするためのソフトウェアであるデバイスドライバに関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア OSをインストールし直す場合には、デバイスドライバも再度組み込む必要がある。

イ デバイスドライバは、表計算ソフトやワープロソフトなど、実行するアプリケーションごとに必要である。
→デバイスドライバは全てのアプリケーションから共有されますので個別には不要です。

ウ 入出力可能な周辺装置の場合、読取り専用、書込み専用、読み書き療養の3種類のデバイスドライバが必要となる。
→1種類です。ただし複合機の場合はドライバが複数存在することもあります。

エ プリンタなど同一機能の装置を2台接続する場合、一つで両方の装置を制御することが可能なデバイスドライバが必要となる。
→ポート毎にドライバが組み込まれるので、そういう機能は不要です。

正解は ア です。



Powered by 楽天







最終更新日  2007年02月08日 15時28分28秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:初級シスアド
CPUや低速の入出力装置などで構成されるシステムの処理効率の向上を図るために入出力データを一時的に磁気ディスク装置に蓄える処理方式はどれか。

ア キャッシング
イ スプーリング
ウ スラッシング
エ ページング

実は私この問題間違えました。アと書いてしまいました。「磁気ディスク装置に」というキーワードが目に入っていなかったのですかね。恥ずかしい。

正解は イ のスプーリングです。一番良く使われるのはプリンタに対して。

アと書いたのはディスク・キャッシュが頭にあったからでしょう。今はキャッシュというと普通CPU内部のメモリですが昔はディスク処理を早くさせるためにメインメモリの一部を使うことも多かったのです。

ウ は仮想メモリの入出力にCPU処理が取られ、ハングアップ状態になること。
エ は仮想メモリの入出力方法の一つ。



Powered by 楽天








最終更新日  2007年02月08日 15時29分03秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:初級シスアド
ターンアラウンドタイムの説明として、適切なものはどれか。

ア 記憶装置や周辺機器にデータを要求した時点から、データの転送が完了するまでの時間。
→これは一般的にアクセス時間と呼ばれていると思います。

イ コンピュータシステムで、一定の仕事量を処理し終えるまでの時間。
→計算機の性能評価(ベンチマーク・テスト)でよく使う手法ですが、一般的な用語はあるのかな?「○○を△△した場合の平均処理時間」などと具体的に条件を含めて書く場合が多いと思います。

ウ ジョブをコンピュータシステムに投入してから、それに対する結果全体が得られるまでの時間。

エ 入力装置からの入力が完了してから、出力装置への出力が開始されるまでの時間。
→これはレスポンスタイムのことですね。

従って正解は ウ です。

ターンアラウンドタイムはコンピュータシステム以外でも使われる用語です。
何か事が起きてから、解決し終わるまでの時間という意味で使われています。



Powered by 楽天







最終更新日  2007年02月08日 15時29分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年05月21日
カテゴリ:初級シスアド
LANを構築する際に、ルータを導入する利点として、適切なものはどれか。

ア 接続された複数のLANのネットワークアドレスを同一にできる

イ 接続されている機器の台数の把握や稼動状況の把握ができる

ウ 中継する必要のないデータを識別し、通過を抑止することができる

エ ほかの通信に影響を与えることなく、ノードの増設や移設ができる

この問題は悩んでしまいました。いえ、回答にということではなくここに書くにあたってです。
正解から先に言ってしまいましょう。正解は ウ です。

悩んだのは、ア、イ、エがそれぞれ何の事を指しているのかということ。
ア はサブネットアドレッシングのことですかね。イ はネットワーク管理ソフトや資産管理ソフトの機能でしょう。
エ これ一体何?
スイッチングハブのこと? でも本当に「ほかの通信に影響を与えない」?
厳密に言えばそんなのあり得ないか・・・わかりません。
この問題は過去にもよく出ているみたいだけど、どこかに詳しい解説ありますか?



Powered by 楽天







最終更新日  2007年02月08日 15時30分16秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:初級シスアド
1画素当たり24ビットのカラー情報をビデオメモリに記憶する場合、横1,024画素、縦768画素の画面表示に必要なメモリ量は、約何Mバイトか。ここで1Mバイトは10の6乗バイトとする。

ア 0.8
イ 2.4
ウ 6.3
エ 18.9

出ました、計算問題。初級シスアド試験ではこういうちょっとした計算問題が結構出ます。電卓持込みができなくなったので計算が苦手の私には辛かったです。

さて式は単純に1024 x 768 x 24 = 18874368 (ビット)ですから単位をMBに直すには
18874368 ÷ 8 (バイトに直す)÷ 1024(KBに直す)÷ 1024(MBに直す)
です。すると答えは 2.25

従って正解は イ です。

実際には私は 1024 x 768 x 3でバイト数を出して100万で割って、アでもウでもなさそうなのでイと書くという手抜きをしました。(いかに計算が嫌いかわかるでしょ?)



Powered by 楽天







最終更新日  2007年02月08日 15時31分19秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全85件 (85件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 >


© Rakuten Group, Inc.