9765034 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シニアのためのデジタル活用術 アンクル・トム

PR

X

全410件 (410件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >

iPhone/iOS

2020年10月11日
XML
テーマ:私のPC生活(7146)
カテゴリ:iPhone/iOS
最近、高齢(90歳)の義母のガラケーがとうとう故障してしまい、娘や孫たちの勧めもあって
iPhone SE(DoCoMo)に買い換えました。
義母は義父が数年前に亡くなってから一人暮らしのため、娘(妻)が頻繁に使えているかどうか遠隔でチェックしています。
そんな中一週間ぐらい前に、使用していて時々画面が暗くなると訴えていたそうです。
各種設定は、iPhone歴15年の孫(娘)が完璧にしてあると言っていたので変だなあと思っていたのですが、同じような現象を自分もiPod Touchで経験したので「ああ、これか!」と思いました。

それは、今日散歩しながらiPod Touchで音楽を聴いていて、リピートの設定をしようと思い画面を操作していたら、突然画面が暗くなったのです。
一瞬「あれっ?」と思い、復帰させるのに結構苦労しました。
それは、iOSで画面をスワイプ(画面から指を離さずに擦る)した時に現れる「コントロールセンター」が原因だったのです。
このコントロールセンターのちょうど真ん中あたりに画面の明るさを変えるボタンがあり、それを下にスワイプすると画面が暗くなります。
iPhone SEやiPod Touchでは下から上にスワイプするとコントロールセンターが表示され、明るさ調整ボタンを上から下にスワイプすると画面が暗くなります。



義母はLINEをいじっていて暗くなったとのことですので、操作がわからず闇雲にスワイプを繰り返していたのではないかと想像がつきます。

さてこのような場合、明るいところで操作をしていると画面がほぼ真っ暗でパニックになりますが、そのまま暗い場所に移動すれば多少明るく見えるようになります。
その上で落ち着いてコントロールセンターの明るさの設定を元に戻しましょう。








最終更新日  2020年10月12日 13時01分52秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年02月17日
テーマ:ニュース(91688)
カテゴリ:iPhone/iOS
現状後手後手に廻っている感が否めない中で割と良い施策とは思いますが、リンク先が厚生労働省の専用アプリってとこに一抹の不安があります。
現場を知らない斜め上を行くケアにならないければよいのですが・・・・

ダイヤモンド・プリンセス号の乗客・乗務員にiPhoneを2000台配布 厚労省、ソフトバンク、LINEが連携、専用アプリも搭載

厚生労働省は、民間企業・総務省の協力により、アプリをインストールしたスマートフォン(合計約2000台)を、新型コロナウイルスCOVID-19の感染確認のため横浜港に停泊中の豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号の船内全室(客室およびクルー部屋)に1台ずつ提供することとし、2月14日のうちに全客室へ配布済みだと発表した。



厚生労働省の専用アプリにリンク、薬に関する要望受付、チャットによる不安や悩みの相談、医師への相談予約が行えるという。

これに関連して、LINEの舛田淳CSMOが、厚生労働省、ソフトバンク、LINEとの連携の下、LINEアプリをインストールしたソフトバンクのiPhoneを2000台提供したとツイートしている。

LINE経由での乗客への情報提供を実現し、さらに心理カウンセラー、医師へのオンライン相談が可能となったそうだ。








最終更新日  2020年02月17日 18時30分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月29日
カテゴリ:iPhone/iOS
新しい「Maps」アプリの品質についてユーザーに公式に謝罪したAppleが、さらに一歩進んで、代替アプリのリストをユーザーに紹介している。

App Storeの「おすすめ」セクションに、iPhoneおよびiPad向けの代替地図アプリを提供するコーナーが作られた。

米国の同ストアにおいては現在のところ、このコーナーには十数本の地図アプリがある。

代替アプリの数はiPadだと8本とやや少ない。また、国による違いもある。例えばカナダのストアでは、NAVIGON、Garmin、Sygicによるカナダ版や北米版のアプリを推奨している。英国も同じで、Microsoft、skobbler、AA Satnavなどから地元向けのアプリが提供されている。


アップル、代替の地図アプリをApp Storeで紹介

  • photo_3_610x214-s.jpg


Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は、米国時間9月28日に出したおわびの文章で、同社のMapsアプリを改善する取り組みを続けていくとしながら、その時期については何の見通しも示していない。ユーザーには当面、ほかの地図アプリをダウンロードするか、Google、Microsoft、Nokiaなど競合他社が提供するモバイル向けWebサービスを利用するよう勧めている。






最終更新日  2012年09月29日 20時59分57秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:iPhone/iOS
[サンフランシスコ 28日 ロイター] 米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)のティム・クック最高経営責任者(CEO)は28日、新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」に搭載した地図アプリに不具合があったことについて、「大変申し訳ない」と謝罪した。また当面の措置として、グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)などライバル社のサービスを利用するよう促した。

謝罪文がウェブサイトに掲載された。


アップルCEOが地図アプリ不具合謝罪、他社サービス利用促す


!新製品【税込送料込!】iPhone5 Apple 正規品 SIMフリー 64GB ホワイト

クックCEOはその中で「迷惑を掛けて大変申し訳ない。地図サービスの品質改善に向け全力で取り組んでいる」とした上で、「顧客に最善の体験を提供する」われわれのコミットメントを「果たしていない」と、率直に謝りを認めた。

また品質改善に取り組んでいる間の当座の措置として、グーグルなど他社の地図サービスの利用を促した。

アイフォーン5の地図アプリをめぐっては、情報が正確ではないとの苦情や、グーグルの地図サービスにはある交通データなどが含まれていないとして利用者から批判が出ていた。

スターン・アジーのアナリスト、ショー・ウー氏は「これはやや異例だが、同時にクックCEOは、顧客に最善の体験を届けるというコミットメントを維持している」とし、「アップルの成功は顧客満足度にあり、その点で正しい選択」との見方を示した。






最終更新日  2012年09月29日 14時39分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月28日
カテゴリ:iPhone/iOS
米AppleがモバイルOS「iOS 6」で米Googleの地図に代えてオリジナルマップアプリを採用したのは、経路案内機能の音声ガイドをめぐる両社の交渉が折り合わなかったのがきっかけ──。米AllThingsDが9月26日(現地時間)、複数の情報筋の話として伝えた。

Android版Google Mapsでは、2009年から音声ガイダンス付きのGPSナビ機能が搭載されているが、Googleの地図エンジンを採用したiOS版のマップアプリにはこの機能は含まれていない。

Appleはこの機能をライセンスに含めるよう強くGoogleに求めたが、Googleはこの機能の開発に膨大な投資をしており、また、Androidの主要な機能と考えていることから競合するiOSに提供することを渋ったという。Googleは提供条件として、iOSのマップにGoogle Latitudeの追加などを提案したが、Appleはそれを拒否し、交渉が難航する中、Appleは独自アプリの準備を開始したという。


AppleとGoogleの地図決裂は音声ガイドをめぐる攻防がきっかけ──AllThingsD報道

  • yu_map-s.jpg


Appleは6月のWWDCでiOS 6を発表した際、地図アプリの大きな特徴の1つとして音声によるターンバイターン方式のナビゲーションを紹介している。

iOS 6の地図アプリは現在、地名が正確に表示されないなどの問題がみられており、iOS版のGoogle Mapsアプリを求める声が多い。だが、Googleのエリック・シュミット会長は来日中に記者団に対し、「われわれのサービスをそのまま利用していればベターだったと思う」と語り、Google Mapsアプリについては「われわれはまだ何もしてない」と答えた。






最終更新日  2012年09月28日 07時53分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月26日
カテゴリ:iPhone/iOS
iOS 6で新しくなった地図アプリがとにかくひどいと話題になっている。以前から言われていたことではあるのだが、どうやらリリース後もスカスカかつ間違いだらけという状況は改善されていないようで、現状ではまったく使い物にならない。

こうなると、今まで当たり前のように使ってきたGoogleマップがいかに優秀だったかを思い知らされるというものだ。

Googleはすでにマップアプリを申請しており、そのうちリリースされるだろうとは思うが、それまでの間をつなぐ別の地図アプリが早急に必要という人も多いはず。

そこで今回は多数リリースされている地図アプリの中から、特にオススメのものを選りすぐってご紹介したい。特殊な使い方に特化したアプリではなく、なるべく標準アプリの代用として使えるものを選んだ。いずれも旧「マップ」に劣らない使い勝手だと自信を持って推薦する。


iOS 6の地図が頼りないと感じたら使ってみたい地図アプリ5選

  • 003-s.jpg


地図サービスでおなじみマピオンがリリースしている高機能な地図アプリが「地図マピオン」。無料で広告もなしと太っ腹。容量も0.5MBと軽く、とりあえず入れておいて損はない。

現在地表示や検索機能など基本的な機能はひと通りそろっており、Googleマップに劣るのはナビがないことくらいである。また、市や区ごとに色分けされているのもわかりやすく、地図としての情報量はGoogleマップ以上だ。「3D地図」モードでは、地図帳にように陰影がついた地図を表示することもできる。標高表示までついており、隙がない。この地図を見た後にiOS6の標準マップを見ると衝撃的ですらある。






最終更新日  2012年09月26日 11時16分19秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:iPhone/iOS
古物営業法という法律自体もう不要のような気がしますけどね。
管轄警察署に書類1枚出すだけですから。


21日の米アップルの新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」の発売にともなって、旧型の下取りサービスを始めたソフトバンクモバイル(東京)に対して、警視庁が古物営業法違反(無許可営業)に当たる恐れがあるとして、指導していたことが25日、同庁と同社への取材で分かった。

同社は指導を受け、古物商の許可を持っているグループ会社のソフトバンクテレコム(東京)が下取りをする形式に変更してサービスを継続するとしており、「すでに下取りした物については警視庁と相談して対応を決める」と話している。


iPhone下取りで警視庁がソフトバンクに指導 古物営業法違反の恐れ


同社は、中古品を扱う際に必要な古物商の許可を得ていなかったが、21日から全国のソフトバンクショップなどで旧型のスマホを2千~2万円で買い取り、月々の利用料から値引きするサービスを始めていた。

警視庁は、中古のスマホを下取りをする際に、種類に応じて値引き額が変わり、破損した物は引き取らないという同社のサービスが同法上の古物商に当たる可能性があるとして、指導していた。






最終更新日  2012年09月26日 07時22分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月25日
カテゴリ:iPhone/iOS
米Appleは9月24日(現地時間)、21日に日本を含む9カ国で発売した「iPhone 5」の販売台数が、3日で500万台を突破したと発表した。また、19日にリリースした「iOS 6」にアップデートされた既存端末は1億を超えたという。

ティム・クックCEOは発表文で、「iPhone 5の需要は信じられないほどで、われわれは可能な限り迅速にこの端末を求めるすべての人々の手に届けられるよう努めている。最初の供給分は完売してしまったが、ショップには定期的にiPhone 5が納品されており、顧客は見積り通りの日程で同端末を入手できる」と語った。


「iPhone 5」の販売台数、3日で500万台突破 Appleが発表



現在、米国のAppleのオンラインショップでのiPhone 5の出荷予定は、すべてのモデルで3~4週間となっている。

Appleは28日にはさらに22カ国で、年内にはさらに100カ国以上で提供を開始する計画だ。

iPhone 5は、14日の予約開始から24時間後の段階で既に200万台を突破していた。日本でKDDIとともに同端末を扱うソフトバンクモバイルも、台数は明らかにしていないが「史上最多となるものすごい数の予約が来ている」と孫正義社長が語った。






最終更新日  2012年09月25日 07時09分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月24日
カテゴリ:iPhone/iOS
iPhone 5と同時に発表され、日本時間の20日午前2時ごろにダウンロード可能となった「iOS 6」。詳細なレビューは使い込んでからとして、まずは半日使ってみた時点での新機能のポイントをご紹介していこう。まずは電話、Siri、メールの機能からだ。

削られた機能の中で目に付くのは、やはりGoogle関連の機能だ。噂のマップはこれまでGoogle Mapのデータを使っていたが、今バージョンからはApple独自のものに変わった。またiOS付属のYouTubeアプリも削除され、Googleが別途提供するYouTubeアプリをApp Storeからダウンロードする必要がある。マップに関してはナビ機能や3D表示など強化された部分もあるが、巷でも話題に上っているように現時点では前バージョンにくらべて見劣りがする情報量。また、経路検索では電車を使った移動の検索が現在のところできておらず、かなり不満の残る部分と言える。Googleからはマップアプリを継続することに前向きなコメントも出ているようなので、YouTubeと同じようにGoogle Mapアプリが出てくることを期待したい。


「iOS 6」を使ってみて気付いた、いくつかのポイント - 電話、Siri、メール編

  • 001l-s.jpg


今回のバージョンアップで、iPhoneの電話機能が進化した。これまで、電話に出られないときは切ってしまうか留守番電話にするしかなかったが、iOS 6では電話に出られない場合に相手にメッセージを送ったり、電話がかかってきたことと折り返しの連絡をすることをリマインダーに登録したりする機能がついた。例えば会議中などで電話に出られないとき「あとで電話します」などのメッセージをSMSで送信できるわけだ。

折り返し電話のリマインダーでは、「1時間後」や「違う場所に行ったら」などの条件を付けてのリマインダー作成が可能だ。他には音声通話/データ通信を完全にオフにしてしまう機内モードの他に、指定時間中は限られた人以外の電話の着信や通知がされなくなる「おやすみモード」が追加された。

Siriは米国での発表で、映画のスケジュールや上映時間、レストランの予約などに対応するとアナウンスされていたが、やはり日本ではこれらの機能が利用できない。スポーツ情報は利用できるが、現在表示されるのはあくまでもMLBなど米国の情報のようだ。






最終更新日  2012年09月24日 07時45分52秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:iPhone/iOS
米iFixitが9月20日(現地時間)、予告通り発売されたばかりの米Appleの「iPhone 5」を解剖した。34ステップにも上る多数の写真入り分解マニュアルはこちら。なお以下の(Step○)は分解マニュアルの該当部分を指している。

うわさ通り、日本製の部品が多く使われていることが分かった。バッテリー(Step 9)とカメラ(Step 31)はソニー製、1GバイトのRAMはエルピーダ製(Step 16)、Wi-Fiモジュールは村田製作所製(Step 15)だ。なお、NAND Flashメモリは韓国SK Hynix、LTEモデムは米Qualcommの製品だった。


iFixit、iPhone 5を速攻で解剖 ソニーや村田製作所などの日本製部品多数

  • yu_ifixit1-s.jpg


ホームボタンの設計が新しくなっており(Step 28)、ボタンの寿命は長くなり、修理もしやすいはずだとiFixitは評価している(iPhoneのホームボタンが反応しにくくなるのはユーザーの間では有名な話だ)。

筺体の傷付きやすさについては、側面は強いが面取りされたような角はかなり傷が残りやすいとしている(Step 30)。

iPhone 5発表イベントで、同社のフィル・シラー氏が「カメラのレンズはサファイアクリスタル製で非常に強い」と説明したのを受け、スチール製のピンセットでこすってみたところ、傷はつかなかった(Step 32)。

バッテリーの配置など、幾つかの点がiPhone 4Sよりも分解しやすくなっており、iFixitはiPhone 5の「修理しやすさ度」をiPhone 4Sより1ランクアップの10段階の7と評価した。






最終更新日  2012年09月24日 07時10分38秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全410件 (410件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >


© Rakuten Group, Inc.